Citrix ADC

ポリシーマネージャを使用したポリシーの設定とバインド

警告:

Citrix ADC 12.0ビルド56.20以降では、従来のポリシー式はサポートされなくなりました。また、高度なポリシーを使用することをお勧めします。詳しくは、「高度なポリシー」を参照してください。

一部のアプリケーションでは、Citrix ADC構成ユーティリティに専用のPolicy Managerが用意されており、ポリシーバンクの構成を簡素化できます。また、使用されていないポリシーやアクションを検索して削除することもできます。

Policy Manager は、現在、書き換え、統合キャッシュ、レスポンダー、圧縮機能で使用できます。

ここでは、この項の手順に相当するキーボード操作を示します。

  • Policy Manager でセルを編集するには、Tab キーでセルに移動し、[F2] をクリックするか、キーボードの [Space] バーを押します。
  • ドロップダウンメニューでエントリを選択するには、Tab キーを使用してエントリに移動し、スペースバーを押してドロップダウンメニューを表示し、上方向キーおよび下方向キーを使用して目的のエントリに移動し、もう一度スペースバーを押してエントリを選択します。
  • ドロップダウンメニューの選択をキャンセルするには、Esc キーを押します。
  • ポリシーを挿入するには、Tab キーを使用して挿入ポイントの上にある行に移動し、Control キーを押しながら Insert キーを押すか、[ポリシーの挿入] をクリックします。
  • ポリシーを削除するには、Tab キーを使用してポリシーを含む行に移動し、Delete キーを押します。

注: ポリシーを削除すると、Citrix ADCは銀行内の他のポリシーのGoto Expression値を検索します。これらの [Goto Expression] の値のいずれかが、削除されたポリシーのプライオリティレベルと一致する場合、それらは削除されます。

ポリシーマネージャーを使用してポリシーバインディングを構成する

  1. ナビゲーションペインで、ポリシーを設定する機能をクリックします。選択肢は、[レスポンダー]、[統合キャッシュ]、[書き換え]、[圧縮] です。

  2. 詳細ペインで、[ポリシーマネージャ] をクリックします。

  3. 圧縮用のクラシックポリシーバインディングを構成する場合は、[圧縮ポリシーマネージャ] ダイアログボックスで、[クラシック構文に切り替える] をクリックします。ダイアログボックスが従来の構文ビューに切り替わり、[高度なポリシーに切り替える] ボタンが表示されます。ポリシーバインディングの設定を完了する前に、[詳細ポリシー] を使用するポリシーのバインディングを設定する場合は、[詳細ポリシーに切り替える] ボタンをクリックします。

  4. Responder 以外の機能では、バインドポイントを指定するには、[要求] または [応答] をクリックし、要求時間または応答時間のバインドポイントのいずれかをクリックします。オプションは、[グローバル上書き]、[LB 仮想サーバー]、[CS 仮想サーバー]、[デフォルトグローバル]、または [ポリシーラベル] です。レスポンダーを構成している場合は、[要求] および [応答] フロータイプは使用できません。

  5. ポリシーをこのバインドポイントにバインドするには、[Insert Policy] をクリックし、以前に構成したポリシー、NOPOLICY ラベル、または [New policy] オプションを選択します。選択するオプションに応じて、次の選択肢があります。

    • 新しいポリシー:ポリシーの作成または変更」の説明に従ってポリシーを作成し、「ポリシーバンクの各エントリの形式」の表に従って優先順位レベル、GoTo式、ポリシー呼び出しを構成します。
    • 既存のポリシーNOPLOCY、またはNOPOLICY\<feature name\>: 表で説明されているように、優先レベル、GoTo 式、およびポリシー呼び出しを設定します。「ポリシーバンクの各エントリの形式。」NOPOLICY またはNOPOLICY\<feature name\> オプションは、詳細ポリシーを使用するポリシーに対してのみ使用できます。
  6. 上記の手順を繰り返して、このポリシーバンクにエントリを追加します。

  7. エントリの優先度レベルを変更するには、次のいずれかを実行します。

    • エントリの [優先順位] フィールドをダブルクリックし、値を編集します。
    • ポリシーをクリックし、表内の別の行にドラッグします。
    • [優先度を再生成] をクリックします。

    3 つのいずれの場合も、他のすべてのポリシーの優先度レベルは、必要に応じて新しい値に対応するように変更されます。整数値のある Goto 式も自動的に更新されます。たとえば、優先順位の値を 10 から 100 に変更すると、[Goto Expression] の値が 10 のすべてのポリシーが値 100 に更新されます。

  8. テーブルの行のポリシー、アクション、またはポリシーバンクの呼び出しを変更するには、エントリの右側にある下矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • ポリシーを変更するには、別のポリシー名を選択するか、[New Policy] を選択し、ポリシーの作成または変更の手順に従います。
    • 「次へ移動」式を変更するには、「次」、「終了」、「USE_INVOCATION_RESULT」を選択するか、または複数を選択して、このポリシーバンク内の別のエントリの優先度レベルを返す式を入力します。
    • 呼び出しを変更するには、既存のポリシーバンクを選択するか、[New Policy Label] をクリックして、ポリシーラベルにポリシーをバインドするの手順に従います。
  9. このバンクからポリシーまたはポリシーラベルの呼び出しをバインド解除するには、ポリシーまたはポリシーラベルを含む行の任意のフィールドをクリックし、[ポリシーのバインド解除] をクリックします。

  10. 完了したら、[変更を適用] をクリックします。ステータスバーにメッセージが表示され、ポリシーが正常にバインドされたことが示されます。

ポリシーマネージャーを使用して未使用のポリシーを削除する

  1. ナビゲーションペインで、ポリシーバンクを設定する機能をクリックします。選択肢は、[レスポンダー]、[統合キャッシュ]、または [書き換え] です。
  2. 詳細ペインで、[<Feature Name>ポリシーマネージャ] をクリックします。
  3. 機能名で > [ポリシー管理]ダイアログボックスで、[構成のクリーンアップ]をクリックします。
  4. [クリーンアップ構成] ダイアログボックスで、削除する項目を選択し、[削除] をクリックします。
  5. [削除] ダイアログボックスで、[はい] をクリックします。
  6. [閉じる]をクリックします。ステータスバーにメッセージが表示され、ポリシーが正常に削除されたことが示されます。
ポリシーマネージャを使用したポリシーの設定とバインド