Citrix ADC

認証方法

Citrix ADCアプライアンスは、ローカルユーザーアカウントを使用するか、外部認証サーバーを使用してユーザーを認証できます。アプライアンスは、次の認証タイプをサポートしています。

  • ローカル: 外部認証サーバーを参照せずに、パスワードを使用してCitrix ADCアプライアンスを認証します。ユーザーデータは、Citrix ADCアプライアンスにローカルに保存されます。
  • RADIUS: 外部RADIUSサーバーへの認証。
  • LDAP: 外部LDAP認証サーバーに対して認証します。
  • TACACS: 外部ターミナルアクセスコントローラアクセス制御システム(TACACS)認証サーバーを認証します。
  • CERT: 外部認証サーバーを参照せずに、クライアント証明書を使用してCitrix ADCアプライアンスを認証します。
  • NEGOTIATE: Kerberos認証サーバーに対して認証します。Kerberos 認証でエラーが発生した場合、Citrix ADC は NTLM 認証を使用します。

  • SAML: Security Assertion Markup Language(SAML)をサポートするサーバーに対して認証します。

  • SAML IDP: セキュリティアサーションマークアップ言語(SAML)IDプロバイダー(IdP)として機能するようにCitrix ADCを構成します。

  • WEB: Webサーバーを認証し、WebサーバーがHTTP要求で必要とする資格情報を提供し、Webサーバーの応答を分析して、ユーザー認証が成功したことを確認します。

  • ネイティブOTP: Citrix ADCアプライアンスは、サードパーティのサーバーを使用せずにワンタイムパスワード(OTP)をサポートします。

  • プッシュ通知: Citrix GatewayはOTPのプッシュ通知をサポートしています。ユーザーは、Citrix Gateway にログインするために、登録されたデバイスで受信したOTPを手動で入力する必要はありません。管理者は、プッシュ通知サービスを使用してユーザーの登録デバイスにログイン通知が送信されるようにCitrix Gateway を設定できます。

  • 電子メールOTP: 電子メールOTP方式では、登録された電子メールアドレスに送信されるワンタイムパスワード(OTP)を使用して認証できます。任意のサービスで認証しようとすると、サーバーはユーザーの登録された電子メールアドレスに OTP を送信します。

  • reCaptcha認証-Citrix Gateway は、reCaptchaの構成を簡素化する新しいファーストクラスアクション「captchaAction」をサポートしています。reCaptchaはファーストクラスのアクションであるため、独自の要因になる可能性があります。nFactorフローのどこにでもreCaptchaを注入することができます。

  • nFactor認証: 多要素認証は、アクセスを取得するためにユーザーに複数のID証明を提供するように要求することにより、アプリケーションのセキュリティを強化します。Citrix ADCアプライアンスは、多要素認証を構成するための拡張性と柔軟なアプローチを提供します。このアプローチは、nFactor認証と呼ばれます。

  • OAuth認証: OAuth認証は、Google、Facebook、Twitterなどのアプリケーションでホストされているサービスに対してユーザーを承認および認証します。
認証方法