Citrix ADC

リンク集約の設定

リンクアグリゲーションは、複数のポートからのデータを 1 つの高速リンクに結合します。リンクアグリゲーションを設定すると、Citrix ADCアプライアンスと他の接続デバイス間の通信チャネルの容量と可用性が向上します。集約リンクは「チャネル」とも呼ばれます。チャネルは手動で設定することも、リンクアグリゲーション制御プロトコル(LACP)を使用することもできます。LACP は、手動で設定されたチャネルに適用することも、LACP によって作成されたチャネルを手動で設定することもできません。

ネットワークインターフェイスをチャネルにバインドした場合、チャネルのパラメーターは、ネットワークインターフェイスのパラメーターよりも優先されます。(つまり、ネットワークインターフェースパラメータは無視されます)。 ネットワークインターフェイスは、1 つのチャネルにしかバインドできません。

ネットワークインターフェイスがチャネルにバインドされると、その VLAN 設定はドロップされます。ネットワークインターフェイスが手動またはLACPによってチャネルにバインドされると、元々属していたVLANから削除され、デフォルトのVLANに追加されます。ただし、チャネルを元のVLANや新しいVLANにバインドすることができます。たとえば、ネットワークインターフェイスをバインドする場合 1/2 そして 1/3 ID 2のVLANに接続し、それらをチャネルにバインドします LA/1, ネットワークインターフェイスはデフォルトのVLANに移動されますが、VLAN2にバインドして戻すことができます。

リンクアグリゲーションを手動で構成する

リンクアグリゲーションチャネルを作成すると、アクティブなインターフェイスをバインドするまで、その状態はDOWNになります。チャネルはいつでも変更できます。チャネルを削除することも、 enable/disable それら。

CLI のプロシージャ

CLIを使用してリンクアグリゲーションチャネルを作成するには:

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add channel <id> [-ifnum <interfaceName> …] [-state ( ENABLED | DISABLED )] [-speed <speed>] [-flowControl <flowControl>] [-haMonitor ( ON | OFF )][-tagall ( ON | OFF )] [-ifAlias <string>] [-throughput <positive_integer>]][-bandwidthHigh <positive_integer> [-bandwidthNormal <positive_integer>]
  • show channel

例:

> add channel LA/1 -ifnum 1/8
Done

CLIを使用して、既存のリンクアグリゲーションチャネルにインターフェイスをバインドまたはバインド解除するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のコマンドのいずれかを入力します。

  • bind channel <id> <interfaceName>
  • unbind channel <id> <interfaceName>

例:

bind channel LA/1 1/8

CLIを使用してリンクアグリゲーションチャネルを変更するには:

コマンドプロンプトで、 set channelコマンド、チャネルID、および変更するパラメータを新しい値とともに入力します。

CLIを使用してリンクアグリゲーションチャネルを削除するには:

重要:チャネルが削除されると、それにバインドされたネットワークインターフェイスがネットワークループを引き起こし、ネットワークパフォーマンスが低下します。チャネルを削除する前に、ネットワークインターフェイスを無効にする必要があります。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • rm channel <id>

例:

> rm channel LA/1
 Done

GUIのプロシージャ

GUIを使用してリンクアグリゲーションチャネルを設定するには:

システムに移動 > 通信網 > チャンネル、新しいチャンネルの追加、または既存のチャンネルの編集。

GUIを使用してリンクアグリゲーションチャネルを削除するには:

重要:

チャネルが削除されると、それにバインドされたネットワークインターフェイスがネットワークループを引き起こし、ネットワークパフォーマンスが低下します。チャネルを削除する前に、ネットワークインターフェイスを無効にする必要があります。

システムに移動 > 通信網 > チャネルで、削除するチャネルを選択し、[削除]をクリックします。

リンクアグリゲーション制御プロトコルを使用したリンクアグリゲーションの設定

リンクアグリゲーション制御プロトコル(LACP)を使用すると、ネットワークデバイスはLACPデータユニット(LACPDU)を交換することにより、リンクアグリゲーション情報を交換できます。したがって、手動で作成したチャネルのメンバーであるネットワークインターフェイスで LACP を有効にすることはできません。

LACPを使用してリンクアグリゲーションを設定する場合、リンクアグリゲーションチャネルの変更には、リンクアグリゲーションチャネルの作成とは異なるコマンドとパラメータを使用します。チャネルを削除するには、チャネルの一部であるすべてのインターフェイスで LACP を無効にする必要があります。

注: 高可用性設定では、LACP 設定は伝播も同期もされません。

LACPシステム優先度の構成

LACPシステムの優先順位は、LACP LAチャネルのどのピアデバイスがLAチャネルを制御できるかを決定します。この番号は、アプライアンスのすべてのLACPチャネルにグローバルに適用されます。この値が小さいほど優先度が高くなります。

CLIを使用してLACPシステムの優先順位を設定するには:

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、スタンドアロンアプライアンスの優先度を設定し、構成を確認します。

  • set lacp -sysPriority <positive_integer>
  • show lacp

例:

set lacp -sysPriority 50

特定のクラスターノードの優先度を設定するには、クラスターIPアドレスにログオンし、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。

  • set lacp -sysPriority <positive_integer> -ownerNode <positive_integer>
  • show lacp

例:

set lacp -sysPriority 50 -ownerNode 2

GUIを使用してLACPシステムの優先度を設定するには:

  1. システムに移動 > 通信網 > インターフェイスと、[アクション]リストで[LACPの設定]を選択します。
  2. システムの優先順位と所有者ノードを指定します(クラスター設定にのみ適用可能)。

リンクアグリゲーションチャネルの作成

LACP を使用してリンク集約チャネルを作成するには、LACP を有効にし、チャネルの一部にする各インターフェイスで同じ LACP キーを指定する必要があります。たとえば、インターフェイス 1/1 および 1/2 で LACP を有効にし、LACP キーを 3 に設定すると、リンク集約チャネル LA/3 が作成され、インターフェイス 1/1 および 1/2 が自動的にバインドされます。

注:

  • ネットワークインターフェイスで LACP を有効にする場合は、LACP キーを指定する必要があります。

  • デフォルトでは、LACP はすべてのネットワークインターフェイスで無効になっています。

CLIを使用してLACPチャネルを作成するには:

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set interface <id> [-lacpMode <lacpMode>] [-lacpKey<positive_integer>] [-lacpPriority <positive_integer>] [-lacpTimeout (LONG | SHORT )]
  • インターフェースを表示 [<id>]

GUIを使用してLACPチャネルを作成するには:

システムに移動 > 通信網 > インターフェイス、ネットワークインターフェイスを開き、パラメータを設定します。

リンクアグリゲーションチャネルの変更

インターフェイスを指定してLACPチャネルを作成した後、チャネルのプロパティを変更できます。

CLIを使用してLACPチャネルを変更するには:

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set channel <id> [-ifnum <interfaceName> …] [-state ( ENABLED | DISABLED )] [-speed <speed>] [-flowControl <flowControl>] [-haMonitor ( ON | OFF )] [-ifAlias <string>] [-throughput <positive_integer>] [-tagall (ON | OFF)]][-bandwidthHigh <positive_integer> [-bandwidthNormal <positive_integer>]
  • show channel

例:

> set channel LA/3 -state ENABLED -speed 10000
 Done

GUIを使用してLACPチャネルを変更するには:

システムに移動 > 通信網 > チャネル、および既存のLACPチャネルを変更します。

リンクアグリゲーションチャネルの削除

LACP を使用して作成されたリンク集約チャネルを削除するには、チャネルの一部であるすべてのインターフェイスで LACP を無効にする必要があります。

CLIを使用してLACPチャネルを削除するには:

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set interface <id> -lacpMode Disable
  • インターフェースを表示 [<id>]

GUIを使用してLACPチャネルを削除するには:

システムに移動 > 通信網 > インターフェイス、ネットワークインターフェイスを開き、[LACPを有効にする]オプションをオフにします。

LACPチャネルを使用したリンク冗長性

LACPチャネルを使用したリンク冗長性により、Citrix ADCはLACPチャネルを論理サブチャネルに分割し、1つのサブチャネルをアクティブにし、他のサブチャネルをスタンバイモードにすることができます。アクティブなサブチャネルがスループットの最小しきい値を満たしていない場合、スタンバイサブチャネルの1つがアクティブになり、引き継ぎます。

サブチャネルは、LACPチャネルの一部であり、特定のデバイスに接続されているリンクから作成されます。たとえば、Citrix ADCに4つのインターフェイスがあり、2つのインターフェイスがデバイスAに接続され、他の2つがデバイスBに接続されているLACPチャネルの場合、ADCは2つの論理サブチャネルを作成します。1つのサブチャネルにはデバイスAへの2つのリンクがあります。デバイスBへの2つのリンクを持つ別のサブチャネル。

LACPチャネルのリンク冗長性を設定するには、アクティブなサブチャネルが満たす最小スループットしきい値(Mbps単位)を指定するlrMinThroughputパラメータを設定します。このパラメータを設定すると、サブチャネルが自動的に作成されます。アクティブチャネルでサポートされている最大スループットがlrMinThroughput値を下回ると、リンクフェイルオーバーが発生し、スタンバイサブチャネルがアクティブになります。

LACP チャネルの lrMinThroughput パラメータを設定解除するか、値をゼロに設定した場合、そのチャネルのリンク冗長性は無効になります(デフォルト設定)。

Citrix ADC NS1とスイッチSW1およびSW2の間に構成されたリンク冗長性の例を考えてみましょう。

lr lacp

NS1は、SW1およびSW2を介してネットワークデバイスNW-Aに接続されます。 NS1では、LACPチャネル LA/1 インターフェイスから作成されます 1/1, 1/2, 1/3, そして 1/4. インターフェイス 1/1 そして 1/2 NS1のはSW1に接続され、インターフェイス 1/3 そして 1/4 SW2に接続されています。4つのリンクはそれぞれ、1000Mbpsの最大スループットをサポートします。 lrMinThroughputパラメータが何らかの値(たとえば2000)に設定されている場合、NS1はから2つの論理サブチャネルを作成します。 LA/1, インターフェイスを使用する1つのサブチャネル(たとえばサブチャネル1) 1/1 そして 1/2 (SW1に接続)、およびインターフェイスを使用する他のサブチャネル(サブチャネル2) 1/3 そして 1/4 (SW2に接続)。

NS1は、アルゴリズムを適用して、一方のサブチャネル(たとえば、サブチャネル1)をアクティブにし、もう一方をスタンバイにします。NS1とネットワークデバイスNW-Aは、アクティブなサブチャネルのみを介して相互にアクセスできます。

サブチャネル1がアクティブであり、サポートされる最大スループットがlrMinThroughput値を下回ったとします(たとえば、リンクの1つに障害が発生し、サポートされる最大スループットが1000 Mbpsに低下します)。サブチャネル2がアクティブになり、引き継ぎます。

高可用性セットアップでの LACP チャネルを使用したリンク冗長性

高可用性(HA)設定で、LACP チャネルでスループット(スループットパラメータ)ベースの HA フェールオーバーおよびリンク冗長性(lrMinThroughput パラメータ)を設定する場合は、スループットパラメータを lrMinThroughput パラメータの値以下に設定する必要があります。

LACPチャネルのサポートされる最大スループットは、アクティブなサブチャネルのサポートされる最大スループットとして計算されます。

スループットパラメータ値がlrminthroughputパラメータ値以下の場合、次の両方の条件が同時に存在すると、HAフェイルオーバーが発生します。

  • サポートされているサブチャネルの最大スループットのいずれも、lrMinThroughputパラメーター値を満たしていません。

  • LACPチャネルでサポートされている最大スループットがスループットパラメータ値を満たしていません

スイッチSW1とSW2を備えたCitrix ADCNS1とNS2を備えたHAセットアップの例を考えてみましょう。NS1はSW1とSW2を介してNS2に接続されています。

NS1では、LACPチャネル LA/1 インターフェイスから作成されます 1/1, 1/2, 1/3, そして 1/4. インターフェイス 1/1 そして 1/2 NS1のはSW1に接続され、インターフェイス 1/3 そして 1/4 SW2に接続されています。4つのリンクはそれぞれ、1000Mbpsの最大スループットをサポートします。

ha link redundancy

この例のLACPパラメーター設定は次のとおりです。

パラメーター
スループット 2000
lrminthroughput 2000

NS1はから2つのサブチャネルを形成します LA/1, インターフェイスを使用する1つのサブチャネル(たとえばサブチャネル1) 1/1 そして 1/2 (SW1に接続)、およびインターフェイスを使用する他のサブチャネル(サブチャネル2) 1/3 そして 1/4 (SW2に接続)。2つのサブチャネルはそれぞれ、2000Mbpsの最大スループットをサポートします。NS1はアルゴリズムを適用して、一方のサブチャネル(たとえば、サブチャネル1)をアクティブにし、もう一方をスタンバイにします。

サブチャネル1がアクティブであり、サポートされる最大スループットがlrMinThroughput値を下回ったとします(たとえば、リンクの1つに障害が発生し、サポートされる最大スループットが1000 Mbpsに低下します)。サブチャネル2がアクティブになり、引き継ぎます。LACPチャネルでサポートされている最大スループットがスループットパラメータ値以上であるため、HAフェイルオーバーは発生しません。

LACPチャネルでサポートされる最大スループット = アクティブチャネルでサポートされる最大スループット = サブチャネル2でサポートされる最大スループット = 2000 Mbps

サブチャネル2の最大サポートスループットもlrminthroughput値を下回る場合(たとえば、リンクの1つに障害が発生し、最大サポートスループットが1000 Mbpsに低下する場合)、LACPチャネルの最大サポートスループットが以下になるため、HAフェイルオーバーが発生します。スループットパラメータ値:

LACPチャネルを使用してリンク冗長性を構成する

CLIを使用してLACPチャネルのリンク冗長性を設定するには:

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力してチャネルを構成し、構成を確認します。

  • set channel <id> -lrMinThroughput <positive_integer>
  • チャンネルを表示

例:

> set channel la/1 –lrMinThroughput  2000
Done
> set channel la/2 –throughput 2000 –lrMinThroughput  2000
Done

GUIを使用してLACPチャネルのリンク冗長性を設定するには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [チャネル] に移動します。
  2. 詳細ペインで、リンクの冗長性を構成するLACPチャネルを選択し、[編集]をクリックします。
  3. [LACPチャネルの構成]ダイアログボックスで、lrMinThroughputパラメーターを設定します。
  4. [閉じる] をクリックします。
リンク集約の設定