Citrix ADC

NSWL クライアントの構成

NSWL クライアントをインストールしたら、nswl 実行可能ファイルを使用して NSWL クライアントを構成できます。これらの構成は、NSWL クライアント構成ファイル (log.conf) に保存されます。

注:

NSWL 構成ファイル (log.conf) にさらに変更を加えることで、Web サーバーのログをカスタマイズできます。詳細については、「 NSWL クライアントシステムでのロギングのカスタマイズ」を参照してください。

次の表では、NSWL クライアントの構成に使用できるコマンドについて説明します。

NSWL コマンド Specifies
nswl-help 使用可能な NSWL ヘルプオプション。
nswl-addns-f <path-to-configuration-file> ログトランザクションデータを収集するシステム。Citrix ADCアプライアンスのIPアドレスを入力するように求められます。有効なユーザ名とパスワードを入力します。
nswl -verify -f <path-to-configuration-file> 設定ファイルに構文エラーまたはセマンティックエラーがないかチェックします。
nswl -start -f <path-to-configuration-file> 構成ファイルの設定に基づいて NSWL クライアントを起動します。注:Solaris および Linux の場合:Web サーバーのロギングをバックグラウンドプロセスとして開始するには、コマンドの最後にアンパサンド記号 (&) を入力します。
nswl-stop (ソラリスおよび Linux のみ) NSWL クライアントがバックグラウンドプロセスとして起動された場合は停止します。それ以外の場合は、Ctrl+C キーを押して Web サーバのロギングを停止します。
nswl-install-f <path-to-configuration-file> (Windowsのみ) Windows で NSWL クライアントをサービスとしてインストールします。
nswl-サービス開始 (Windows のみ) nswl インストールオプションで指定されている構成ファイルの設定を使用して、NSWL クライアントを起動します。NSWL クライアントは、[スタート] → [コントロールパネル] → [サービス] からも起動できます。注:NSWL ログファイルは C:\Windows\SysWOW64. に作成されます。
nswl-stopservice (Windows のみ) NSWL クライアントを停止します。
nswl-削除 NSWL クライアントサービスをレジストリから削除します。

NSWL 実行可能ファイルが配置されているディレクトリから次のコマンドを実行します。

  • Windows: \ns\bin
  • Solaris and Linux: \usr\local\netscaler\bin

Web サーバーロギング設定ファイルは、次のディレクトリパスにあります。

  • Windows: \ns\etc
  • Solaris and Linux: \usr\local\netscaler\etc

NSWL 実行可能ファイルはとして起動されます。\ nswl は Linux と Solaris で使えます。

Citrix ADCアプライアンスのIPアドレスを追加します

NSWLクライアント構成ファイル(log.conf)に、NSWLクライアントがログの収集を開始するCitrix ADC IPアドレス(NSIP)を追加します。

Citrix ADCアプライアンスのNSIPアドレスを追加するには

  1. クライアントシステムのコマンドプロンプトで、次のように入力します。

    nswl -addns -f < directorypath > \log.conf < directorypath >: Specifies the path to the configuration file (log.conf)

  2. 次のプロンプトで、次の情報を入力します。

    • NSIP:Citrix ADCアプライアンスのIPアドレスを指定します。
    • ユーザー名とパスワード:Citrix ADCアプライアンスのnsrootユーザー資格情報を指定します。

      注:

      ロギング権限が有効になっているすべてのシステムユーザがこの機能をサポートします。

注意:

複数のCitrix ADC IPアドレス(NSIP)を追加し、後でCitrix ADCシステムログの詳細をすべて記録したくない場合は、log.confファイルの最後にあるNSIPステートメントを削除して、NSIPを手動で削除できます。フェイルオーバーのセットアップ中に、コマンドを使用して、プライマリとセカンダリの両方のCitrix ADC IPアドレスをlog.confに追加する必要があります。IPアドレスを追加する前に、Citrix ADCアプライアンスにユーザー名とパスワードが存在することを確認してください。

NSWL 構成ファイルの検証

ロギングが正しく機能することを確認するには、クライアントシステムの NSWL 構成ファイル (log.conf) に構文エラーがないか確認します。

NSWL 構成ファイル内の構成を確認するには

クライアントシステムのコマンドプロンプトで、次のように入力します。

nswl -verify -f <directorypath>\log.conf

< directorypath>: 設定ファイル (log.conf) へのパスを指定します。

NSWL クライアントの実行

Web サーバーロギングの開始

クライアントシステムのコマンドプロンプトで、次のように入力します。

nswl -start -f <directorypath>\log.conf

<directorypath>: 設定ファイル (log.conf) へのパスを指定します。

Solaris または Linux オペレーティングシステムでバックグラウンドプロセスとして開始された Web サーバーロギングの停止

コマンドプロンプトで入力します。

nswl -stop

Windows オペレーティングシステムでサービスとして開始された Web サーバーのロギングを停止するには

コマンドプロンプトで入力します。

nswl -stopservice

NSWL クライアントの構成