Citrix ADC

クラスタリンクアグリゲーションの使用

クラスターリンクアグリゲーションは、クラスターノードのインターフェイスのグループです。これは、Citrix ADC リンクアグリゲーションを拡張したものです。唯一の違いは、リンクアグリゲーションでは、同じデバイスからのインターフェイスが必要ですが、クラスタリンクアグリゲーションでは、インターフェイスはクラスタの異なるノードからのものであることです。リンク集約の詳細については、「リンク集約の設定」を参照してください。

重要

  • クラスタリンク集約は、ハードウェア(MPX)アプライアンスのクラスタでサポートされています。

  • クラスタリンクアグリゲーションは、ESXおよびKVMハイパーバイザーに展開された仮想(VPX)アプライアンスのクラスタでサポートされますが、以下の制限があります。

  • 専用インターフェースを使用する必要があります。これは、インターフェースを他の仮想マシンと共有してはならないことを意味します。

  • ノードがINACTIVEになると、対応するクラスターLAインターフェースはpower DOWNとしてマークされるため、データトラフィックはINACTIVEノードに送信されません。

  • ノードがACTIVEになると、対応するクラスターLAインターフェースは電源オンとしてマークされます。

  • クラスタリンクアグリゲーションメンバーインターフェイスが手動で無効になっている場合、またはクラスタリンクアグリゲーション自体が手動で無効になっている場合、インターフェイスのパワーダウン機能はLACPタイムアウトメカニズムによってのみ実現されます。

  • ジャンボ MTU は、LACP クラスタリンク集約ではサポートされません。

注: クラスタリンクアグリゲーションは、XenServer、AWS、およびHyper-VにデプロイされたVPXアプライアンスではサポートされません。

  • 12. 0 リリース以降、Citrix ADC SDX アプライアンスでクラスタリンクアグリゲーションがサポートされています。
  • クラスタLAにバインドできるインターフェイスの数は16です(各ノードから)。クラスタLAのインターフェイスの最大数は(16 * n)、ここでnはクラスター内のノードの数です。クラスタLAのインターフェイスの総数は、アップストリームスイッチのすべてのポートチャネルのインターフェイスの数によって異なります。
  • Citrix ADCアプライアンスがIntelFortvilleインターフェースを使用している場合、クラスターノードをパッシブモードに切り替えると、CLAGが数秒間停止する可能性があります。この問題は、CLAG が正しく機能するように LACP が有効になっており、停止時間は NIC LACP タイマーによって異なるために発生します。

たとえば、3 つのノードすべてがアップストリームスイッチに接続されている 3 ノードのクラスタを考えてみます。クラスタ LA チャネル(CLA/1)は、インターフェイス 0/1/2、1/1/2、および 2/1/2 のバインディングによって形成されます。

図1:クラスタリンク集約トポロジ

CLAGトポロジー

クラスター LA チャネルには、次の属性があります。

  • 各チャネルには、クラスタノードによって合意された一意の MAC があります。
  • チャネルは、ローカルノードとリモートノードの両方のインターフェイスをバインドできます。
  • クラスタでは、最大 4 つのクラスタ LA チャネルがサポートされます。
  • バックプレーンインターフェイスは、クラスタ LA チャネルの一部にはできません。
  • インターフェイスがクラスタ LA チャネルにバインドされている場合、チャネルパラメータはネットワークインターフェイスパラメータよりも優先されます。ネットワークインターフェイスは、1 つのチャネルにのみバインドできます。
  • クラスタノードへの管理アクセスは、クラスタ LA チャネル(CLA/1 など)またはそのメンバインターフェイス上で設定しないでください。これは、ノードがINACTIVEの場合、対応するクラスターLAインターフェースがパワーダウンとしてマークされ、管理アクセスが失われるためです。

図2:クラスタ LA を使用したトラフィック分散フロー

CLAGフローチャート

Citrix ADC MPX 上のクラスタ LA のバックアップとリストアのサポート

Citrix ADC MPXでLAのクラスター設定をバックアップおよび復元できます。クラスタLA MACアドレスは、クラスタノードの物理インターフェイスMACアドレスとは無関係であり、バックアップおよび復元プロセスの後に変更される可能性があります。クラスタLAは、クラスタ復元プロセスが完了した後、トラフィックを処理できます。バックアップと復元の詳細については、「クラスタセットアップのバックアップと復元」を参照してください。

クラスタリンクアグリゲーションの使用