Citrix ADC

認証プロファイル

複数のトラフィック管理仮想サーバーで同じ認証設定を使用する場合は、認証仮想サーバー、認証ホスト、認証ドメイン、および認証レベルを指定する認証プロファイルを作成できます。

この認証プロファイルは、関連するトラフィック管理仮想サーバに関連付けることができます。

認証プロファイルを構成する

CLIを使用して認証プロファイルを構成します

  • 認証プロファイルを作成し、必要なパラメータを設定します。

    たとえば、「authVS」という名前の認証仮想サーバーを使用してプロファイルを作成します。

     add authentication authnProfile authProfile1 -authnVsName authVS -authenticationHost authnVS.example.com -authenticationDomain example.com -authenticationLevel
    

注:

認証の重みまたはレベルは、トラフィックがバインドされている仮想サーバーによって異なります。特定のレベルのトラフィック管理仮想サーバーに対して認証によって作成されたセッションを使用して、より高いレベルのトラフィック管理仮想サーバーにアクセスすることはできません。

  • 認証プロファイルを関連するトラフィック管理仮想サーバにバインドします。

    たとえば、authProfile1 を「vserver1” という名前の負荷分散仮想サーバーにバインドします。

     set lb vserver vserver1 -authnProfile authProfile1
    

GUIを使用して認証プロファイルを構成する

[設定] タブで、[セキュリティ] > [AAA-アプリケーショントラフィック] > [認証プロファイル] に移動し、必要に応じて認証プロファイルを設定します。

注:

  • Citrix Gatewayウィザードを使用して認証プロファイルを作成することもできます。プロファイルには、認証ポリシーのすべての設定が含まれています。認証ポリシーを作成するときにプロファイルを構成します。

  • Citrix Gateway Wizardを使用すると、選択した認証タイプを使用して認証を構成できます。ウィザードの実行後に他の認証ポリシーを構成する場合は、構成ユーティリティを使用できます。Citrix Gateway Wizardの詳細については、Citrixゲートウェイウィザードを使用した設定の構成を参照してください。

認証プロファイル