Citrix ADC

パターンセットの構成

パターンセットを設定するには、パターンとして使用する文字列を指定する必要があります。これらの各パターンに固有のインデックス値を手動で割り当てることも、インデックス値を自動的に割り当てることもできます。

注:パターンセットでは大文字と小文字が区別されます (大文字と小文字を無視する式を指定した場合を除く)。そのため、たとえば文字列パターン「product1」は文字列パターン「Product1」と同じではありません。

インデックス値について覚えておくべきポイント:

  • 同じインデックス値を複数のパターンにバインドすることはできません。
  • 自動的に割り当てられるインデックス値は、パターンセット内の既存のパターンの最大インデックス値よりも 1 つ大きい数値です。たとえば、パターンセット内の既存のパターンの最大インデックス値が 104 の場合、次に自動的に割り当てられるインデックス値は 105 です。
  • 最初のパターンにインデックスを指定しない場合、インデックス値 1 がそのパターンに自動的に割り当てられます。
  • 1 つ以上のパターンが削除または変更されても、インデックス値は自動的に再生成されません。たとえば、セットにインデックスが 1 ~ 5 の 5 つのパターンが含まれていて、インデックスが 3 のパターンが削除されても、パターンセット内の他のインデックス値は自動的に 1 ~ 4 の値を生成するように再生成されません。
  • パターンに割り当てることができる最大インデックス値は 4294967290 です。その値がセット内のパターンにすでに割り当てられている場合は、新しく追加されたパターンに手動でインデックス値を割り当てる必要があります。現在使用されている値よりも低い未使用のインデックス値を自動的に割り当てることはできません。

コマンドラインインターフェイスを使用してパターンセットを設定します

コマンドプロンプトで、次の操作を行います。

  1. パターンセットを作成します。

    add policy patset <name>

例:

add policy patset samplepatset

  1. パターンをパターンセットにバインドします。

    bind policy patset <name> <string> [-index <positive_integer>][-charset ( ASCII | UTF_8 )] [-comment <string>]

例:

bind policy patset samplepatset product1 -index 1 -comment short description about the pattern bound to the pattern set

注意:パターンセットにバインドしたいすべてのパターンについて、この手順を繰り返します。

  1. 設定を確認します。

show policy patset <name>

設定ユーティリティを使用してパターンセットを設定します

  1. AppExpert 」>「 パターンセット」に移動します。
  2. 詳細ペインで、[ 追加 ] をクリックして [ パターンセットの作成 ] ダイアログボックスを開きます。
  3. 名前テキストボックスにパターンセットの名前を指定します。
  4. 「パターンを指定」で、最初のパターンを入力し、オプションで次のパラメータの値を指定します。
    • バックスラッシュをエスケープ文字として扱う-このチェックボックスをオンにすると、パターンに含まれるバックスラッシュ文字はすべてエスケープ文字として処理されます。
    • インデックス-1 から 4294967290 までの範囲でユーザーが割り当てたインデックス値。
  5. 正しい文字を入力したことを確認し、[ 追加] をクリックします。
  6. 手順 4 と 5 を繰り返してパターンを追加し、「 作成」をクリックします。

ファイルベースのパターンセットの設定

Citrix ADCアプライアンスはファイルベースのパターンセットをサポートします。

CLI を使用してファイルベースのパターンセットを設定する

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

  • 新しいパターンセットファイルをCitrix ADCアプライアンスにインポートします。

     import policy patsetfile <src> <name> -delimiter <char> -charset <ASCII | UTF_8>
     <!--NeedCopy-->
    

    例:

     import policy patsetfile local:test.csv clientids_list –delimiter ,
     <!--NeedCopy-->
    

    ローカルデバイス、HTTP サーバー、または FTP サーバーからファイルをインポートできます。ローカルデバイスからファイルを追加するには、ファイルが/var/tmpの場所にある必要があります。

  • パターンセットファイルをパケットエンジンに追加します。

     add policy patsetfile <patset filename>
     <!--NeedCopy-->
    

    例:

     add policy patsetfile clientids_list
     <!--NeedCopy-->
    
  • Citrix ADCアプライアンス上の既存のパターンセットファイルを更新します。

     update policy patsetfile <patset filename>
     <!--NeedCopy-->
    

    例:

     update policy patsetfile clientids_list
     <!--NeedCopy-->
    
  • パターンをパターンセットにバインドします。

     add policy patset <patset name> -patsetfile <patset filename>
     <!--NeedCopy-->
    

    例:

     add policy patset clientid_patset -patsetfile clientids_list
     <!--NeedCopy-->
    
  • 設定を確認します。

     show policy patsetfile clientids_list
    
     Name: clientids_list
     Patset Name: clientid_patset
     Number of Imported Patterns: 8
     Number of Bound Patterns: 8
     (All the patterns bound successfully)
    
     Done
     <!--NeedCopy-->
    

GUI を使用してファイルベースのパターンセットを設定

  1. AppExpert-> パターンセットファイルに移動します

  2. [ インポート ] ペインで、[ インポート] をクリックします。

  3. ポリシーパッチセットファイルの設定 」ページで、インポートするファイルを選択して「 OK」をクリックします。

  4. インポートしたファイルを選択して、[ 追加] をクリックします。

  5. ポリシー・パット・セット・ファイルの作成 」ページで詳細を入力し、「 作成 」をクリックしてポリシー・パターン・セットを追加します。

パターンセットの構成