Citrix ADC

ポリシーラベルまたは仮想サーバポリシーバンクの起動または削除

一度だけバインドできるポリシーとは異なり、ポリシーラベルまたは仮想サーバーのポリシーバンクを呼び出すことによって、何度でも使用できます。呼び出しは、次の 2 つの場所から実行できます。

  • ポリシーバンク内の名前付きポリシーのバインディングから。
  • ポリシーバンクのNOPOLICY「ダミー」エントリのバインディングから。

通常、ポリシーラベルは、呼び出されるポリシーと同じタイプである必要があります。たとえば、レスポンダーポリシーからレスポンダーポリシーラベルを呼び出します。

注:コマンドラインでポリシーバンク内のグローバル NOPOLICY エントリをバインドまたはバインド解除する場合は、優先度を指定して、1 つの NOPOLICY エントリを別のエントリと区別します。

CLI を使用して書き換えまたは統合キャッシュ・ポリシー・ラベルを呼び出す

コマンドプロンプトで、次のいずれかのコマンドを入力して、書き換えまたは統合キャッシュポリシーラベルを呼び出し、構成を確認します。

-  bind cache global <policy> -priority <positive_integer> [-gotoPriorityExpression <expression>] -type REQ_OVERRIDE|REQ_DEFAULT|RES_OVERRIDE|RES_DEFAULT] -invoke reqvserver|resvserver|policylabel <label_name>  

-  bind rewrite global<policy> -priority <positive_integer> [-gotoPriorityExpression <expression>] -type REQ_OVERRIDE|REQ_DEFAULT|RES_OVERRIDE|RES_DEFAULT] -invoke reqvserver|resvserver|policylabel <label_name>  

-  show cache global|show rewrite global

例:

> bind cache global _nonPostReq2 -priority 100 -type req_override -invoke
    policylabel lbl-cache-pol
Done
> show cache global
    1)      Global bindpoint: REQ_DEFAULT
            Number of bound policies: 2

    2)      Global bindpoint: RES_DEFAULT
            Number of bound policies: 1

    3)      Global bindpoint: REQ_OVERRIDE
            Number of bound policies: 1

Done

CLI を使用してレスポンダーポリシーラベルを呼び出す

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、レスポンダーポリシーラベルを呼び出し、構成を確認します。

-  bind responder global <policy_Name> <priority_as_positive_integer> [<gotoPriorityExpression>] -type REQ_OVERRIDE|REQ_DEFAULT|OVERRIDE|DEFAULT -invoke vserver|policylabel <label_name>

-  show responder global  

例:

> bind responder global pol404Error1 300 -invoke policylabel lbl-respndr-pol
Done
> show responder global
    1)      Global bindpoint: REQ_DEFAULT
            Number of bound policies: 2

Done

CLI を使用した仮想サーバポリシーバンクの呼び出し

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、仮想サーバーポリシーバンクを呼び出し、構成を確認します。

-  bind lb vserver <vserver_name> -policyName <policy_Name> -priority <positive_integer> [-gotoPriorityExpression <expression>] -type REQUEST|RESPONSE -invoke reqvserver|resvserver|policylabel <policy_Label_Name>  

-  bind lb vserver <vserver_name>  

例:

> bind lb vserver lbvip -policyName ns_cmp_msapp -priority 100
Done

> show lb vserver lbvip
            lbvip (8.7.6.6:80) - HTTP       Type: ADDRESS
            State: DOWN
            Last state change was at Wed Jul 15 05:54:24 2009 (+166 ms)
            Time since last state change: 28 days, 06:37:49.250
            Effective State: DOWN
            Client Idle Timeout: 180 sec
            Down state flush: ENABLED
            Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
            Port Rewrite : DISABLED
            No. of Bound Services :  0 (Total)       0 (Active)
            Configured Method: LEASTCONNECTION
            Mode: IP
            Persistence: NONE
            Vserver IP and Port insertion: OFF
            Push: DISABLED  Push VServer:
            Push Multi Clients: NO
            Push Label Rule: none

    1)      CSPolicy: pol-cont-sw   CSVserver: vs-cont-sw   Priority: 100   Hits: 0

    2)      Policy : pol-ssl Priority:0
    3)      Policy : ns_cmp_msapp Priority:100
    4)      Policy : cf-pol Priority:1      Inherited
Done

CLI を使用して書き換えまたは統合キャッシュポリシーラベルを削除する

コマンドプロンプトで、次のコマンドのいずれかを入力して、書き換えまたは統合キャッシュポリシーラベルを削除し、構成を確認します。

-  unbind rewrite global <policyName> -priority <positiveInteger> -type REQ_OVERRIDE|REQ_DEFAULT|RES_OVERRIDE|RES_DEFAULT  

-  unbind cache global <policyName> -priority <positiveInteger> -type REQ_OVERRIDE|REQ_DEFAULT|RES_OVERRIDE|RES_DEFAULT

-  show rewrite global|show cache global

例:

> unbind rewrite global NOPOLICY -priority 100 -type REQ_OVERRIDE
> show rewrite global
Done
    1)      Global bindpoint: REQ_DEFAULT
            Number of bound policies: 1

Done

CLI を使用してレスポンダーポリシーラベルを削除する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、レスポンダーポリシーラベルを削除し、構成を確認します。

-  unbind responder global <policyName> -priority <positiveInteger> -type OVERRIDE|DEFAULT  

-  show responder global

例:

> unbind responder global NOPOLICY -priority 100 -type REQ_DEFAULT
Done
> show responder global
    1)      Global bindpoint: REQ_DEFAULT
            Number of bound policies: 1

Done

CLI を使用した仮想サーバポリシーラベルの削除

コマンドプロンプトで、次のコマンドのいずれかを入力して、仮想サーバーポリシーラベルを削除し、構成を確認します。

-  unbind lb vserver <virtualServerName> -policyName NOPOLICY-REWRITE|NOPOLICY-RESPONDER|NOPOLICY-CACHE -type REQUEST|RESPONSE -priority <positiveInteger>  

-  unbind cs vserver <virtualServerName> -policyName NOPOLICY-REWRITE|NOPOLICY-RESPONDER|NOPOLICY-CACHE -type REQUEST|RESPONSE -priority <positiveInteger>  

-  show lb vserver|show cs vserver  

例:

> unbind lb vserver lbvip -policyName ns_cmp_msapp -priority 200
Done
> show lb vserver lbvip
            lbvip (8.7.6.6:80) - HTTP       Type: ADDRESS
            State: DOWN
            Last state change was at Wed Jul 15 05:54:24 2009 (+161 ms)
            Time since last state change: 28 days, 06:47:54.600
            Effective State: DOWN
            Client Idle Timeout: 180 sec
            Down state flush: ENABLED
            Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
            Port Rewrite : DISABLED
            No. of Bound Services :  0 (Total)       0 (Active)
            Configured Method: LEASTCONNECTION
            Mode: IP
            Persistence: NONE
            Vserver IP and Port insertion: OFF
            Push: DISABLED  Push VServer:
            Push Multi Clients: NO
            Push Label Rule: none

    1)      CSPolicy: pol-cont-sw   CSVserver: vs-cont-sw   Priority: 100   Hits: 0

    1)      Policy : pol-ssl Priority:0
    2)      Policy : cf-pol Priority:1      Inherited
Done

GUI を使用してポリシーラベルまたは仮想サーバポリシーバンクを呼び出す

  1. ポリシーをグローバルにバインドする」、「ポリシーを仮想サーバーにバインドする」、「ポリシーラベルにポリシーをバインドする」で説明されているようにポリシーをバインドします。または、ポリシー名の代わりに NOPOLICY の「ダミー」エントリを入力することもできます。これは、ポリシーバンクを評価する前にポリシーを評価したくない場合に行います。
  2. [Invoke] フィールドで、トラフィックがバインドされたポリシーと一致するかどうかを評価するポリシーラベルまたは仮想サーバポリシーバンクの名前を選択します。ステータスバーに表示されるメッセージは、ポリシーラベルまたは仮想サーバポリシーバンクが正常に呼び出されたことを示します。

GUI を使用したポリシーラベル呼び出しの削除

  1. ポリシーを開き、[Invoke] フィールドをクリアします。ポリシーのバインドを解除すると、ラベルの呼び出しも削除されます。ステータスバーにポリシーラベルが正常に削除されたことを示すメッセージが表示されます。