Citrix ADC

ノードグループの冗長性の構成

NetScaler 10.5ビルド52.1115.e以降でサポートされています。

ノードグループは、1つのノードグループがダウンしたときに、別のノードグループがトラフィックを引き継いで処理できるように構成できます。たとえば、ノードグループNG1がダウンすると、NG2が引き継ぎます。

この機能を使用して、各ノードグループがデータセンターとして構成されているデータセンターの冗長性を構成できます。

このユースケースを実現するには、クラスターノードをノードグループに論理的にグループ化する必要があります。この場合、一部のノードグループはアクティブとして構成され、他のノードグループはスペアとして構成されます。優先度が最も高い(つまり、優先度が最も低い)アクティブノードグループは、操作上アクティブになり、トラフィックを処理します。この操作上アクティブなノードグループのノードがダウンすると、このノードグループのノード数が、他のアクティブなノードグループのノード数と優先度の順に比較されます。ノードグループのノード数がそれ以上の場合、そのノードグループは操作上アクティブになります。それ以外の場合は、スペアノードグループがチェックされます。

  • 特定の時点でアクティブにできるのは、1つの状態固有のノードグループのみです。
  • クラスタノードは、ノードグループの状態を継承します。したがって、「SPARE」状態のノードが「ACTIVE」状態のノードグループに追加されると、そのノードは自動的にアクティブノードとして動作します。
  • クラスタインスタンスに定義されているプリエンプションパラメータは、最初のアクティブノードグループが再び起動したときに制御を取得するかどうかを決定します。
  • スペアノードグループは、アクティブなノードグループがダウンしたときに、ノードグループとホストアクティブなトラフィックを占有できます。

次の図は、ノードグループの冗長性が定義されているノードグループのセットアップを示しています。NG1は、最初はアクティブノードグループです。ノードの1つが失われると、優先度が最も高いスペアノードグループ(NG3)がトラフィックの処理を開始します。

図1:ノードグループの冗長性が構成されたCitrix ADCクラスター。

ノードグループの冗長性

ノードグループの冗長性の構成

  1. クラスタ IP アドレスにログオンします。

  2. アクティブノードグループを作成し、必要なクラスターノードをバインドします。

    > add cluster nodegroup NG1 -state ACTIVE
    > bind cluster nodegroup NG1 -node n1
    > bind cluster nodegroup NG1 -node n2
    > bind cluster nodegroup NG1 -node n3
    
  3. スペアノードグループを作成し、必要なノードをバインドします。

    > add cluster nodegroup NG2 -state SPARE -priority 20
    > bind cluster nodegroup NG2 -node n4
    > bind cluster nodegroup NG2 -node n5
    > bind cluster nodegroup NG2 -node n6
    
  4. 別のスペアノードグループを作成し、必要なノードをバインドします。

    > add cluster nodegroup NG3 -state SPARE -priority 10
    > bind cluster nodegroup NG3 -node n7
    > bind cluster nodegroup NG3 -node n8
    > bind cluster nodegroup NG3 -node n9
    
ノードグループの冗長性の構成