Citrix ADC

フォームベース認証

フォームベースの認証では、ログオンフォームがエンドユーザーに提示されます。このタイプの認証フォームは、多要素(nFactor)認証とクラシック認証の両方をサポートしています。

フォームベースのAAA-TM

フォームベースの認証が機能するには、次のことを確認してください。

  • 負荷分散仮想サーバーでは、認証がONになっている必要があります。

  • 「authenticationHost」パラメータを指定する必要があります。このパラメータには、ユーザーが認証のためにリダイレクトされる必要があります。これを設定するためのコマンドは次のとおりです:

     set lb vs lb1 -authentication on –authenticationhost aaavs-ip/fqdn
    
  • フォームベース認証は、HTMLをサポートするブラウザと互換性があります

次の手順では、フォームベースの認証がどのように機能するかを説明します。

  1. クライアント(ブラウザ)は、TM(ロードバランシング/CS)仮想サーバー上のURLに対するGET要求を送信します。

  2. TM仮想サーバーは、クライアントが認証されていないと判断し、HTTP 302応答をクライアントに送信します。応答には、クライアントが認証仮想サーバーに/cgi/tmのGET要求を発行する隠しスクリプトが含まれています。
  3. クライアントは、ターゲットURLを含むGET /cgi/tmを認証仮想サーバに送信します。
  4. 認証仮想サーバは、ログインページへのリダイレクトを送信します。
  5. ユーザーは、POST /doAuthentication.doを使用して認証仮想サーバーに資格情報を送信します。認証は、認証仮想サーバーによって行われます。
  6. 資格情報が正しい場合、認証仮想サーバーは、負荷分散サーバーのcgi/selfauth urlにHTTP 302応答をワンタイムトークン(OTP)で送信します。
  7. 負荷分散サーバーはHTTP 302をクライアントに送信します。
  8. クライアントは、32バイトのcookieとともに、最初のURLのターゲットURLのGET要求を送信します。

    フォームベースのAAA-TMフロー図

フォームベース認証