Citrix ADC

前提条件

クラスタに追加するCitrix ADCアプライアンス(MPX、VPX、SDX ADC、BLX)は、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • すべてのアプライアンスのソフトウェアバージョンとビルドが同じである必要があります。
  • すべてのアプライアンスは、同じプラットフォームタイプである必要があります。つまり、クラスタには、すべてのハードウェアアプライアンス(Citrix ADC MPX)またはすべてのCitrix ADC VPXアプライアンス、またはすべてのCitrix BLXアプライアンス、またはすべてのCitrix SDX ADCインスタンスが必要です。

    注:

    • ハードウェアアプライアンス (MPX) のクラスタの場合、アプライアンスは同じモデルタイプである必要があります。
    • 異機種混在クラスタを形成するには、すべてのアプライアンスが MPX プラットフォームタイプである必要があります。
    • 仮想アプライアンスのクラスタ(VPX)の場合、アプライアンスはXenServer、Hyper-V、VMware ESX、KVMのハイパーバイザーに展開する必要があります。
    • SDX Citrix ADCインスタンスのクラスターの設定については、 Citrix ADCインスタンスのクラスターの設定を参照してください
    • ジャンボフレームは、Citrix ADC SDXインスタンスで構成されるCitrix ADCクラスターでサポートされます。
    • SDX インスタンスの L3 クラスタを作成できます。
    • Citrix ADC BLXクラスターの設定の詳細については、 Citrix ADC BLXクラスターを参照してください
  • アプライアンスは異なるネットワークに属することができます。

  • 最初に構成され、共通のクライアント側およびサーバー側のネットワークに接続されている。

  • 大規模な構成を持つ仮想アプライアンス(Citrix ADC VPX、Citrix ADC BLX、またはCitrix SDX ADCインスタンス)のクラスタでは、クラスタの各ノードに6 GB RAMを使用することをお勧めします。
前提条件