Citrix ADC

コンテンツスイッチングのポリシーを構成する

コンテンツスイッチングポリシーを作成して、あるサーバーまたはファームに送信する特定の種類のコンテンツを識別し、別のキャッシュサーバーまたはファームから配信するその他の種類のコンテンツを識別する必要があります。たとえば、拡張子が.gif および.jpeg のイメージファイルの場所を決定するポリシーを設定できます。

コンテンツスイッチングポリシーを作成する前に、選択する負荷分散仮想サーバーを記述するコンテンツスイッチングアクションを定義する必要があります。このアクションは、コンテンツスイッチングポリシーで使用されます。

コンテンツスイッチングポリシーを定義したら、コンテンツスイッチング仮想サーバーにバインドし、負荷分散仮想サーバーを指定します。ポリシーに一致する要求は、指定された負荷分散仮想サーバーに転送されます。コンテンツスイッチングポリシーに一致しない要求は、キャッシュの既定の負荷分散仮想サーバーに転送されます。

コンテンツスイッチング機能とコンテンツスイッチングポリシーの設定の詳細については、「 コンテンツスイッチング」を参照してください。

コンテンツスイッチングポリシーを作成してから、コンテンツスイッチング仮想サーバーにバインドする必要があります。

コマンド CLI を使用してコンテンツスイッチングポリシーを作成する

コマンドラインで、次のように入力します。

-  add cs action <name> [-targetLBVserver <string> | -targetVserver <string> | -targetVserverExpr <expression>]
-  add cs policy <policyName> -rule <expression> [-action <string>]
-  show cs policy [<policyName>]

<!--NeedCopy-->

例:

> add cs action action-CS-JPEG -targetLBVserver lbcachejpeg
Done
> show cs action action-CS-JPEG
    Name: action-CS-JPEG
    Target LB Vserver: lbcachejpeg
    Hits: 0
    Undef Hits: 0
    Action Reference Count: 0
Done

> add cs policy policy-CS-JPEG -rule 'HTTP.REQ.URL.SUFFIX == "jpeg"' - action action-CS-JPEG
Done
> show cs policy policy-CS-JPEG
    Policy: policy-CS-JPEG Rule: HTTP.REQ.URL.SUFFIX == "jpeg"
    Action: action-CS-JPEG

    HITS: 0
Done
>

> add cs action action-CS-GIF -targetLBVserver lbcachegif
Done
> show cs action action-CS-GIF
    Name: action-CS-GIF
    Target LB Vserver: lbcachegif
    Hits: 0
    Undef Hits: 0
    Action Reference Count: 0

Done
>
> add cs policy policy-CS-GIF -rule 'HTTP.REQ.URL.SUFFIX == "gif"' -action action-CS-GIF
Done
> show cs policy policy-CS-GIF
    Policy: policy-CS-GIF Rule: HTTP.REQ.URL.SUFFIX == "gif"
    Action: action-CS-GIF

    Hits: 0
Done
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してルールベースのコンテンツスイッチングポリシーを作成する

  1. Traffic Management > Content Switching > Policiesに移動します。
  2. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。
  3. [ コンテンツスイッチングポリシーの作成 ] ダイアログボックスの [ 名前 ] ボックスに、ポリシーの名前を入力します。
  4. [ アクション ] タブの [ 追加 ] をクリックして、コンテンツスイッチングアクションを作成します。または、ドロップダウンリストから使用可能なアクションを選択します。
    • 「名前」(Name) タブにコンテンツ・スワース・アクションの名前を入力します
    • ドロップダウンリストから仮想サーバまたは [式] を選択します。
      • 仮想サーバーの負荷分散
      • グローバルサーバ負荷分散仮想サーバ
      • 認証仮想サーバー
      • NetScalar Gateway仮想サーバー
    • 追加 ]または[ 編集 ]をクリックして、 ターゲット負荷分散仮想サーバーを構成します
  5. [ ログアクション ] タブの [ 追加 ] をクリックして、監査メッセージアクションを作成します。または、ドロップダウンリストから使用可能な監査メッセージアクションを選択します。
  6. [ ] 領域で、必要な式のタイプを選択します。
  7. [ 式エディタ ] ダイアログボックスで、使用する式の構文を選択します。

    [ ] 領域で [ 評価 ] をクリックして、式エバリュエーターを評価します。エバリュエータは入力した式を評価して有効であることを確認し、[ 結果 ] 領域に式の効果の分析を表示します。

  8. ポリシー式を入力します。

    高度な構文の使用の詳細については、「 高度なポリシー式の構成:はじめに」を参照してください。

  9. [作成] をクリックします。作成したポリシーが [ コンテンツスイッチングポリシー ] ペインに表示されます。

コンテンツスイッチングポリシーを作成する

CLI を使用してコンテンツスイッチングポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドする

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、コンテンツスイッチングポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドし、構成を確認します。

-  bind cs vserver <name> (-lbvserver <string> | -vServer <string> (-policyName <string> [-targetLBVserver <string>] [-priority<positive_integer>] [-gotoPriorityExpression <expression>] [-type <type>] [-invoke (<labelType> <labelName>) ] )

-  show cs vserver [<name>]
<!--NeedCopy-->

例:

> bind cs vserver Vserver-CR-1 -policyName Policy-CS-JPEG -priority 100
 Done
> bind cs vserver Vserver-CR-1 -policyName Policy-CS-GIF -priority 200
 Done
> show cs vserver Vserver-CR-1
        Vserver-CR-1 (10.102.29.60:80) - HTTP   Type: CONTENT
        State: UP
        Last state change was at Fri Jul  2 12:53:45 2010
        Time since last state change: 0 days, 00:00:58.920
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Appflow loggig: ENABLED
        Port Rewrite : DISABLED
        State Update: DISABLED
        Default:        Content Precedence: RULE
        Cacheable: YES
        Vserver IP and Port insertion: OFF
        L2Conn: OFF    Case Sensitivity: ON
        Authentication: OFF
        401 Based Authentication: OFF
        Push: DISABLED  Push VServer:
        Push Label Rule: none
        HTTP Redirect Port: 0    Dtls:  OFF
        Persistence: NONE
        Listen Policy: NONE
        IcmpResponse: PASSIVE
        RHIstate: PASSIVE
        Traffic Domain:  0

1)      Content-Switching Policy: Policy-CS-JPEG Priority: 100     Hits: 0
2)      Content-Switching Policy: Policy-CS-GIF Priority: 200     Hits: 0
 Done
>
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して、コンテンツスイッチングポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドする

  1. [ トラフィック管理 ] > [ コンテンツスイッチング ] > [ 仮想サーバー] に移動します。

  2. 詳細ウィンドウで、ポリシーをバインドする仮想サーバ (たとえば、 Vserver-CS-1) を選択し、[ Edit] をクリックします。
  3. [ Content Switching Virtual Server ] ダイアログボックスの [ 詳細設定 ] の [ ポリシー] タブで、[ 追加 ] アイコンをクリックし、[ポリシーを選択] と [ 種類の選択] **ドロップダウンリストからポリシーの種類を選択します** 。
  4. [続行] をクリックします。
  5. [ Policy Binding ] タブで、リストから使用可能なポリシーを選択し、[ Select ] をクリックするか、[ Add ] をクリックして新しいポリシーを作成し、[ Create] をクリックします。
  6. [ バインド ] をクリックして、コンテンツスイッチングポリシーを仮想サーバーにバインドします。
  7. 完了] をクリックします。

コンテンツスイッチポリシーのバインド