Citrix ADC

フェイルオーバーの原因の理解

次のイベントにより、高可用性構成でフェールオーバーが発生する可能性があります。

  1. セカンダリノードが、セカンダリに設定されたデッドインターバルを超えた期間、プライマリからハートビートパケットを受信しない場合。(注:1 を参照してください)。
  2. プライマリノードで SSL カードのハードウェア障害が発生します。
  3. プライマリノードは、そのネットワークインターフェイス上でハートビートパケットを 3 秒間受信しません。</span>
  4. プライマリノードでは、フェールオーバーインターフェイスセット (FIS) またはリンク集約 (LA) チャネルの一部ではなく、HA モニター (HAMON) が有効になっているネットワークインターフェイスに障害が発生します。(注:2 を参照)。
  5. プライマリノードでは、FIS のすべてのインターフェイスに障害が発生します。(注:2 を参照)。
  6. プライマリノードで、HAMON が有効になっている LA チャネルが失敗します。(注:2 を参照)。
  7. プライマリノードでは、すべてのインターフェイスに障害が発生します(注:2 を参照)。この場合、フェールオーバーは HAMON 設定に関係なく実行されます。
  8. プライマリノードでは、すべてのインターフェイスが手動で無効になります。この場合、フェールオーバーは HAMON 設定に関係なく実行されます。
  9. フェイルオーバーを強制するには、いずれかのノードで force failover コマンドを発行します。
  10. プライマリノードにバインドされているルートモニタは DOWN になります。

    デッド間隔の設定の詳細については、 通信間隔の設定を参照してください。ノードがピアノードからハートビートパケットを受信しない原因としては、次のようなものがあります。

    • ネットワーク構成の問題により、ハートビートが HA ノード間のネットワークを通過するのを防ぎます。
    • ピアノードでハードウェアまたはソフトウェアの障害が発生し、そのためにハング(ハング)、再起動、または処理を停止し、ハートビートパケットを転送します。

      この場合、fail は、 show interface コマンドまたは GUI からわかるように、インターフェイスが有効になっていても DOWN 状態になることを意味します。有効になっているインターフェイスが DOWN ステートになる原因としては、LINK DOWN および TXSTALL が考えられます。

フェイルオーバーの原因の理解