Citrix ADC

所有者ノードの応答ステータスの設定

スポットされたSNIPアドレスを持つノードでownerDownResponseオプションを構成できます。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。これにより、ノードが非アクティブのときに、検出されたIPアドレスが(アップストリームルーターからの)PINGまたはARP要求に応答できるようになります。このオプションを無効にすると、所有者ノードが非アクティブのとき、IP アドレスはルーター要求に応答できません。

ECMP 展開でスタティックルートのモニタリングにこの機能がどのように使用されるかについては、「 等コストマルチパス (ECMP) の使用 」トピックを参照してください。

Citrix ADC CLI を使用して所有者ノードの応答ステータスを設定するには

コマンドプロンプトで入力します。

add ns ip <IPAddress> [-ownerNode <positive_integer>] [-ownerDownResponse (YES | NO )] [-td <positive_integer>]

add ns ip 2.2.2.2 255.255.255.0 -ownernode 6 –ownerdownResponse YES

Citrix ADC GUIを使用して所有者ノードの応答ステータスを設定するには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、[追加] をクリックして、スポッティング SNIP アドレスを作成します。
  2. [ IPアドレス の作成]ページで、[ ownerDownResponse] チェックボックスをオンまたはオフにします。

Citrix ADC GUIを使用して所有者ノードの応答ステータスを編集するには

[システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、IP アドレスを選択し、[編集] をクリックして [ownerDownResponse] チェックボックスをオンまたはオフにします。