Citrix ADC

従来のポリシー廃止に関する FAQ

  • Citrix ADC 12.0以降のリリースで廃止された従来のポリシーは何ですか?

    以下の表に記載されているすべての機能と機能は、Citrix ADC 12.1ビルド51.16から非推奨です。Citrix ADC 12.1 ビルド 51.16 以降で廃止される機能は、将来のリリースで削除される予定です。非推奨のテーブルで説明されている代替機能の使用をお勧めします。

  • 従来のポリシーベースの機能と機能を高度なポリシーに変換するにはどうすればよいですか?

    Citrix ADC独自のnspepiツールを使用して、コマンド、式、および構成を変換できます。nspepiツールは、Citrix ADC構成のすべてのクラシック式を高度なポリシーに変換するのに役立ちます。nspepi ツールの詳細については、NSPEPI ツールを使用したポリシー式の変換を参照してください

  • クラシックポリシーベースの機能や機能はどのリリースから廃止されますか?

    Citrix ADC 12.0ビルド56.20以降。

  • 表に記載されている機能(Citrix ADC 13.0など)をサポートしないビルドにアプライアンスをアップグレードする場合、どのような手順を実行する必要がありますか?

    13.0にアップグレードする前に、Classicポリシーベースの機能を、上記の表1に示す代替機能に置き換えることをお勧めします。

  • Citrix ADCアプライアンスで廃止予定の機能はどれくらいサポートされますか?

    Citrix は、現在のソフトウェアサポートガイドラインに従って、ポリシーベースの機能をサポートしています。詳細については、Citrix ADC製品マトリックスを参照してください

  • 構成ファイルを変換した後、アプライアンスを再起動する必要がありますか?

    はい。ns.configファイルの変換に成功したら、Citrix ADCインスタンスを再起動する必要があります。

従来のポリシー廃止に関する FAQ