Citrix ADC

署名ルールカテゴリを追加するには

シグニチャルールをカテゴリに配置すると、個々のシグニチャではなく、シグニチャグループのアクションを設定できます。次の理由により、これを行うことができます。

  • 選択の容易さ。たとえば、特定のグループ内のすべてのシグニチャルールが、特定のタイプの Web サーバソフトウェアまたはテクノロジーに対する攻撃から保護されているとします。保護されたWebサイトがそのソフトウェアまたはテクノロジーを使用している場合は、それらすべてを有効にする必要があります。有効になっていない場合は、いずれも有効にしたくありません。
  • 初期設定の容易さ。シグニチャのグループのデフォルトを 1 つずつではなく、カテゴリとして設定するのが最も簡単です。その後、必要に応じて個々のシグニチャに変更を加えることができます。
  • 継続的な構成の容易さ。特定のカテゴリに属するなど、特定の基準を満たすシグニチャだけを表示できる場合は、シグニチャの設定が簡単です。
  1. [セキュリティ] > [Web App Firewall] > [署名] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、構成するシグニチャオブジェクトを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [署名オブジェクトの修正] ダイアログボックスで、画面中央の [フィルタされた結果] ウィンドウの下にある [追加] をクリックします。
  4. [ローカル署名規則の追加] ダイアログボックスで、[カテゴリ] ドロップダウンリストの右側にあるアイコンをクリックします。
  5. [署名規則カテゴリの追加] ダイアログボックスの [新しいカテゴリ] テキストボックスに、新しい署名カテゴリの名前を入力します。名前は 1 ~ 64 文字で構成できます。
  6. [OK] をクリックします。
署名ルールカテゴリを追加するには