Citrix ADC

リンクセットの構成

リンクセットは、同じブロードキャストドメインに属するクラスターノードのインターフェイスのグループです。リンクセットでは、各ノードには、他のノードのどのインターフェイスが同じブロードキャストドメインに接続されているかに関する情報があります。

次のシナリオでは、リンクセットは必須の設定です。

  • MAC ベースフォワーディング(MBF)が必要な配置の場合。
  • 仮想サーバで有効になっている「-m MAC」モードと MBF モードがグローバルに有効になっている。
  • インターフェイスに関係する ACL および L2 ポリシーの管理性を向上させるため。インターフェイスのリンクセットを定義し、リンクセットに基づいて ACL および L2 ポリシーを追加します。

クラスター設定では、次の機能は内部でMBFを使用します。

  • 転送セッション
  • L2Conn
  • MACモード仮想サーバー
  • 透明モニター
  • LLB

リンクセットは、クラスター IP アドレスを使用してのみ構成する必要があります。

3ノードクラスターの例を考えてみましょう。次の図では、インターフェイス 0/1/2, 1/1/2, そして 2/1/2 同じブロードキャストドメインにあるため、リンクセットとして構成できます (LS/1).

図1:リンクセットトポロジ

リンクセットトポロジ

図2:リンクセットを使用したトラフィック分散フロー

リンクセットのフローチャート

CLIを使用してリンクセットを構成するには

  1. クラスタ IP アドレスにログオンします。

  2. リンクセットを作成します。

    ```add linkset

    
    **例**
    
    ```add linkset LS/1<!--NeedCopy-->
    
  3. 必要なインターフェースをリンクセットにバインドします。インターフェイスがクラスタバックプレーンに使用されていないことを確認します。

    ```bind linkset -ifnum ...

    
    **例**
    
    ```bind linkset LS/1 -ifnum 0/1/2 1/1/2 2/1/2<!--NeedCopy-->
    
  4. リンクセットの設定を確認します。

    ```show linkset

    
    **例**
    
    ```show linkset LS/1<!--NeedCopy-->
    

    bind vlan コマンドを使用して、リンクセットをVLANにバインドできます。リンクセットのインターフェイスは、自動的に VLAN にバインドされます。

GUIを使用してリンクセットを構成するには

  1. クラスタ IP アドレスにログオンします。
  2. [システム] > [ネットワーク] > [リンクセット] に移動します。
  3. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。
  4. [リンクセットを作成] ダイアログボックスで、次の操作を行います。
    • Link set パラメータを設定して、リンク セットの名前を指定します。
    • リンクセットに追加する インターフェイスを 指定し、[Add] をクリックします。リンクセットに追加するインターフェイスごとに、この手順を繰り返します。
  5. [Create] をクリックしてから、[Close] をクリックします。
リンクセットの構成