Citrix ADC

AppExpert アプリケーションの仕組み

エンドポイントがクライアント要求を受信すると、Citrix ADCアプライアンスは、最上位のアプリケーションユニットに対して構成されているルールに対して要求を評価します。要求がこの規則を満たす場合、要求はアプリケーションユニットに設定されたポリシーによって処理され、サービスに転送されます。サービスの選択は、アプリケーションに対して構成されているサービス、およびアプリケーションユニットに対して構成されている負荷分散アルゴリズムや永続化方法などの設定によって異なります。

要求が規則を満たさない場合、要求は次に上位のアプリケーション単位の規則に対して評価されます。この順序で、要求は、要求が規則を満たすまで、各アプリケーション単位規則に対して評価されます。要求が設定されたルールのいずれも満たさない場合、既定のアプリケーション単位 (常に最後のアプリケーション単位) によって処理されます。

AppExpert アプリケーションには、複数のパブリックエンドポイントを設定できます。このような構成では、デフォルトでは、各アプリケーションユニットはすべてのパブリックエンドポイントによって受信された要求を処理し、アプリケーションに対して構成されているすべてのサービスの負荷を分散します。ただし、アプリケーションユニットがパブリックエンドポイントのサブセットからのトラフィックのみを処理し、AppExpert アプリケーション用に構成されているサービスのサブセットのみをロードバランシングするように指定できます。

次のフロー図は、組み込みアプリケーションテンプレートを使用するための AppExpert アプリケーションフローシーケンスを示しています。

ローカライズされた画像

テンプレートを使用せずにカスタマイズされたアプリケーションを作成する場合は、次の操作を行います。

  1. カスタムアプリケーションを作成します。
  2. アプリケーションと展開の設定を構成します。
  3. 構成を新しいテンプレートファイルにエクスポートします (オプション)。
  4. 同様のAppExpertアプリケーション構成を必要とする他のCitrix ADCアプライアンスにテンプレートファイルをインポートする
AppExpert アプリケーションの仕組み

この記事の概要