Citrix ADC

仮想サーバ設定に基づくルートヘルスインジェクション

次のオプションとパラメーターは、VIPアドレスのルートをアドバタイズするためのCitrix ADCアプライアンスのルートヘルスインジェクション(RHI)機能を制御するために導入されています。

  • VSVR_CNTRLD。これは、VIPアドレスの(Vserver RHIレベル)パラメーターのオプションです。このオプションがVserverRHI Levelパラメーターに設定されている場合、VIPアドレスのルートをアドバタイズするためのRHIの動作は、VIPアドレスの関連するすべての仮想サーバーのRHISTATEパラメーター設定とその状態によって異なります。
  • RHI STATE。仮想サーバーのパラメータです。RHISTATEパラメーターはPASSIVEまたはACTIVEのいずれかに設定できます。デフォルトでは、RHISTATEパラメーターはPASSIVEに設定されています。

VIPアドレスの場合、RHI(Vserver RHI Level)パラメーターがに設定されている場合 VSVR_CNTRLD, 以下は、VIPアドレスに関連付けられた仮想サーバーのRHISTATE設定に基づくVIPアドレスのさまざまなRHI動作です。

  • すべての仮想サーバーでRHISTATEをPASSIVEに設定すると、Citrix ADCは常にVIPアドレスのルートをアドバタイズします。
  • すべての仮想サーバーでRHISTATEをACTIVEに設定した場合、関連付けられた仮想サーバーの少なくとも1つがUP状態であれば、Citrix ADCはVIPアドレスのルートをアドバタイズします。
  • 一部でRHISTATEをACTIVEに設定し、他でPASSIVEに設定した場合、RHI STATEがACTIVEに設定されている関連する仮想サーバーの少なくとも1つがUP状態であると、Citrix ADCはVIPアドレスのルートをアドバタイズします。

次の表は、VIPアドレスに関連付けられた仮想サーバーのRHI STATE設定に基づいた、VIPアドレスのRHI動作の例を示しています。Citrix ADCアプライアンスには、VIPアドレスに関連付けられた2つの仮想サーバーV1とV2があります。

VIP の関連付けられた仮想サーバー 状態1 状態2 状態3 状態4
すべての仮想サーバーでRHI状態がパッシブに設定されている        
V1 上へ 上へ DOWN DOWN
V2 上へ DOWN 上へ DOWN
このVIPアドレスのルートをアドバタイズしますか? はい はい はい はい
すべての仮想サーバーでRHI状態がACTIVEに設定されている        
V1 上へ 上へ DOWN DOWN
V2 上へ DOWN 上へ DOWN
このVIPアドレスのルートをアドバタイズしますか? はい はい はい いいえ
RHI状態は、一方の仮想サーバーではアクティブに設定され、もう一方の仮想サーバーではパッシブに設定されます        
V1 (RHI State = ACTIVE) 上へ 上へ DOWN DOWN
V2 (RHI State = PASSIVE) 上へ DOWN 上へ DOWN
このVIPアドレスのルートをアドバタイズしますか? はい はい いいえ いいえ

関連する仮想サーバーのRHI(RHI状態)パラメーター設定に基づいてVIPアドレスのRHIを構成するには、次の手順を実行します。

  • RHI(Vserver RHI Level)パラメーターをに設定します VSVR_CNTRLD VIPアドレス用。
  • VIPアドレスに関連付けられた各仮想サーバーのRHI状態パラメーターを設定します。

CLIを使用してVIPアドレスのvServerRHIレベルを設定するには:

コマンドプロンプトで入力します。

  • set ns ip <IPAddress> [-vserverRHILevel <vserverRHILevel>]

CLI を使用して仮想サーバの RHI State パラメータを設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

  • set lb vserver <name> [-RHIstate ( PASSIVE | ACTIVE )]

GUI を使用して VIP アドレスの vServer RHI レベルを設定するには

  1. System > Network > IPsに移動します。
  2. VIP アドレスを選択し、[編集] をクリックします。
  3. Vserver の RHI レベル パラメーターを VSVR_CNTRLD に設定し、[OK] をクリックします。

GUI を使用して仮想サーバーの RHI 状態パラメーターを設定するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ 仮想サーバー] に移動します。
  2. 負荷分散仮想サーバーを選択し、[編集] をクリックします。
  3. [RHI 状態] パラメータを設定し、[OK] をクリックします。
仮想サーバ設定に基づくルートヘルスインジェクション