Citrix ADC

例12:Citrix ADCアプライアンスでクライアント要求内のホスト名およびURLを変更するように書き換えを構成する

Citrix ADCアプライアンスの書き換え機能は、クライアント要求で使用可能なURLを、バックエンドサーバーが認識できる別のURLに変換するために使用されます。書き換え機能を使用すると、次の利点を得ることができます。

  • クライアントによって要求されるリソースへの実際の URL を非表示にすることで、セキュリティを強化します。

  • 不正なユーザアクセスがネットワークリソースにアクセスするのを防ぎます。

現在の組織が別の組織によって取得されている例を考えてみましょう。管理者は、買収された組織のすべてのユーザーに新しいWebアドレスについて通知することは難しい仕事になります。このシナリオでは、書き換え機能を使用すると、取得した組織のウェブサイトのためのクライアント要求でホスト名やURLを変更することが便利になります。rewrite を使用すると、Web サイトがメンテナンス中のときに、クライアント要求の URL を一時的に変更できます。

次のセクションでは、書き換え機能を使用してクライアント要求のホスト名と URL を変更する手順について説明します。

ユーザーがWebブラウザにhttp://www.example.com URLを入力する例を考えてみましょう。Webサイト管理者は、Citrix ADCアプライアンスにクライアント要求内の前のURLをとして変換することを望んでいますhttp://myexample.example.net.in/resource/inventory/s?t=112

上記の例では、ウェブサイト管理者は、Citrix ADCアプライアンスで「example.com」のドメイン名を「myexample.example.net.in」に置き換え、URLを「resource/inventory/s?t=112」に置き換えることを望んでいます。

CLI を使用して、次の操作を実行します

  1. SSHを使用してCitrix ADCアプライアンスにログオンします。

  2. 書き換えアクションを追加します。

    • add rewrite action rewrite_host_hdr_act replace "HTTP.REQ.HEADER(\"Host\")" "\"myexample.example.net.in\""

    • add rewrite action rewrite_url_act replace HTTP.REQ.URL.PATH_AND_QUERY "\"/resource/inventory/s?t=112\""

  3. 書き換えアクションに書き換えポリシーを追加します。

    • add rewrite policy rewrite_host_hdr_pol "HTTP.REQ.HEADER(\"Host\").CONTAINS(\"www.example.com\") "rewrite_host_hdr_act

    • add rewrite policy rewrite_url_pol "HTTP.REQ.HEADER(\"Host\").CONTAINS(\"www.example.com\") "rewrite_url_act

  4. リライトポリシーを仮想サーバーにバインドします。

    • bind lb vserver rewrite_LB -policyName rewrite_host_hdr_pol -priority 10 -gotoPriorityExpression 20 -type REQUEST

    • bind lb vserver rewrite_LB -policyName rewrite_url_pol -priority 20 -gotoPriorityExpression END -type REQUEST

例12:Citrix ADCアプライアンスでクライアント要求内のホスト名およびURLを変更するように書き換えを構成する