Citrix ADC

Citrix Gateway および認証サーバーで生成されたレスポンスの書き換え

書き換えとは、Citrix ADCアプライアンスが処理する要求または応答の情報を書き換えることです。書き換えは、ウェブサイトの実際の設定に関する不必要な詳細を公開することなく、要求されたコンテンツへのアクセスを提供するのに役立ちます。書き換えの概念の詳細については、「 書き換え」を参照してください。

Citrix ADCリリースビルド13.0-76.29から、書き換えポリシーのサポートがCitrix Gateway 仮想サーバーおよび認証仮想サーバー生成応答に拡張されました。

注:

Citrix Gateway 仮想サーバーおよび認証仮想サーバーで生成されたレスポンスの書き換えポリシーをサポートするために、バインドタイプAAA_Responseが導入されます

書き換えを使用する例

書き換えを使用して、オンプレミスのCitrix ADCで利用可能なリソースをCitrix Cloud展開と共有できます。これは、CORS オリジンリソース共有を実装することで安全に実現できます。書き換えは、CORSヘッダーを実装するために以下のように使用することができる。

構成例

add rewrite action cors_header_action insert_http_header access-control-allow-credentials \"true\"

add rewrite policy cors_header_pol true cors_header_action

add rewrite action non_cors_header_action insert_http_header X-Frame-Options \'\"DENY\"\'

add rewrite policy non_cors_header_pol true non_cors_header_action

bind authentication vserver av_cors -policy cors_header_pol -priority 100 -type AAA_RESPONSE

bind vpn vserver av_cors -policy cors_header_pol -priority 100 -type AAA_RESPONSE
Citrix Gateway および認証サーバーで生成されたレスポンスの書き換え