Citrix ADC

カスタム Citrix ADC アプリケーションのセットアップ

Citrix ADCアプライアンスを介して管理するWebアプリケーションに対してAppExpertアプリケーションテンプレートを使用できない場合、または使用可能なAppExpertアプリケーションテンプレートが要件に合わない場合は、テンプレートなしでAppExpertアプリケーションを作成できます。

テンプレートなしで AppExpert アプリケーションを作成するには、まずアプリケーションとアプリケーションユニットを作成する必要があります。次に、パブリックエンドポイント、サービス、およびサービスグループを設定します。最後に、アプリケーショントラフィックの評価方法と処理方法を決定するポリシーを設定します。

アプリケーションユニットとアプリケーションユニットを作成し、ポリシーを構成したら、事前に構築された AppExpert アプリケーションテンプレートを使用してアプリケーションを構成する場合と同様に、構成を検証して正しく動作することをテストする必要があります。次に、アプリケーションを監視して、アプリケーションとそのエンティティが正しく動作していることを確認する必要があります。

アプリケーションを作成する

AppExpert アプリケーションを作成すると、アプリケーションユニットを追加できるコンテナがアプライアンスによって作成されます。デフォルトのアプリケーションユニットは、最初のアプリケーションユニットを作成するまで作成されません。

GUI を使用して AppExpert アプリケーションを作成するには

  1. [ AppExpert ] > [ アプリケーション] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[ アプリケーション] を右クリックし、[ 追加] をクリックします。
  3. アプリケーションの作成 」ダイアログ・ボックスの「名前」にアプリケーションの名前を入力し、「 OK」をクリックします。

アプリケーションユニットの作成

Web アプリケーションに関連するトラフィックのサブセットごとに、アプリケーションユニットを作成する必要があります。

GUI を使用して AppExpert アプリケーションのアプリケーションユニットを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [ AppExpert ] > [ アプリケーション] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、アプリケーションユニットを追加するアプリケーションを右クリックし、[ 追加] をクリックします。
  3. [Create] をクリックします。

AppExpert アプリケーションのパブリックエンドポイントの設定

必要なすべてのアプリケーションユニットを作成したら、クライアントがCitrix ADCアプライアンスを介してWebアプリケーションにアクセスできるように、1つ以上のパブリックエンドポイントを構成する必要があります。

GUI を使用して AppExpert アプリケーションのパブリックエンドポイントを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ AppExpert ] > [ アプリケーション] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、パブリックエンドポイントを構成するアプリケーションを右クリックし、[ パブリックエンドポイントの構成] をクリックします。
  3. アプリケーションの [パブリックエンドポイントの選択] ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。
    • 必要なエンドポイントがダイアログボックスに一覧表示されている場合は、対応するチェックボックスをオンにします。

    • すべてのパブリックエンドポイントを指定する場合は、[ Activate All] をクリックします。

    • エンドポイントと AppExpert アプリケーションの関連付けを解除する場合は、対応するチェックボックスをオフにします。

    • 新しいパブリックエンドポイントを作成する場合は、[ 追加] をクリックします。次に、[パブリックエンドポイントの作成]ダイアログボックスでエンドポイント設定を構成し、[ OK]をクリックします。

      [ パブリックエンドポイントの作成 ] ダイアログボックスでは、エンドポイントの名前、IP アドレス、ポート、およびプロトコルのみを指定できます。パブリックエンドポイントを作成した後で、追加のエンドポイント設定を指定できます。追加のエンドポイント設定を指定するには、エンドポイントを作成した後、[パブリックエンドポイントの選択] ダイアログボックスでエンドポイントをクリックし、[ 開く] をクリックします。次に、[パブリックエンドポイントの構成] ダイアログボックスで追加の設定を指定し、[OK] をクリックします。

      [ パブリックエンドポイントの作成] および [ **パブリックエンドポイントの構成** ] ダイアログボックスのパラメータの詳細については、「 コンテンツの切り替え」を参照してください。

    • パブリックエンドポイントを変更する場合は、エンドポイントをクリックし、[開く] をクリックします。次に、[ パブリックエンドポイントの構成 ]ダイアログボックスで、エンドポイントの設定を変更し、[ OK]をクリックします。

      [パブリックエンドポイントの構成] ダイアログボックスのパラメータの詳細については、「 コンテンツの切り替え」を参照してください。

  4. [閉じる] をクリックします。

アプリケーションユニットのパブリックエンドポイントの設定

アプリケーションユニットの場合は、AppExpert アプリケーションテンプレートから作成されたアプリケーションのパブリックエンドポイントを指定するのと同じ方法でパブリックエンドポイントを指定します。アプリケーションユニットのエンドポイントのサブセットを指定する方法の詳細については、「 アプリケーションユニットのエンドポイントの設定」を参照してください。

GUI を使用してアプリケーションユニットのエンドポイントを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ AppExpert ] > [ アプリケーション] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、パブリックエンドポイントを指定するアプリケーションユニットを右クリックし、[ パブリックエンドポイントの構成] をクリックします。
  3. アプリケーションユニットの [ パブリックエンドポイントの選択 ] ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。
    • アプリケーションユニットのエンドポイントを初めて指定する場合は、アプリケーションユニットにバインドしないエンドポイントに対応するチェックボックスをオフにします。
    • ダイアログボックスに一覧表示されているが、現在はアプリケーションユニットにバインドされていないエンドポイントを指定する場合は、対応するチェックボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。

AppExpert アプリケーションのサービスとサービスグループの設定

サービスとサービスグループは、AppExpert アプリケーションのサービスとサービスグループを構成した後にのみ、アプリケーションユニットで使用可能になります。したがって、アプリケーションユニットのサービスを構成する前に、AppExpert アプリケーションのサービスとサービスグループを構成する必要があります。AppExpert アプリケーション用に構成するすべてのサービスおよびサービスグループは、同じプロトコル (HTTP または HTTPS) を使用する必要があります。テンプレートから作成されない AppExpert アプリケーションのサービスとサービスグループを構成する手順は、テンプレートから作成されたアプリケーションの手順と同じです。

GUI を使用して AppExpert アプリケーションのサービスまたはサービスグループを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ AppExpert ] > [ アプリケーション] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、サービスまたはサービスグループを構成するアプリケーションを右クリックし、[ バックエンドサービスの構成] をクリックします。
  3. [バックエンドサービスの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。
    • サービスを構成するには、[ サービス ] タブをクリックします。
    • サービスグループを構成するには、[ **サービスグループ** ] タブをクリックします。
  4. [ サービス ] タブまたは [ サービスグループ ] タブで、次のいずれかを実行します。
    • 必要なサービスまたはサービスグループがタブに表示されている場合は、対応するチェックボックスをオンにします。
    • すべてのサービスまたはサービスグループを指定する場合は、[ すべてアクティブ化] をクリックします。
    • 新しいサービスまたはサービスグループを作成する場合は、[ 追加] をクリックします。次に、[ サービスの作成 ] ダイアログボックスまたは [ サービスグループの作成 ] ダイアログボックスで、サービスまたはサービスグループの設定をそれぞれ構成し、[ 作成] をクリックします。
    • サービスを変更する場合は、サービスをクリックし、[開く] をクリックします。次に、[サービスの構成] ダイアログボックスまたは [サービスグループの作成] ダイアログボックスで、サービスまたはサービスグループの設定をそれぞれ構成し、[OK] をクリックします。

[サービスの作成]、[サービスの構成]、および [ サービスグループの作成 ] の各ダイアログボックスの設定については、「 負荷分散」を参照してください。

アプリケーションユニットのサービスおよびサービスグループの設定

サービスとサービスグループを設定したら、アプリケーションユニットごとにサービスとサービスグループを設定する必要があります。ただし、各バックエンドサービスが Web アプリケーションに関連するすべてのコンテンツをホストしている場合は、この手順は必要ありません。アプリケーションユニットに関連付けられたコンテンツがバックエンドサーバーのサブセットでのみホストされている場合は、アプリケーションユニットのサービスとサービスグループを構成します。

GUIを使用してアプリケーションユニットのサービスまたはサービスグループを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ AppExpert ] > [ アプリケーション] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、サービスまたはサービスグループを構成するアプリケーションユニットを右クリックし、[ バックエンドサービスの構成] をクリックします。
  3. [ バックエンドサービスの設定 ] ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。
    • サービスを構成するには、[ サービス ] タブをクリックします。
    • サービスグループを設定するには、[ サービスグループ ] タブをクリックします。
  4. [ サービス ] タブまたは [ サービスグループ ] タブで、次のいずれかを実行します。
    • アプリケーションユニットに設定しないサービスまたはサービスグループに対応するチェックボックスをオフにします。アプリケーションユニットに設定するサービスまたはサービスグループに対応するチェックボックスがオンになっていることを確認します。次に、[Weight] 列で、構成済みの各サービスに割り当てる重みを指定します。
    • すべてのサービスまたはサービスグループを指定するには、[ すべてアクティブ化] をクリックします。
  5. [ メソッド ] タブと [ 持続性 ] タブと [ 詳細 ] タブで、目的のパラメータを指定します。
  6. [OK] をクリックします。

ポリシーの設定

テンプレートを使用せずに作成された AppExpert アプリケーションのポリシーを構成する手順は、テンプレートから作成された AppExpert アプリケーションの手順と同じです。詳細については、「 アプリケーションユニットのポリシーの設定」を参照してください。