Citrix ADC

スポッティングクラスタ構成内の非アクティブなノードに対するスタティックルート (MSR) サポートの監視

ルートでMSRオプションを有効にしてセットアップされたクラスターでは、アクティブノードのみが静的ルートをプローブできます。非アクティブでスペアノードがルートにリンクしておらず、プローブできない間は、ネットワークに到達できます。PING および ARP プローブを IPv4 ルートに送信し、ping6 および nd6 プローブを IPv6 ルートに送信するように、非アクティブまたはスペアノードを設定できるようになりました。これは、SNIPアドレスがアクティブであり、1つのノードのみが独占的に所有しているスポットクラスター構成でのみ実行できます。

スポッティングクラスタ構成内の非アクティブなノードに対するスタティックルート (MSR) サポートの監視

この記事の概要