Citrix ADC

Outlook Web アクセスのサポートを構成する

SSL 構成が Outlook Web Access (OWA) サーバーから SSL トランザクションをオフロードしている場合は、OWA サーバーに送信されるすべての HTTP 要求に、特別なヘッダーフィールド FRONT-END-HTTPS: ON を挿入する必要があります。このアクションは、OWA サーバーがhttp://ではなくhttps://のURL リンクを生成するために必要です。

ADCアプライアンスでOWAのサポートを有効にすると、ヘッダーは指定されたHTTPトラフィックに自動的に挿入されます。特定のヘッダー挿入を構成する必要はありません。SSL ポリシーを使用して、OWA サーバーに送信されたすべてのトラフィックを識別します。

注:Outlook Web Access のサポートは、HTTP ベースの SSL 仮想サーバーおよびサービスのみに対して有効にできます。TCP ベースの SSL 仮想サーバーおよびサービスには適用できません。

OWA サポートを有効にするには、最初に OWA サポートを SSL アクションとして構成してから、OWA サポートを有効にする仮想サーバーまたはサービスを識別するポリシーを作成します。ポリシーを作成するときは、ポリシーに関連付けられたアクションとして OWA サポートアクションを指定します。次に、SSLトラフィックを受信するSSL仮想サーバーにポリシーをバインドします。

CLI を使用して、SSL アクションと OWA サポートを有効にするポリシーを作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、OWAサポートを有効にするSSLアクションを作成して構成を確認します。

add ssl action <name> -OWASupport ( ENABLED | DISABLED )

show ssl action [<name>]

add ssl policy <name> -rule <expression> [-action <string>] [-undefAction <string>] [-comment <string>]

show ssl policy [<name>]
<!--NeedCopy-->

例:

add ssl action ssl-action-2 -OWASupport ENABLED
Done
<!--NeedCopy-->
show ssl action ssl-action-2
1)      Name: ssl-action-2
        Type: Data Insertion
        OWA Support: ENABLED
                                Hits: 0
                            Undef Hits: 0
                                Action Reference Count: 1
Done
<!--NeedCopy-->
add ssl policy ssl-pol -rule 'REQ.HTTP.METHOD == GET' -reqaction ssl-action-2
Done
<!--NeedCopy-->
sh ssl policy ssl-pol
                            Name: ssl-pol
                            Rule: REQ.HTTP.METHOD == GET
                            Action: ssl-action-2
                            UndefAction: Use Global
                            Hits: 0
                            Undef Hits: 0
Done
<!--NeedCopy-->

GUIを使用してOWAサポートを有効にするSSLアクションを作成します

  1. Traffic Management > SSL > Policiesに移動してActionsタブでAddをクリックします。
  2. [Outlook Web アクセス] ボックスの一覧で、[有効] を選択します。

    注: Outlook Web Access のサポートは、SSL 仮想サーバーベースの構成および透過的な SSL サービスベースの構成にのみ適用され、バックエンド暗号化を使用した SSL 構成には適用されません。

作成し、GUI を使用して OWA サポートを有効にするのには SSL ポリシーをバインドします

  1. [トラフィック管理] > [SSL] > [ポリシー]に移動し、ポリシーを追加します。

  2. [操作] ボックスの一覧で、前に作成した操作を選択します。未定義のアクションと式を指定します。