Citrix ADC

高度なフォーム保護チェック

高度なフォーム保護チェックは、Webフォームデータを調べて、攻撃者がWebサイトのWebフォームを変更したり、予期しない種類と量のデータをフォームでWebサイトに送信したりして、システムを危険にさらすことを防ぎます。

[セキュリティチェックからアップロードファイルを除外する] が設定されていない場合、SQL、クロスサイトスクリプティング、FFC、およびFieldFormat保護チェックが適用されます。

ファイルのアップロードは、フォーム送信の一部として送信されるコントロール フィールドを持つフォーム要素でもあります。

詳細については、このページを参照してください。 Forms

高度なフォーム保護チェック