Citrix ADC

SNMP v1およびv2クエリに対するCitrix ADC 構成

Citrix ADC SNMPエージェントに対して、SNMP マネージャーと呼ばれるリモートデバイスからシステム固有の情報を問い合わせることができます。次に、エージェントは管理情報ベース(MIB)で要求されたデータを検索し、そのデータを SNMP マネージャに送信します。

SNMP エージェントでは、次のタイプの SNMP v1 および v2 クエリがサポートされています。

  • GET
  • GET NEXT
  • ALL
  • GET BULK

コミュニティストリングと呼ばれるストリングを作成し、それぞれをクエリタイプに関連付けることができます。1 つ以上のコミュニティストリングを各クエリタイプに関連付けることができます。コミュニティストリングはパスワードで、SNMP マネージャからの SNMP クエリを認証するために使用されます。

たとえば、 ab cや bcd などの2つのコミュニティ文字列をクエリタイプGET NEXTに関連付けると、Citrix ADCアプライアンス上のSNMPエージェントは、 ab cまたは bcd を含むGET NEXT SNMPクエリパケットのみをコミュニティ文字列とみなします。

SNMP マネージャの指定

Citrix ADCアプライアンスを構成して、適切なSNMPマネージャーがクエリを実行できるようにする必要があります。また、必要なCitrix ADC固有の情報をSNMPマネージャーに提供する必要があります。最大 100 個の SNMP マネージャまたはネットワークを追加できます。

IPv4 SNMP マネージャの場合は、マネージャの IP アドレスの代わりにホスト名を指定できます。その場合は、SNMP マネージャのホスト名を IP アドレスに解決する DNS ネームサーバを追加する必要があります。最大 5 つのホスト名ベースの SNMP マネージャを追加できます。

: アプライアンスは、IPv6アドレスを持つSNMPマネージャーのホスト名の使用をサポートしていません。IPv6 アドレスを指定する必要があります。

少なくとも 1 つの SNMP マネージャを設定しない場合、アプライアンスはネットワーク上のすべての IP アドレスからの SNMP クエリを受け入れ、応答します。1つ以上のSNMPマネージャーを構成する場合、アプライアンスはこれらの特定のIPアドレスからのSNMPクエリのみを受け入れ、応答します。

設定から SNMP マネージャを削除すると、そのマネージャはアプライアンスを照会できなくなります。

コマンドラインインターフェイスを使用して IP アドレスを指定して SNMP マネージャーを追加するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、パラメーターを設定し、構成を確認します。

  • add snmp manager <IPAddress> ... [-netmask <netmask>]
  • show snmp manager

> add snmp manager 10.102.29.10 10.102.29.15 10.102.29.30

コマンドラインインターフェイスを使用してホスト名を指定して SNMP マネージャーを追加するには

重要:IP アドレスの代わりに SNMP マネージャのホスト名を指定する場合は、ホスト名を SNMP マネージャの IP アドレスに解決するように DNS ネームサーバを構成する必要があります。詳細については、「ネーム・サーバの追加」を参照してください。

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、パラメーターを設定し、構成を確認します。

  • add snmp manager <IPAddress> [-domainResolveRetry ****<integer>]
  • show snmp manager

add nameserver 10.103.128.15 add snmp manager engwiki.eng.example.net –domainResolveRetry 10

GUI を使用して SNMP マネージャーを追加するには

  1. [システム] > [SNMP] > [マネージャ] に移動し、SNMP マネージャを作成します。

    重要:

    IPv4 アドレスの代わりに SNMP マネージャーのホスト名を指定する場合は、ホスト名を SNMP マネージャの IP アドレスに解決するように DNS ネームサーバーを構成する必要があります。

: アプライアンスは、IPv6アドレスを持つSNMPマネージャーのホスト名をサポートしていません。

SNMP コミュニティの指定

コミュニティストリングと呼ばれるストリングを作成し、アプライアンスで次の SNMP クエリタイプに関連付けることができます。

  • GET
  • GET NEXT
  • ALL
  • GET BULK

1 つ以上のコミュニティストリングを各クエリタイプに関連付けることができます。たとえば、 abcbcd などの 2 つのコミュニティストリングをクエリタイプ GET NEXT に関連付けると、アプライアンスの SNMP エージェントは、 abc または bcd を含む GET NEXT SNMP クエリパケットだけをコミュニティストリングと見なします。

クエリタイプにコミュニティストリングを関連付けない場合、SNMP エージェントはそのタイプのすべての SNMP クエリに応答します。

コマンドラインインターフェイスを使用して SNMP コミュニティを指定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、パラメーターを設定し、構成を確認します。

  • add snmp community <communityName> <permissions>
  • show snmp community

> add snmp community com all

GUI を使用して SNMP コミュニティストリングを設定するには

[システム] > [SNMP] > [コミュニティ] に移動し、SNMP コミュニティを作成します。

SNMP v1およびv2クエリに対するCitrix ADC 構成