Citrix ADC

クラスター構成の同期

構成コーディネーターで使用できるCitrix ADC構成は、次の場合にクラスターの他のノードと同期されます。

  • ノードがクラスタに加わる場合
  • ノードがクラスタに再参加する
  • クラスター IP アドレスを介して新しいコマンドが実行されます。

また、構成コーディネーターで使用できる構成 (完全同期) を、特定のクラスタノードに強制的に同期することもできます。一度に 1 つのクラスタノードを同期するようにしてください。同期しないと、クラスタに影響が及ぶ可能性があります。

CLI を使用してクラスター設定を同期するには、次の手順を実行します

設定を同期するアプライアンスのコマンド・プロンプトで、次のように入力します。

force cluster sync

GUI を使用してクラスタ構成を同期するには、次の手順を実行します。

  1. 設定を同期するアプライアンスにログオンします。
  2. [ システム] > [クラスタ] に移動します。
  3. 詳細ウィンドウの [ ユーティリティ] で、[クラスター同期の強制] をクリックします。
  4. OK」をクリックします。

クラスタ設定の同期中に失敗したコマンドの一覧を表示する

同期ステータス strict モードsyncStatusStrictModeが有効になっているクラスタセットアップでは、非 CCO ノードでのクラスタ同期中に失敗したコマンドのリストを表示できます。

show node操作を実行すると、CCO 以外のノードのクラスタ同期状態を判断できます。PARTIAL SUCCESS 同期状態は、クラスタ同期中に非 CCO ノードで一部のコマンドが失敗したことを示します。

CLI を使用してクラスターの同期中にノードで失敗したコマンドの一覧を表示するには、次の手順を実行します。

  • show cluster syncFailures

設定例

    > show cluster node

    1) Node ID: 1
            IP:                  10.102.201.24
            Backplane:           1/1/1
            Health:              UP
            Admin State:         ACTIVE
            Operational State:   ACTIVE(Configuration Coordinator)
            Sync State:          ENABLED
            Priority:            31
            Tunnel Mode:         NONE
            Node Group:          DEFAULT_NG
    2) Node ID: 2
            IP:                  10.102.201.62*
            Backplane:           2/1/1
            Health:              UP
            Admin State:         ACTIVE
            Operational State:   ACTIVE
            Sync State:          PARTIAL SUCCESS
    (Refer the files clus_sync_batch_status.log, sync_route_status.log and sync_clusdiff_status.log in /var/nssynclog directory for list of commands failed)
            Priority:            31
            Tunnel Mode:         NONE
            Node Group:          DEFAULT_NG
    3) Node ID: 3
            IP:                  10.102.201.64
            Backplane:           3/1/1
            Health:              UP
            Admin State:         ACTIVE
            Operational State:   ACTIVE
            Sync State:          PARTIAL SUCCESS
    (Refer the files clus_sync_batch_status.log, sync_route_status.log and sync_clusdiff_status.log in /var/nssynclog directory for list of commands failed)
            Priority:            31
            Tunnel Mode:         NONE
            Node Group:          DEFAULT_NG
    Done

    > show cluster syncFailures

    exec: add system user nsroot "********" -encrypted -externalAuth ENABLED -timeout 900 -logging ENABLED -maxsession 20 -allowedManagementInterface CLI API -devno 32768
    ERROR: Resource already exists
    --
    exec: set interface 2/LO/1 -autoneg ENABLED -haMonitor OFF -haHeartbeat OFF -mtu 1500 -ringtype Elastic -tagall OFF -trunkmode OFF -state ENABLED -lagtype NODE -lacpPriority 32768 -lacpTimeout LONG -throughput 0 -linkRedundancy OFF -bandwidthHigh 0 -bandwidthNormal 0 -intftype Loopback -svmCmd 0 -ifnum 2/LO/1 -lldpmode NONE -lrsetPriority 1024
    ERROR: Operation not allowed on loopback interface.
クラスター構成の同期