Citrix ADC

Citrix ADC クラスターを作成する

クラスターを作成するには、まず、クラスターに追加するCitrix ADCアプライアンスのいずれかを使用します。このノードでは、クラスタインスタンスを作成し、クラスタIPアドレスを定義する必要があります。このノードは最初のクラスターノードであり、クラスター構成コーディネーター(CCO)と呼ばれます。クラスター IP アドレスで実行されるすべての構成は、このノードに格納され、他のクラスターノードに伝達されます。

クラスター内のCCOの責任は、特定のノードに固定されていません。次の要因によって、時間の経過とともに変化する可能性があります。

  • ノードの優先順位。優先度が最も高い(優先度が最も低い)ノードがCCOになります。したがって、既存のCCOよりも低い優先順位番号のノードが追加されると、新しいノードがCCOとして引き継がれます。

    ノードの優先順位は、NetScaler 10.1以降から構成できます。

  • 現在のCCOがダウンした場合、次に優先度の低いノードがCCOとして引き継ぎます。優先度が設定されていない場合、または優先度番号が最も小さいノードが複数ある場合は、使用可能なノードの1つからCCOが選択されます。

アプライアンスの構成(SNIPアドレスとVLANを含む)は、 clear ns config extended コマンドを暗黙的に実行することによってクリアされます。ただし、デフォルトの VLAN と NSVLAN はアプライアンスからはクリアされません。したがって、クラスタに NSVLAN が必要な場合は、アプライアンスをクラスタに追加する前にNSVLAN が作成されていることを確認してください。L3 クラスタ(異なるネットワーク上のクラスタノード)の場合、ネットワーク設定はアプライアンスから消去されません。

重要

クラスタ設定の HA モニタ (HAMON) は、各ノードのインターフェイスの健全性を監視するために使用されます。インターフェイスの状態を監視するには、各ノードで HAMON パラメータを有効にする必要があります。何らかの理由で HAMON 対応インターフェイスの動作状態がダウンした場合、それぞれのクラスタノードは Unhealthy(NOT UP)としてマークされ、そのノードはトラフィックを処理できません。

コマンドラインインターフェイスを使用してクラスターを作成するには

  1. クラスタに追加するアプライアンス(たとえば、NSIP アドレスが 10.102.29.60 のアプライアンス)にログオンします。

  2. クラスターインスタンスを追加します。

    add cluster instance <clId> -quorumType <NONE | MAJORITY> -inc <ENABLED | DISABLED> -backplanebasedview <ENABLED | DISABLED><!--NeedCopy-->

       -  クラスタインスタンス ID は、LAN 内で一意である必要があります。
    
    • 次のシナリオでは、-quorumType パラメータを [MAJORITY] に設定し、[なし] に設定する必要があります。
      • クラスタノード間に冗長リンクがないトポロジ。これらのトポロジは、単一障害点のためにネットワークパーティションになりやすい可能性があります。
      • ノードの追加や削除などのクラスタ操作中。
    • L3 クラスタの場合は、-inc パラメータが ENABLED に設定されていることを確認します。L2 クラスタでは、-inc パラメータを無効にする必要があります。
    • -backplanebasedviewパラメータが有効の場合、動作ビュー(トラフィックを処理するノードのセット)は、バックプレーンインターフェイスだけで受信されたハートビートに基づいて決定されます。デフォルトでは、このパラメータは無効になっています。このパラメータが無効の場合、ノードはバックプレーン上のハートビート受信だけに依存しません。
  3. [L3 クラスタの場合のみ] 、ノードグループを作成します。次のステップでは、新しく追加されたクラスタノードをこのノードグループに関連付ける必要があります。

    このノードグループには、同じネットワークに属するCitrix ADCアプライアンスのすべてまたはサブセットが含まれます。

    add cluster nodegroup <name><!--NeedCopy-->

  4. Citrix ADCアプライアンスをクラスターに追加します。

    ```add cluster node -state -backplane -nodegroup

    
    > **注:** L3 クラスタの場合:
    >
    >-  ノードグループパラメータは、作成されるノードグループの名前に設定する必要があります。
    >-  ネットワーク内のノードが相互に通信できるように、複数のノードを持つノードグループに関連付けられているノードにはバックプレーンパラメータが必須です。</span>
    
    例:
    
    L2 クラスターのノードを追加する (すべてのクラスターノードが同じネットワークにある)。
    
    

    add cluster node 0 10.102.29.60 -state PASSIVE -backplane 0/1/1

    
      各ネットワークの 1 つのノードを含む L3 クラスタのノードを追加します。ここでは、バックプレーンを設定する必要はありません。
    
    

    add cluster node 0 10.102.29.60 -state PASSIVE -nodegroup ng1

    
      各ネットワークからの複数のノードを含む L3 クラスタのノードを追加します。ここでは、ネットワーク内のノードが互いに通信できるように、バックプレーンを設定する必要があります。
    
    

    add cluster node 0 10.102.29.60 -state PASSIVE -backplane 0/1/1 -nodegroup ng1 ```

  5. このノードでクラスター IP アドレス (10.102.29.61 など) を追加します。

    add ns ip <IPAddress> <netmask> -type clip
    <!--NeedCopy-->
    

    > add ns ip 10.102.29.61 255.255.255.255 -type clip
    <!--NeedCopy-->
    
  6. クラスタインスタンスを有効にします。

    enable cluster instance <clId><!--NeedCopy-->

  7. 構成を保存します。

    save ns config<!--NeedCopy-->

  8. アプライアンスをウォーム再起動します。

    reboot -warm<!--NeedCopy-->

    show cluster instance コマンドを使用して、クラスタ設定を確認します。コマンドの出力に、クラスタのノードとしてアプライアンスの NSIP アドレスが表示されていることを確認します。

  9. ノードが UP になったら、CLIP にログインし、クラスタ IP アドレスとノード IP アドレスの両方の RPC 資格情報を変更します。RPC ノードのパスワードの変更の詳細については、「 RPC ノードのパスワードを変更する」を参照してください。

GUIを使用してクラスターを作成するには

  1. クラスタに追加するアプライアンス(たとえば、NSIP アドレスが 10.102.29.60 のアプライアンス)にログオンします。
  2. [システム] > [クラスタ] に移動します。
  3. 詳細ペインで、[クラスターの管理] リンクをクリックします。
  4. [クラスタ構成] ダイアログボックスで、クラスタの作成に必要なパラメータを設定します。パラメータの説明を参照するには、対応するテキストボックスにマウスカーソルを合わせます。
  5. [作成] をクリックします。
  6. [クラスターインスタンスの構成] ダイアログボックスで、[クラスターインスタンスの有効化] チェックボックスをオンにします。
  7. [クラスタノード] ペインで、ノードを選択し、[開く] をクリックします。
  8. [クラスタノードの構成] ダイアログボックスで、[状態] を設定します。
  9. [OK] をクリックし、[保存] をクリックします。
  10. アプライアンスをウォーム再起動します。
  11. ノードが UP になったら、CLIP にログインし、クラスタ IP アドレスとノード IP アドレスの両方の RPC 資格情報を変更します。RPC ノードのパスワードの変更の詳細については、「 RPC ノードのパスワードを変更する」を参照してください。

クラスタの同期状態に対する厳密なモードのサポート

構成を適用するときにエラーを表示するようにクラスタノードを構成できるようになりました。クラスター内の各ノードのステータスを追跡するために、新しいパラメーター「syncStatusStrictMode」がクラスターインスタンスの追加コマンドと設定コマンドの両方に導入されました。デフォルトでは、「SyncStatusStrictMode」パラメータは無効になっています。

CLI を使用して厳密モードを有効にするには

コマンドプロンプトで入力します。

set cluster instance <clID> [-syncStatusStrictMode (ENABLED | DISABLED)]

例:

set cluster instance 1 –syncStatusStrictMode ENABLED

CLI を使用して strict モードのステータスを表示するには

    >show cluster instance
    1) Cluster ID: 1
        Dead Interval: 3 secs
        Hello Interval: 200 msecs
        Preemption: DISABLED
        Propagation: ENABLED
        Quorum Type: MAJORITY
        INC State: DISABLED
        Process Local: DISABLED
        Retain Connections: NO
        Heterogeneous: NO
        Backplane based view: DISABLED
        Cluster sync strict mode: ENABLED
        Cluster Status: ENABLED(admin), ENABLED(operational), UP

      WARNING(s):
        (1) - There are no spotted SNIPs configured on the cluster. Spotted SNIPs can help improve cluster performance

        Member Nodes:
        Node ID     Node IP      Health     Admin State  Operational State
        -------     -------      ------     -----------  -----------------
    1)      1           192.0.2.20      UP         ACTIVE       ACTIVE(Configuration Coordinator)
    2)      2           192.0.2.21      UP         ACTIVE       ACTIVE
    3)      3           192.0.2.19*     UP         ACTIVE       ACTIVE
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してクラスターノードの同期失敗の理由を表示するには

  1. [システム] > [クラスタ] > [クラスタノード] に移動します。
  2. [ クラスターノード] ページで、右端までスクロールして、クラスターノードの同期失敗の理由の詳細を表示します。
Citrix ADC クラスターを作成する