Citrix ADC

仮想サーバーの負荷分散を有効にして要求をキャッシュにリダイレクトする

負荷分散仮想サーバーが特定の IP アドレスとポートの組み合わせをリッスンするように構成されている場合、そのアドレスとポートの組み合わせを宛先とする要求については、キャッシュリダイレクト仮想サーバーよりも優先されます。したがって、キャッシュのリダイレクト仮想サーバーはこれらの要求を処理しません。

この機能を無効にし、キャッシュのリダイレクト仮想サーバーに要求をキャッシュから処理するかどうかを決定させる場合は、特定の負荷分散仮想サーバーをキャッシュ可能に構成します。

このような構成は通常、ISPがネットワークのエッジでCitrix ADCアプライアンスを使用し、すべてのトラフィックがアプライアンスを通過する場合に使用されます。

CLI を使用して要求をキャッシュにリダイレクトする負荷分散仮想サーバーを有効にする

コマンドプロンプトで入力します。

-  set lb vserver <name> [-cacheable ( YES | NO)]
-  show lb vserver [<name>]
<!--NeedCopy-->

例:

set lb vserver Vserver-LB-CR –cacheable YES
> show lb vserver vserver-LB-CR
        Vserver-LB-CR (10.102.20.30:80) - HTTP  Type: ADDRESS
        State: DOWN
        Last state change was at Fri Jul  2 08:47:52 2010
        Time since last state change: 0 days, 01:05:51.510
        Effective State: DOWN
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Port Rewrite : DISABLED
        No. of Bound Services :  1 (Total)       0 (Active)
        Configured Method: LEASTCONNECTION
        Mode: IP
        Persistence: NONE
        Cacheable: YES  PQ: OFF SC: OFF
        Vserver IP and Port insertion: OFF
        Push: DISABLED  Push VServer:
        Push Multi Clients: NO
        Push Label Rule: none

1) Service-HTTP-1 (10.102.29.40: 80) - HTTP State: DOWN Weight: 1
 Done
<!--NeedCopy-->

トランスペアレントキャッシュリダイレクトの場合、アプライアンスはすべてのトラフィックを代行受信し、すべての要求を評価してキャッシュ可能かどうかを判断します。キャッシュ不可能な要求は、変更されずにオリジンサーバーに送信されます。

トランスペアレントキャッシュリダイレクトを使用する場合、常にトラフィックをオリジンサーバーに送信するロードバランシング仮想サーバーのキャッシュリダイレクトを無効にすることができます。

CLI を使用して負荷分散仮想サーバーのキャッシュを無効にする

ロードバランシング仮想のキャッシュをオフにするには、set lb vserver の代わりに unset lb vserver コマンドを使用します。キャッシュ可能な パラメータに NO 値を指定します。

GUI を使用して要求をキャッシュにリダイレクトする負荷分散仮想サーバーを有効または無効にする

  1. [Traffic Management]>[Load Balancing]>[Virtual Servers]の順に選択します。
  2. 詳細ウィンドウで、キャッシュを有効または無効にする仮想サーバーを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブで、[キャッシュリダイレクト] チェックボックスをオンまたはオフにします。
  4. [OK] をクリックします。