Citrix ADC

構成をカスタマイズする

AppExpert アプリケーションが正しく動作していることを確認したら、要件に合わせて構成をカスタマイズできます。

AppExpert アプリケーション構成が正しく機能していることを確認したら、要件に合わせてアプリケーションと展開設定を構成できます。アプリケーションテンプレートと展開ファイルをインポートすると、使用可能な構成設定(アプリケーションユニット、アプリケーションユニットのルール、ポリシー、永続性設定、負荷分散方法、プロファイル、トラフィック設定など)がターゲットアプリケーションに自動的に入力されます。このアプリケーションでは、トラフィックサブセットごとに、パブリックエンドポイント、サービス、サービスグループなどの展開設定を構成できます。テンプレートに含まれていないトラフィックサブセットを AppExpert アプリケーションで管理する場合は、トラフィックサブセットのアプリケーションユニットを追加するか、既存のアプリケーションユニットを変更します。構成をカスタマイズしたら、アプリケーションが管理する各トラフィックサブセットの評価順序を指定することもできます。

AppExpert アプリケーションの構成は、次の手順で構成されます。

  1. パブリックエンドポイントの設定
  2. アプリケーションユニットの設定
  3. 評価順序の指定
  4. Visualizer を使用したアプリケーション構成の表示

また、テンプレートが提供するポリシーを設定することもできます。AppExpertアプリケーションテンプレートに、特定のCitrix ADC機能(書き換えやアプリケーションファイアウォールなど)のポリシーが含まれていない場合は、独自のポリシーを構成できます。

構成をカスタマイズする

この記事の概要