Citrix ADC

スポット構成および部分ストライプ構成のノードグループ

デフォルトのクラスタ動作により、クラスタ IP アドレスで実行されるすべての構成は、クラスタのすべてのノードで使用できます。ただし、特定のクラスターノードでのみ使用できる構成が必要な場合があります。

この要件を達成するには、特定のクラスターノードを含むノードグループを定義してから、そのノードグループに構成をバインドします。これにより、構成がそれらのクラスターノードでのみアクティブになります。これらの構成は、部分的なストライプまたはスポットと呼ばれます(アクティブな場合は単一ノードが1つだけ)。詳しくは、「ストライピング、部分ストライピング、およびスポット設定」を参照してください。

たとえば、3 つのノードを持つクラスターを考えてみましょう。ノードn1を含むノードグループNG0と、n2とn3を含む別のノードグループNG1を作成します。負荷分散仮想サーバー0.77をNG0にバインドし、負荷分散仮想サーバー0.69をNG1にバインドします。

これは、仮想サーバー0.77がn1でのみアクティブであるため、n1のみが0.77に向けられたトラフィックを受信することを意味します。同様に、仮想サーバー0.69はノードn2とn3でのみアクティブであるため、n2とn3のみが0.69に向けられたトラフィックを受信します。

図1:スポット構成および部分ストライプ構成用に構成されたノードグループを備えたCitrix ADCクラスター

部分的に斑点がある

ノードグループにバインドできるエンティティまたは構成は次のとおりです。

  • 負荷分散、コンテンツの切り替え、キャッシュのリダイレクト、認証、承認、および仮想サーバーの監査

    FTP負荷分散仮想サーバーをノードグループにバインドすることはできません。

  • VPN仮想サーバー(NetScaler 10.5ビルド50.10以降でサポートされています)
  • グローバルサーバー負荷分散(GSLB)サイトおよびその他のGSLBエンティティ(NetScaler 10.5ビルド52.11以降でサポートされています)
  • 制限識別子とストリーム識別子
スポット構成および部分ストライプ構成のノードグループ