Citrix ADC

Citrix ADCアプライアンス上の仮想サーバーにSSL証明書をバインドする

SSL 証明書は、SSL 暗号化および復号化プロセスの重要な部分です。証明書は、SSLハンドシェイク中に使用され、SSLサーバー(クライアントのSSLターミネーションポイントとして機能するCitrix ADCアプライアンス)のIDを確立します。

SSL トランザクションの処理に使用される証明書は、SSL データを受信する仮想サーバー (SSL) にバインドする必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用して SSL 証明書を SSL 仮想サーバーにバインドするには

コマンドプロンプトで入力します。

bind ssl vs <vServerName> -certkeyName <certificate-KeyPairName>
show ssl vs <vServerName>
<!--NeedCopy-->

例:

SSL 証明書のバインドコマンドラインの例

GUI を使用して SSL 証明書を SSL 仮想サーバーにバインドするには

  1. Traffic Management > Load Balancing > Virtual Serversに移動します。
  2. SSL タイプの仮想サーバを選択し、[ 編集(Edit)] をクリックします。

    SSL 仮想サーバーの選択

  3. [ 負荷分散仮想サーバー ] ページの [ 証明書 ] セクションで、[ サーバー証明書なし] をクリックします。

    サーバー証明書を選択しない

  4. [ サーバー証明書のバインド ] ページで、[ クリックして選択] をクリックします。
  5. SSL 証明書を選択し、[ 選択] をクリックします。

    SSL 証明書を選択

  6. [ バインド ] をクリックして、SSL 証明書を仮想サーバーにバインドします。
  7. [完了] をクリックします。

    SSL 証明書を仮想サーバにバインドする作業が完了しました。

Citrix ADCアプライアンス上の仮想サーバーにSSL証明書をバインドする