Citrix ADC

フォワードプロキシリダイレクトの構成

フォワードプロキシは、クライアントまたはクライアントグループの単一の連絡先です。この構成では、Citrix ADCアプライアンスはキャッシュ不可能な要求をオリジナル・サーバーにリダイレクトし、キャッシュ可能な要求をフォワード・プロキシ・キャッシュまたは透過キャッシュにリダイレクトします。

アプライアンスがフォワード・プロキシとして構成されている場合、ユーザーは、ブラウザが宛先サーバーではなくフォワード・プロキシに要求を送信するようにブラウザを変更する必要があります。

アプライアンス上の転送プロキシキャッシュリダイレクト仮想サーバーは、要求とキャッシュのポリシーを比較します。要求がキャッシュ可能でない場合、アプライアンスはDNSロード・バランシング仮想サーバーに宛先の解決を照会し、その要求をオリジナル・サーバーに送信します。要求がキャッシュ可能な場合、アプライアンスはキャッシュ用の負荷分散仮想サーバーに要求を転送します。

アプライアンスは、リクエストの HOST ヘッダー内のホストドメイン名または IP アドレスを使用して、リクエストされた宛先を決定します。要求にHOSTヘッダーがない場合、アプライアンスは要求内の宛先IPアドレスに基づいてHOSTヘッダーを挿入します。

通常、Citrix ADCアプライアンスは、企業LANのフォワードプロキシとして機能します。このような構成では、アプライアンスはエンタープライズ LAN のエッジにあり、クライアント要求が WAN にファンアウトされる前に傍受します。アプライアンスをフォワードプロキシモードに設定すると、WAN 上のトラフィックが減少します。

フォワードプロキシキャッシュリダイレクトを構成するには、まずアプライアンスのロードバランシングとキャッシュリダイレクトを有効にします。次に、DNS 負荷分散仮想サーバーおよび関連するサービスを構成します。また、負荷分散仮想サーバーを構成し、キャッシュに適切なサービスをバインドします。フォワードプロキシキャッシュリダイレクト仮想サーバーを構成し、DNS およびロードバランシング仮想サーバーをバインドします。また、キャッシュポリシーを構成し、キャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドする必要があります。セットアップを完了するには、フォワードプロキシを使用するようにクライアントブラウザを設定します。

アプライアンスでキャッシュリダイレクトと負荷分散を有効にする方法の詳細については、「 キャッシュのリダイレクトとロードバランシングの有効化」を参照してください。

負荷分散仮想サーバーの作成方法の詳細については、「 負荷分散仮想サーバーを作成する」を参照してください。

キャッシュサーバーを表すサービスを構成する方法の詳細については、「 HTTP サービスの構成」を参照してください。

サービスを仮想サーバーにバインドする方法の詳細については、「 負荷分散仮想サーバーへのサービスのバインド/バインド解除」を参照してください。

フォワードプロキシキャッシュリダイレクトサーバーの作成方法の詳細については、「 キャッシュリダイレクト仮想サーバーの構成」および「TRANSTARENT」または「FORWARD」タイプの仮想サーバーの作成を参照してください。

キャッシュリダイレクトポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドする方法については、「 キャッシュリダイレクトポリシーを構成する」を参照してください。

フォワードプロキシリダイレクトの構成