Citrix ADC

パターンセットとデータセット

多数の文字列パターンに対する文字列照合操作のポリシー式は、長くて複雑になる傾向があります。このような複雑な式の評価によって消費されるリソースは、処理サイクル、メモリ、および構成サイズの点で重要です。パターンマッチングを使用すると、より単純でリソース消費の少ない式を作成できます。

照合するパターンのタイプに応じて、次のいずれかの機能を使用してパターンマッチングを実装できます。

  • パターンセットは、高度なポリシー評価中に文字列照合に使用されるインデックス付きパターンの配列です。パターンセットの例:imagetypes {svg, bmp, png, GIF, tiff, jpg}。
  • データセットは、パターンセットの特殊な形式です。これは、型数(整数)、IPv4アドレス、またはIPv6アドレスのパターンの配列です。

多くの場合、パターンセットまたはデータセットのどちらかを使用できます。ただし、数値データまたは IPv4 アドレスと IPv6 アドレスに特定の一致が必要な場合は、データセットを使用する必要があります。

:

パターンセットとデータセットは、高度なポリシーでのみ使用できます。

パターンセットまたはデータセットを使用するには、まずパターンセットまたはデータセットを作成し、パターンをバインドします。次に、パケット内の文字列を比較するポリシーを設定する場合は、適切な演算子を使用して、パターンセットまたはデータセットの名前を引数として渡します。

パターンセットとデータセット