Citrix ADC

パブリックエンドポイントの設定

AppExpert アプリケーションのインポート時にパブリックエンドポイントを指定しなかった場合は、アプリケーションの作成後にパブリックエンドポイントを指定できます。AppExpert アプリケーションには、HTTP タイプのパブリックエンドポイントと HTTPS タイプのパブリックエンドポイントを 1 つ設定できます。

エンドポイントがアプリケーションに対してすでに構成されている場合は、AppExpert アプリケーションからエンドポイントの関連付けを解除し、不要になったエンドポイントを削除できます。パブリックエンドポイントと AppExpert アプリケーションの関連付けを解除すると、エンドポイントは関連付けられたアプリケーションユニットから自動的にバインド解除されますが、システムからは削除されません。

AppExpert アプリケーションのパブリックエンドポイントを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ AppExpert ] > [ アプリケーション] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、パブリックエンドポイントを構成するアプリケーションを右クリックし、[編集] をクリックします。
  3. [ アプリケーション ] ページで、[ パブリックエンドポイント ] セクションに移動し、鉛筆アイコンをクリックします。
  4. [ パブリックエンドポイント ] スライダーで、次のパラメーターを設定します。
    1. パブリックエンドポイントタイプ。ラジオボタンを選択して、エンドポイントタイプを定義します。
    2. Name:パブリックエンドポイントの名前。
    3. IP アドレス。パブリックエンドポイントのIPアドレス。
    4. ポート。パブリックエンドポイントのポート番号。
    5. プロトコル。プロトコルタイプとして [HTTP] または [HTTPS] を選択します。
  5. 続けるをクリックします。
  6. [ アプリケーション単位 ] セクションで、一覧からアプリケーション単位を選択します。
  7. [ Continue ] をクリックして、ポリシーとサーバーの詳細を設定します。
  8. OK をクリックし、次に「完了」をクリックします。
  9. [閉じる] をクリックします。

[ パブリックエンドポイントの構成 ] ダイアログボックスのパラメーターの詳細については、「 コンテンツスイッチング」を参照してください。

パブリックエンドポイントの設定

この記事の概要