Citrix ADC

クラスターファイルの同期

構成コーディネーターで使用できるファイルは、クラスターファイルと呼ばれます。これらのファイルは、ノードがクラスタに追加されたとき、およびクラスタの存続期間中、定期的に他のクラスタノードで自動的に同期されます。また、クラスタファイルを手動で同期することもできます。

重要: クラスタ環境で証明書またはキーファイルを削除すると、ADC アプライアンスでのさらなる構成が制限されます。構成を変更する場合は、ファイルを同じ場所に戻します。

同期される構成コーディネータのディレクトリとファイルは次のとおりです。

  • /nsconfig/ssl/
  • /var/netscaler/ssl/
  • /var/vpn/bookmark/
  • /nsconfig/dns/
  • /nsconfig/monitors/
  • /nsconfig/nstemplates/
  • /nsconfig/ssh/
  • /nsconfig/rc.netscaler
  • /nsconfig/resolv.conf
  • /nsconfig/inetd.conf
  • /nsconfig/syslog.conf
  • /nsconfig/snmpd.conf
  • /nsconfig/ntp.conf
  • /nsconfig/httpd.conf
  • /nsconfig/sshd_config
  • /nsconfig/hosts
  • /nsconfig/enckey
  • /var/nslw.bin/etc/krb5.conf
  • /var/nslw.bin/etc/krb5.keytab
  • /var/lib/likewise/db/
  • /var/download/
  • /var/wi/tomcat/webapps/
  • /var/wi/tomcat/conf/Catalina/localhost/
  • /var/wi/java_home/lib/security/cacerts
  • /var/wi/java_home/jre/lib/security/cacerts
  • /nsconfig/license/
  • /nsconfig/rc.conf

ヒント

手動で (またはシェルを使用して) クラスタ構成コーディネータにコピーされたファイル (証明書およびキーファイル) は、他のクラスタノードでは自動的に使用できません。これらのファイルに依存するコマンドを実行する前に、クラスタ IP アドレスから「sync cluster files」コマンドを実行します。

コマンドラインインターフェイスを使用してクラスタファイルを同期するには

クラスタ IP アドレスのコマンドプロンプトで、次のように入力します。

sync cluster files <mode>

構成ユーティリティを使用してクラスタファイルを同期するには

  1. クラスタ IP アドレスにログオンします。
  2. [ システム] > [クラスタ] に移動します。
  3. 詳細ペインの [ ユーティリティ] で、[クラスターファイルの同期] をクリックします。
  4. [ クラスタファイルの同期 ] ダイアログボックスで、[モード] ドロップダウンリストで同期するファイルを選択します。
  5. OK」をクリックします。
クラスターファイルの同期