Citrix ADC

ポリシーベースルートの設定

ポリシーベースルーティングは、指定した基準に基づいてルーティングを決定します。ポリシーベースルート(PBR)は、パケットを選択するための基準を指定し、通常、選択したパケットの送信先となるネクストホップを指定します。たとえば、特定のIPアドレスまたは範囲から特定のネクストホップルーターに発信パケットをルーティングするようにCitrix ADCアプライアンスを構成できます。各パケットは、一致が見つかるまで、指定された優先順位によって決定された順序で、構成された各PBRと照合されます。一致するものが見つからない場合、または一致するPBRがDENYアクションを指定している場合、Citrix ADCはルーティングテーブルを通常の宛先ベースのルーティングに適用します。

PBRは、送信元IPアドレス、送信元ポート、宛先IPアドレス、宛先ポート、プロトコル、送信元MACアドレスなどのパラメーターに基づいてデータパケットのルーティングを決定します。PBRは、Citrix ADCがパケットをルーティングするためにパケットが満たさなければならない条件を定義します。これらのアクションは、「処理モード」と呼ばれます。処理モードは次のとおりです。

  • ALLOW。アプライアンスは、指定されたネクストホップルーターにパケットを送信します。
  • DENY。Citrix ADCは、通常の宛先ベースのルーティングにルーティングテーブルを適用します。

発信IPv4およびIPv6トラフィック用のPBRを作成できます。

多くのユーザーは、まずPBRを作成し、次にそれらを変更します。新しいPBRをアクティブ化するには、それを適用する必要があります。PBR を非アクティブ化するには、削除または無効にできます。PBRの優先順位番号を変更して、優先順位を高くしたり低くしたりできます。

ポリシーベースルートの設定