Citrix ADC

SSLプロファイルインフラストラクチャ

SSLv3 と RC4 実装の脆弱性により、ネットワーク接続のセキュリティ設定をネゴシエートするために最新の暗号とプロトコルを使用する必要性が強調されています。数千の SSL エンドポイントで SSLv3 を無効にするなど、設定の変更を実装するのは面倒なプロセスです。そのため、SSL エンドポイント設定の一部であった設定は、デフォルトの暗号とともに SSL プロファイルに移動されました。暗号のサポートを含む設定の変更を実装するには、エンティティにバインドされているプロファイルを変更するだけで済みます。

デフォルトのフロントエンドおよびデフォルトのバックエンド SSL プロファイルには、古いプロファイルに含まれていた設定に加えて、デフォルトの暗号と ECC 曲線がすべて含まれています。デフォルトプロファイルの出力例は付録に記載されています。[Enable Default Profile] 操作により、デフォルトのフロントエンドプロファイルがすべてのフロントエンドエンティティに自動的にバインドされ、デフォルトのバックエンドプロファイルがすべてのバックエンドエンティティに自動的にバインドされます。デフォルトのプロファイルは、導入環境に合わせて変更できます。また、カスタムプロファイルを作成して SSL エンティティにバインドすることもできます。

フロントエンドプロファイルには、フロントエンドエンティティに適用可能なパラメータが含まれています。つまり、クライアントからリクエストを受け取るエンティティに適用されます。通常、このエンティティは、Citrix ADCアプライアンス上のSSL仮想サーバーまたは透過SSLサービスです。バックエンドプロファイルには、バックエンドエンティティに適用可能なパラメータが含まれています。つまり、クライアント要求をバックエンドサーバーに送信する ADC アプライアンス上のエンティティに適用されます。通常、このエンティティはCitrix ADCアプライアンス上のSSLサービスです。サポートされていないパラメータを設定しようとすると、エラーERROR: Specified parameters are not applicable for this type of SSL profileが表示されます。

重要:

  • SSL プロファイルは SSL パラメータよりも優先されます。つまり、 set ssl parameter コマンドを使用して SSL パラメータを設定し、後でプロファイルを SSL エンティティにバインドすると、プロファイル内の設定が優先されます。

  • アップグレード後、デフォルトプロファイルを有効にすると、変更を元に戻すことはできません。つまり、プロファイルは無効にできません。プロファイルを有効にする前に、構成を保存し、構成ファイル (ns.conf) のコピーを作成します。ただし、デフォルトプロファイルの機能を使用しない場合は、引き続き古い SSL プロファイルを使用できます。これらのプロファイルの詳細については、 レガシー SSL プロファイルを参照してください

  • リリース 11.1 51.x 以降、GUI および CLI で、デフォルトプロファイルを有効にすると、誤って有効にならないように確認プロンプトが追加されます。

リリース 13.1 ビルド 17.x から、TLSv1.2 より前のプロトコルは SSL 内部サービスでは無効になっています。

  • デフォルトプロファイルが有効な場合、 ns_default_ssl_profile_internal_frontend_service は SSL 内部サービスにバインドされ、このプロファイルでは SSLv3、TLSv1.0、および TLSv1.1 プロトコルは無効になります。
  • デフォルトプロファイルが有効になっていない場合、SSLv3、TLSv1.0、および TLSv1.1 プロトコルは SSL 内部サービスパラメータで無効になります。

コマンド:

set ssl parameter -defaultProfile ENABLED
    Save your configuration before enabling the Default profile. You cannot undo the changes. Are you sure you want to enable the Default profile? [Y/N]Y
Done
<!--NeedCopy-->

デフォルトでは、 グローバルパラメータと呼ばれる一部の SSL パラメータがすべてのSSL エンドポイントに適用されます。ただし、プロファイルが SSL エンドポイントにバインドされている場合、グローバルパラメータは適用されません。プロファイルで指定されている設定が代わりに適用されます。

注意事項

  1. プロファイルは複数の仮想サーバにバインドできますが、1 つの仮想サーバにバインドできるプロファイルは 1 つだけです。
  2. 仮想サーバにバインドされているプロファイルを削除するには、まずプロファイルのバインドを解除します。
  3. 1 つの暗号または暗号グループは、異なる優先順位で複数のプロファイルにバインドできます。
  4. プロファイルには、異なる優先順位でバインドされた複数の暗号および暗号グループを含めることができます。
  5. 暗号グループへの変更は、すべてのプロファイルと、プロファイルの 1 つがバインドされているすべての仮想サーバに即座に反映されます。
  6. 暗号スイートが暗号グループの一部である場合は、プロファイルから暗号スイートを削除する前に、暗号グループを編集してその暗号スイートを削除します。
  7. プロファイルにアタッチされた暗号スイートまたは暗号グループにプライオリティを割り当てなかった場合、プロファイル内で最も低いプライオリティが割り当てられます。
  8. 既存の暗号グループと暗号スイートから、カスタム暗号グループ (ユーザー定義暗号グループとも呼ばれる) を作成できます。暗号グループ A を作成し、既存の暗号グループ X と Y をこの順序で追加すると、Y は X よりも低い優先度で割り当てられます。つまり、最初に追加されたグループの方が優先度が高くなります。
  9. 暗号スイートが同じプロファイルにアタッチされた 2 つの暗号グループの一部である場合、その暗号スイートは 2 番目の暗号グループの一部として追加されません。プライオリティの高い暗号スイートは、トラフィックが処理されるときに有効になります。
  10. 暗号グループはプロファイル内で展開されません。その結果、設定ファイル (ns.conf) の行数が大幅に削減されます。たとえば、それぞれ 15 個の暗号を含む 2 つの暗号グループが 1,000 台の SSL 仮想サーバーにバインドされている場合、拡張により、構成ファイルに 30*1000 個の暗号関連エントリが追加されます。新しいプロファイルでは、プロファイルにバインドされた暗号グループごとに 1 つずつ、エントリが 2 つだけになります。
  11. 既存の暗号および暗号グループからユーザー定義の暗号グループを作成するのは、コピーと貼り付けの操作です。元のグループに加えた変更は、新しいグループには反映されません。
  12. ユーザー定義の暗号グループには、そのグループが属するすべてのプロファイルが一覧表示されます。
  13. プロファイルには、バインドされているすべての SSL 仮想サーバ、サービス、およびサービスグループが一覧表示されます。
  14. デフォルトの SSL プロファイル機能が有効になっている場合は、このプロファイルを使用して SSL エンティティの任意の属性を設定または変更します。たとえば、仮想サーバ、サービス、サービスグループ、内部サービスなどです。

CLI を使用して設定を保存する

コマンドプロンプトで入力します。

save config

shell

root@ns# cd /nsconfig

root@ns# cp ns.conf ns.conf.NS<currentreleasenumber><currentbuildnumber>
<!--NeedCopy-->

例:

save config
shell
root@ns# cd /nsconfig
root@ns# cp ns.conf ns.conf.NS.11.0.jun.16
<!--NeedCopy-->

既定のプロファイルを有効にする

重要:

  • ソフトウェアをアップグレードする前に設定を保存し、デフォルトプロファイルを有効にします。

  • リリース 11.1 ビルド 51.x から、GUI および CLI では、デフォルトプロファイルを有効にすると、誤って有効にしないように、確認プロンプトが表示されます。

コマンド: 次のコマンドは、デフォルトプロファイルを有効にし、プロファイルが既にバインドされている SSL エンティティにこのプロファイルをバインドします。つまり、プロファイル (P1 など) がすでに SSL エンティティにバインドされている場合、P1 は既定のフロントエンドプロファイルまたは既定のバックエンドプロファイルに置き換えられます。古いプロファイル (P1) は削除されません。このプロファイルは拡張 SSL プロファイルになり、以前の設定、暗号、ECC 曲線が含まれています。デフォルトのプロファイルを使用しない場合は、P1 を SSL エンティティに明示的にバインドできます。

set ssl parameter -defaultProfile ENABLED
    Save your configuration before enabling the Default profile. You cannot undo the changes. Are you sure you want to enable the Default profile? [Y/N]Y
Done
<!--NeedCopy-->

拡張プロファイルインフラストラクチャをサポートするビルドにソフトウェアをアップグレードし、既定のプロファイルを有効にします。

注:

  • レガシープロファイル (P1) がすでに SSL エンティティにバインドされている場合に、デフォルトプロファイルを有効にすると、以前のバインドがデフォルトプロファイルによって上書きされます。つまり、デフォルトプロファイルは SSL エンティティにバインドされます。デフォルトプロファイルをバインドしない場合は、P1 を SSL エンティティに再度バインドする必要があります。

  • 1 回の操作 ([Enable Default Profile or set ssl parameter -defaultProfile ENABLED]) で、既定のフロントエンドプロファイルと既定のバックエンドプロファイルの両方を有効化 (バインド) できます。

使用例

デフォルトプロファイルを有効にすると、すべての SSL エンドポイントにバインドされます。既定のプロファイルは編集可能です。デプロイメントでほとんどのデフォルト設定が使用され、一部のパラメータしか変更されない場合は、デフォルトプロファイルを編集できます。変更内容は、すべてのエンドポイントに即座に反映されます。また、カスタムパラメータとデフォルトパラメータを使用してカスタム SSL プロファイルを作成し、SSL エンティティにバインドすることもできます。

次のフローチャートは、実行する必要のある手順を説明しています。

SSL プロファイルの使用例 1

  1. ソフトウェアのアップグレードの詳細については、 システムソフトウェアのアップグレードを参照してください

  2. CLI または GUI を使用して、デフォルトプロファイルを有効にします。

    • コマンドラインで、次のように入力します。 set ssl parameter -defaultProfile ENABLED
    • GUI を使用する場合は、[ トラフィック管理 ] > [SSL] > [ SSLの詳細設定の変更] に移動し、下にスクロールして [ デフォルトプロファイルの有効化] を選択します。

アップグレード前にプロファイルがエンドポイントにバインドされていなかった場合、デフォルトのプロファイルが SSL エンドポイントにバインドされます。アップグレード前にプロファイルがエンドポイントにバインドされていた場合、アップグレード後に同じプロファイルがバインドされ、デフォルトの暗号がプロファイルに追加されます。

  1. (オプション) デフォルトプロファイルの設定を手動で変更します。

    • コマンドラインで、: set ssl profile <name> に続けて変更するパラメータを入力します。
    • GUI を使用する場合は、[ システム ] > [ プロファイル] に移動します。[ SSL プロファイル] でプロファイルを選択し、[ 編集] をクリックします。

SSL プロファイルパラメータ

SSL プロファイルでは、次の SSL パラメータを設定できます。これらのパラメータの一部は、SSL 仮想サーバーで設定できます。SSL 仮想サーバーパラメーターの詳細については、「 SSL 仮想サーバーパラメータ」を参照してください。

Citrix ADCアプライアンスのバックエンドでの安全な再ネゴシエーションのサポート

注: このパラメータは、リリース 13.0 ビルド 58.x 以降で導入されました。以前のリリースおよびビルドでは、非セキュアな再ネゴシエーションのみがバックエンドでサポートされていました。

この機能は、次のプラットフォームでサポートされています。

  • VPX
  • N2 または N3 チップを含む MPX プラットフォーム
  • インテル Coleto SSL チップベースのプラットフォーム

この機能は FIPS プラットフォームではまだサポートされていません。

ADC アプライアンスのバックエンドでは、セキュアな再ネゴシエーションはデフォルトで拒否されます。つまり、 denySSLReneg パラメータは ALL (デフォルト) に設定されます。

バックエンドでセキュアな再ネゴシエーションを許可するには、次のいずれかのdenySSLRenegパラメータ設定を選択します。

  • いいえ
  • FRONTEND_CLIENT
  • FRONTEND_CLIENTSERVER
  • NONSECURE

CLI を使用してセキュアな再ネゴシエーションを有効にする

コマンドプロンプトで入力します。

set ssl profile <name> -denySSLReneg <denySSLReneg>

例:

set ssl profile ns_default_ssl_profile_backend -denySSLReneg NONSECURE
 Done

sh ssl profile ns_default_ssl_profile_backend
1)  Name: ns_default_ssl_profile_backend    (Back-End)
    SSLv3: DISABLED TLSv1.0: ENABLED  TLSv1.1: ENABLED  TLSv1.2: ENABLED  TLSv1.3: DISABLED
    Server Auth: DISABLED
    Use only bound CA certificates: DISABLED
    Strict CA checks:       NO
    Session Reuse: ENABLED      Timeout: 300 seconds
    DH: DISABLED
    Ephemeral RSA: DISABLED
    Deny SSL Renegotiation      NONSECURE
    Non FIPS Ciphers: DISABLED
    Cipher Redirect: DISABLED
    SSL Redirect: DISABLED
    Send Close-Notify: YES
    Strict Sig-Digest Check: DISABLED
    Push Encryption Trigger: Always
    PUSH encryption trigger timeout:    1 ms
    SNI: DISABLED
    OCSP Stapling: DISABLED
    Strict Host Header check for SNI enabled SSL sessions:      NO
    Push flag:  0x0 (Auto)
    SSL quantum size:       8 kB
    Encryption trigger timeout  100 mS
    Encryption trigger packet count:    45

    ECC Curve: P_256, P_384, P_224, P_521

1)  Cipher Name: DEFAULT_BACKEND        Priority :2
    Description: Predefined Cipher Alias

1)  Service Name: s187
 Done
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してセキュアな再ネゴシエーションを有効にする

  1. システム > プロファイル > SSL プロファイルに移動します
  2. プロファイルを追加または編集します。
  3. [ SSL 再ネゴシエーションの拒否 ] を ALL 以外の値に設定します。

    バックエンドセキュア再ネゴシエーション SSL プロファイル

ホストヘッダ検証

注: このパラメーターは、リリース 13.0 ビルド 52.x で導入されました。

HTTP/1.1 では、クライアントは複数のリクエストを処理するために複数の接続を使用する必要がありました。HTTP/2 を使用すると、クライアントは同じ証明書の対象となるドメイン間で接続を再利用できます。SNI 対応セッションの場合、ADC アプライアンスは、この変更に対応するために HTTP ホストヘッダーの検証方法を制御できる必要があります。以前のビルドでは、パラメータが有効 (「Yes」に設定) され、リクエストに SNI 対応セッションのホストヘッダーが含まれていない場合、リクエストはドロップされていました。パラメータが無効になっている(「No」に設定されている)場合、アプライアンスは検証を実行しませんでした。この検証をより適切に制御できるように、SSL プロファイルと SSLグローバルパラメータに新しいパラメータSNIHTTPHostMatchが追加されました。このパラメータには、CERT、STRICT、NONE の 3 つの値を指定できます。これらの値は、SNI が有効なセッションでのみ次のように機能します。SSL 仮想サーバまたは仮想サーバにバインドされたプロファイルで SNI を有効にする必要があり、HTTP 要求にはホストヘッダーが含まれている必要があります。

  • CERT-要求内のホストヘッダー値が、この SSL セッションの確立に使用された証明書によってカバーされている場合、 接続が転送されます。
  • STRICT-要求内のホストヘッダー値が、SSL 接続の Client Hello メッセージで渡されたサーバ名の値と一致する場合にのみ、接続が転送されます。
  • NO-ホストヘッダー値は検証されません。

指定可能な値:いいえ、CERT、STRICT デフォルト値:CERT

新しいパラメーターSNIHTTPHostMatchの導入により、 dropReqWithNoHostHeaderパラメーターの動作が変更されました。 dropReqWithNoHostHeaderパラメータの設定は、SNI 証明書に対するホストヘッダーの検証方法に影響しなくなりました。

CLI を使用して SSL プロファイルパラメータを設定する

コマンドプロンプトで入力します。

set ssl profile <name> [-ssllogProfile <string>] [-dh ( ENABLED | DISABLED ) -dhFile <string>] [-dhCount <positive_integer>][-dhKeyExpSizeLimit ( ENABLED | DISABLED )] [-eRSA ( ENABLED | DISABLED) [-eRSACount <positive_integer>]] [-sessReuse ( ENABLED | DISABLED )
[-sessTimeout <positive_integer>]] [-cipherRedirect ( ENABLED | DISABLED ) [-cipherURL <URL>]] [-clientAuth ( ENABLED | DISABLED )[-clientCert ( Mandatory | Optional )]] [-sslRedirect ( ENABLED |
DISABLED )] [-redirectPortRewrite ( ENABLED | DISABLED )] [-ssl3 (ENABLED | DISABLED )] [-tls1 ( ENABLED | DISABLED )] [-tls11 ( ENABLED| DISABLED )] [-tls12 ( ENABLED | DISABLED )] [-tls13 ( ENABLED |DISABLED )] [-SNIEnable ( ENABLED | DISABLED )] [-ocspStapling (ENABLED | DISABLED )] [-serverAuth ( ENABLED | DISABLED )] [-commonName <string>] [-pushEncTrigger <pushEncTrigger>] [-sendCloseNotify ( YES |
NO )] [-clearTextPort <port|*>] [-insertionEncoding ( Unicode | UTF-8)] [-denySSLReneg <denySSLReneg>] [-quantumSize <quantumSize>]
[-strictCAChecks ( YES | NO )] [-encryptTriggerPktCount <positive_integer>] [-pushFlag <positive_integer>][-dropReqWithNoHostHeader ( YES | NO )] [-SNIHTTPHostMatch <SNIHTTPHostMatch>] [-pushEncTriggerTimeout <positive_integer>]
[-sslTriggerTimeout <positive_integer>] [-clientAuthUseBoundCAChain (ENABLED | DISABLED )] [-sslInterception ( ENABLED | DISABLED )][-ssliReneg ( ENABLED | DISABLED )] [-ssliOCSPCheck ( ENABLED | DISABLED )] [-ssliMaxSessPerServer <positive_integer>] [-HSTS ( ENABLED| DISABLED )] [-maxage <positive_integer>] [-IncludeSubdomains ( YES | NO )] [-preload ( YES | NO )] [-sessionTicket ( ENABLED | DISABLED )][-sessionTicketLifeTime <positive_integer>] [-sessionTicketKeyRefresh (ENABLED | DISABLED )] {-sessionTicketKeyData } [-sessionKeyLifeTime <positive_integer>] [-prevSessionKeyLifeTime <positive_integer>]
[-cipherName <string> -cipherPriority <positive_integer>][-strictSigDigestCheck ( ENABLED | DISABLED )]
[-skipClientCertPolicyCheck ( ENABLED | DISABLED )] [-zeroRttEarlyData ( ENABLED | DISABLED )] [-tls13SessionTicketsPerAuthContext
<positive_integer>] [-dheKeyExchangeWithPsk ( YES | NO )]
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して SSL プロファイルパラメータを設定する

プロファイルを追加するには:

  1. [ システム] > [プロファイル] に移動します。 システムプロファイル
  2. [ SSL プロファイル] を選択します。[追加] をクリックします。 SSL プロファイル
  3. さまざまなパラメーターの値を指定します。 SSL プロファイルパラメータ
  4. [OK] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。

既存の SSL プロファイルを再利用するには、次の手順を実行します。

  1. [ システム] > [プロファイル] に移動します。
  2. 既存のプロファイルを選択し、[ Add] をクリックします。
  3. 別の名前を指定し、パラメータを変更して「 OK」をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。

TLS セッションチケット拡張

SSL ハンドシェイクは CPU に負荷がかかる操作です。セッション再利用が有効な場合、既存のクライアントに対するサーバー/クライアントキー交換操作はスキップされます。ユーザーはセッションを再開できます。このアクションにより、応答時間が短縮され、サーバーがサポートできる 1 秒あたりの SSL トランザクション数が増加します。ただし、サーバーは各セッション状態の詳細を格納する必要があるため、メモリを消費し、要求がサーバー間で負荷分散されている場合は複数のサーバー間で共有することが困難になります。

Citrix ADCアプライアンスはセッションチケットTLS拡張機能をサポートしています。この拡張を使用すると、セッションの詳細がサーバーではなくクライアントに保存されます。クライアントは、クライアントの Hello メッセージにセッションチケット TLS 拡張を含めることによって、このメカニズムをサポートしていることを示す必要があります。新規クライアントの場合、この拡張機能は空です。サーバーは NewsessionTicket ハンドシェイクメッセージで新しいセッションチケットを送信します。セッションチケットは、サーバーだけが認識しているキーペアを使用して暗号化されます。サーバが今新しいチケットを発行できない場合は、通常のハンドシェイクが完了します。

この機能は、フロントエンド SSL プロファイルでのみ使用でき、アプライアンスがサーバとして機能してセッションチケットを生成する通信のフロントエンドでのみ使用できます。

制限事項

  • この機能は FIPS プラットフォームではサポートされていません。
  • この機能は TLS バージョン 1.1 および 1.2 でのみサポートされます。
  • SSL セッション ID の永続性は、セッションチケットではサポートされていません。

CLI を使用して TLS セッションチケット拡張を有効にする

コマンドプロンプトで入力します。

set ssl profile <name> -sessionTicket (ENABLED | DISABLED ) [-sessionTicketLifeTime <positive_integer>
<!--NeedCopy-->

引数:

SessionTicket: TLS セッションチケット拡張の状態。この拡張を使用すると、RFC 5077 で定義されているように、セッションの詳細がサーバではなくクライアントに保存されます。

設定可能な値:ENABLED, DISABLED

デフォルト値: 無効

SessionTicketLifetime: セッションチケットが期限切れになり、新しい SSL ハンドシェイクが開始されるまでの時間を秒単位で指定します。

デフォルト値:300

最小値:0

最大値:172800

例:

add ssl profile profile1 -sessionTicket ENABLED -sessionTicketlifeTime 300
Done
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して TLS セッションチケット拡張を有効にする

  1. [ システム ] > [ プロファイル] に移動します。[ SSL プロファイル] を選択します。
  2. [ 追加 ] をクリックし、プロファイルの名前を指定します。
  3. [ セッションチケット] を選択します。
  4. 必要に応じて、[ セッションチケットの有効期間 (秒)] を指定します。

セッションチケットの安全な実装

TLS セッションチケットを使用することで、クライアントは短縮されたハンドシェイクを使用してサーバーへの再接続を高速化できます。ただし、セッションチケットが長期間暗号化または変更されないと、セキュリティリスクが生じる可能性があります。セッションチケットを対称鍵で暗号化することで、セッションチケットを保護できます。前方秘匿性を実現するために、セッションチケットキーが更新される時間間隔を指定できます。

アプライアンスはデフォルトでセッションチケットキーを生成します。ただし、展開内の複数のアプライアンスが互いのセッションチケットを復号化する必要がある場合は、すべて同じセッションチケットキーを使用する必要があります。したがって、すべてのアプライアンスで、同じセッションチケットキーデータを手動で設定(追加またはロード)する必要があります。セッションチケットキーデータには次の情報が含まれます。

  • セッションチケット名。
  • チケットの暗号化または復号化に使用されるセッション AES キー。
  • チケットのダイジェストを計算するために使用されるセッション HMAC キー。

RFC 5077 で推奨されているように、長さ 64 バイトのセッションチケットキーデータを 256 ビット HMAC キーをサポートするように構成できるようになりました。下位互換性を保つため、キーの長さ 48 バイトもサポートされています。

注:

セッションチケットキーデータを手動で入力するときは、高可用性セットアップとクラスターセットアップのすべてのCitrix ADCアプライアンスの構成が同じであることを確認してください。

sessionTicketKeyLifeTime このパラメータは、セッションチケットキーが更新される頻度を指定します。 prevSessionTicketKeyLifeTime パラメータを設定して、新しいキーが生成された後、そのキーを使用してチケットを復号化するために、前のセッションチケットキーを保持する期間を指定できます。 prevSessionTicketKeyLifeTime設定により、クライアントが短縮ハンドシェイクを使用して再接続できる時間が長くなります。たとえば、sessionTicketKeyLifeTimeが10 分、prevSessionTicketKeyLifeTimeが5分に設定されている場合、10 分後に新しいキーが生成され、すべての新しいセッションに使用されます。 ただし、以前に接続したクライアントにはさらに 5 分かかり、その間は以前に発行されたチケットが短縮されたハンドシェイクで優先されます。

CLI を使用して SSL セッションチケットデータを構成する

コマンドプロンプトで入力します。

set ssl profile <name> -sessionTicket ENABLED -sessionTicketLifeTime <positive_integer> -sessionTicketKeyRefresh ( ENABLED | DISABLED )] -sessionTicketKeyLifeTime <positive_integer> [-prevSessionTicketKeyLifeTime <positive_integer>]
<!--NeedCopy-->

引数:

SessionTicket: RFC 5077 で説明されているようにセッションチケットを使用します。初期ハンドシェイクを確立するには、CPU を集中的に使用する公開キー暗号化操作が必要です。 ENABLED を設定すると、サーバーはクライアントにセッションチケットを発行し、クライアントはこれを使用して短縮ハンドシェイクを実行できます。

指定可能な値:有効、無効。既定:無効

SessionTicketLifetime: セッションチケットの有効期間 (秒単位)。この時間が経過すると、クライアントはこのチケットを使用してセッションを再開できなくなります。

最大値は 172800 です。最小値:0。デフォルト:300。

SessionTicketKeyRefresh: セッションチケットキーの有効期間パラメータで指定された時間が経過したら、セッションチケットの暗号化または復号化に使用されるセッションチケットキーを再生成します。SessionTicket が有効な場合、自動的に有効になります。管理者がセッションチケットデータを入力すると無効になります。

指定可能な値:有効、無効。既定:有効

SessionKeyLifetime:Citrix ADCアプライアンスによって発行されたセッションチケットの暗号化に使用される対称キーの有効期間(秒単位)。

最大値は 86400 です。最小値:600。デフォルト:3000

prevSessionKeyLifetime: セッションチケットキーの有効期間が終了した後も、セッションチケットの暗号化に使用された以前の対称キーが既存のクライアントに対して有効である時間(秒)。この時間内に、既存のクライアントは前のセッションチケットキーを使用してセッションを再開できます。新しいクライアントのセッションチケットは、新しい鍵を使用して暗号化されます。

最大値は 172800 です。最小値:0。デフォルト:0

例:

set ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend -sessionTicket ENABLED -sessionTicketlifeTime 120 -sessionTicketKeyRefresh ENABLED -sessionTicketKeyLifeTime 100 -prevSessionTicketKeyLifeTime 60

Done

show ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend

    Session Ticket: ENABLED
    Session Ticket Lifetime: 120 (secs)
    Session Key Auto Refresh: ENABLED
    Session Key Lifetime: 100 (secs)
    Previous Session Key Lifetime: 60 (secs)
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して SSL セッションチケットデータを構成する

  1. [ システム ] > [ プロファイル] に移動し、[ SSL プロファイル] を選択します。

  2. ns_default_ssl_profile_frontend を選択し、[ 編集] をクリックします。

  3. 基本設定 (Basic Settings )」セクションで、鉛筆アイコンをクリックし、次のパラメータを設定します。

    • セッションチケット
    • セッションチケットの有効期間 (秒)
    • セッションチケットキーの自動更新
    • セッションチケットキーの有効期間 (秒)
    • 前のセッションチケットキーの有効期間 (秒)
  4. [OK] をクリックします。

CLI を使用して SSL セッションチケットデータを手動で入力する

コマンドプロンプトで入力します。

set ssl profile <name> -sessionTicket ENABLED

set ssl profile <name> -sessionTicketKeyData

show ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend
<!--NeedCopy-->

引数:

SessionTicket: RFC 5077 で説明されているセッションチケットの使用。初期ハンドシェイクを確立するには、CPU を集中的に使用する公開キー暗号化操作が必要です。 ENABLED を設定すると、サーバーはクライアントにセッションチケットを発行し、クライアントはこれを使用して短縮ハンドシェイクを実行できます。

指定可能な値:有効、無効。既定:無効

セッションチケットキーデータ: Contains the session ticket name (0–15 bytes), the session AES key used to encrypt or decrypt the session ticket (16–31 bytes), and the session HMAC key used to compute the digest of the ticket (32–63 bytes). Externally generated by an administrator and added to a Citrix ADC appliance.

最大長:64 バイト

例:

set ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend -sessionTicket ENABLED

Done

set ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend -sessionTicketKeyData 111111111111111111111111111111111111111111111111

Done

show ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend

    1) Name: ns_default_ssl_profile_frontend (Front-End)
    SSLv3: ENABLED TLSv1.0: ENABLED TLSv1.1: ENABLED TLSv1.2: ENABLED
    Client Auth: DISABLED
    Use only bound CA certificates: DISABLED
    Strict CA checks: NO
    Session Reuse: ENABLED Timeout: 120 seconds
    DH: DISABLED
    DH Private-Key Exponent Size Limit: DISABLED Ephemeral RSA: ENABLED Refresh Count: 0
    Deny SSL Renegotiation ALL
    Non FIPS Ciphers: DISABLED
    Cipher Redirect: DISABLED
    SSL Redirect: DISABLED
    Send Close-Notify: YES
    Push Encryption Trigger: Always
    PUSH encryption trigger timeout: 1 ms
    SNI: DISABLED
    OCSP Stapling: DISABLED
    Strict Host Header check for SNI enabled SSL sessions: NO
    Push flag: 0x0 (Auto)
    SSL quantum size: 8 kB
    Encryption trigger timeout 100 mS
    Encryption trigger packet count: 45
    Subject/Issuer Name Insertion Format: Unicode
    Session Ticket: ENABLED
    Session Ticket Lifetime: 300 (secs)
    Session Key Auto Refresh: DISABLED
    Session Key Lifetime: 3000 (secs)
    Previous Session Key Lifetime: 0 (secs)
    Session Key Data: 84dad1afc6d56b0deeb0a7fd7f299a207e8d8c15cdd087a5684a11a329fd732e87a0535d90883
    47e8c181ba266f5c8838ae472cb3ab9255b683bf922fad32cee816c329989ef7cdeb278e93ac37882e3

    ECC Curve: P_256, P_384, P_224, P_521

    1) Cipher Name: DEFAULT Priority :4
    Description: Predefined Cipher Alias

    1) Internal Service Name (Front-End): nsrnatsip-127.0.0.1-5061
    2) Internal Service Name (Front-End): nskrpcs-127.0.0.1-3009
    3) Internal Service Name (Front-End): nshttps-::1l-443
    4) Internal Service Name (Front-End): nsrpcs-::1l-3008
    5) Internal Service Name (Front-End): nshttps-127.0.0.1-443
    6) Internal Service Name (Front-End): nsrpcs-127.0.0.1-3008
    7) Vserver Name: v1

Done
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して SSL セッションチケットデータを手動で入力する

  1. [ システム] > [プロファイル] に移動し、[ SSL プロファイル] を選択します。

  2. ns_default_ssl_profile_frontend を選択し、[ 編集] をクリックします。

  3. 基本設定 (Basic Settings )」セクションで、鉛筆アイコンをクリックし、次のパラメータを設定します。

    • セッションチケット
    • セッションチケットキーデータ
    • セッションチケットキーデータの確認
  4. [OK] をクリックします。

Citrix ADC非FIPSプラットフォームでのSSLハンドシェイクでの拡張マスターシークレットのサポート

注: このパラメーターは、リリース 13.0 ビルド 61.x で導入されました。

拡張マスターシークレット (EMS) は、トランスポート層セキュリティ (TLS) プロトコルのオプションの拡張です。Citrix ADCアプライアンスでEMSをサポートするために、フロントエンドとバックエンドの両方のSSLプロファイルに適用される新しいパラメータが追加されました。パラメータが有効で、ピアが EMS をサポートしている場合、ADC アプライアンスは EMS 計算を使用します。ピアが EMS をサポートしていない場合、アプライアンスでパラメータが有効になっていても、EMS 計算は接続に使用されません。EMS の詳細については、RFC 7627 を参照してください。

注: EMS は、TLS プロトコルバージョン 1.0、1.1、または 1.2 を使用するハンドシェイクにのみ適用されます。

EMS のプラットフォームサポート

  • Cavium N3 チップまたはインテル Coleto Creek 暗号カードのいずれかを搭載した MPX および SDX プラットフォームインテル Coleto チップには、次のプラットフォームが同梱されています。
  • MPX 5900
  • MPX/SDX 8900
  • MPX/SDX 26000
  • MPX/SDX 26000-50S
  • MPS/SDX 26000-100G
  • MPX/SDX 15000-50G

また、show hardwareコマンドを使用して、アプライアンスに Coleto (COL) チップと N3 チップのどちらが搭載されているかを識別することもできます。

  • 暗号カードを使用しない MPX および SDX プラットフォーム (ソフトウェアのみ)

  • ソフトウェアのみのプラットフォーム:VPX、CPX、BLX

EMS は次のプラットフォームでは有効にできません。

  • MPX 9700 FIPS および MPX 14000 FIPS プラットフォーム。

  • Cavium N2 暗号チップを含む MPX および SDX プラットフォーム

パラメータが有効な場合、ADC アプライアンスは TLS 1.2、TLS 1.1、および TLS 1.0 接続で EMS を使用しようとします。この設定は TLS 1.3 または SSLv3 接続には影響しません。

EMS がピアとネゴシエートされるようにするには、仮想サーバー (フロントエンド) またはサービス (バックエンド) にバインドされた SSL プロファイルで設定を有効にします。

CLI を使用して EMS を有効にする

コマンドプロンプトで入力します。

set ssl profile <profile name> [-allowExtendedMasterSecret (YES | NO)]

set ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend  -allowExtendedMasterSecret YES

set ssl profile ns_default_ssl_profile_backend  -allowExtendedMasterSecret YES
<!--NeedCopy-->

次の表に、さまざまなデフォルトプロファイルとユーザー定義プロファイルに対するallowExtendedMasterSecretパラメーターのデフォルト値を示します。

Profile デフォルト設定
既定のフロントエンドプロファイル いいえ
デフォルトのフロントエンドセキュアプロファイル はい
デフォルトのバックエンドプロファイル いいえ
ユーザー定義プロファイル いいえ

GUI を使用して EMS を有効にする

  1. システム > プロファイル > SSL プロファイルに移動します
  2. プロファイルを追加するか、プロファイルを編集します。
  3. [ 拡張マスターシークレットを許可 ] を [はい]

    EMS

クライアントの hello メッセージでの ALPN 拡張機能の処理のサポート

注: この機能は、リリース 13.0 ビルド 61.x 以降でサポートされています。

SSL_TCP仮想サーバーによって処理される接続の ALPN 拡張でアプリケーションプロトコルをネゴシエートするために、フロントエンド SSL プロファイルにパラメーターalpnProtocolが追加されます。クライアント hello メッセージの ALPN 拡張で同じプロトコルが受信された場合、SSL プロファイルで指定されたプロトコルだけがネゴシエートされます。

注:alpnProtocolパラメーターは、フロントエンド SSL プロファイルでのみサポートされ、SSL_TCP タイプの仮想サーバーによって処理される SSL 接続に適用されます。

CLI を使用してフロントエンド SSL プロファイルにプロトコルを設定する

コマンドプロンプトで入力します。

set ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend -alpnProtocol <protocol_name>

alpnProtocolパラメータには 3 つの値を指定できます。最大長:4096 バイト。

  • NONE: アプリケーションプロトコルのネゴシエーションは行われません。この設定がデフォルトです。
  • HTTP1: HTTP1 はアプリケーションプロトコルとしてネゴシエートできます。
  • HTTP2: HTTP2 はアプリケーションプロトコルとしてネゴシエートできます。

例:

set ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend -ALPNProtocol HTTP2
> sh ssl profile ns_default_ssl_profile_frontend
1)  Name: ns_default_ssl_profile_frontend   (Front-End)
    SSLv3: DISABLED TLSv1.0: ENABLED  TLSv1.1: ENABLED  TLSv1.2: ENABLED  TLSv1.3: DISABLED
    Client Auth: DISABLED
    Use only bound CA certificates: DISABLED
    Strict CA checks:   NO
    Session Reuse: ENABLED  Timeout: 120 seconds
    DH: DISABLED
    DH Private-Key Exponent Size Limit: DISABLED    Ephemeral RSA: ENABLED  Refresh Count: 0
    Deny SSL Renegotiation  ALL
    Non FIPS Ciphers: DISABLED
    Cipher Redirect: DISABLED
    SSL Redirect: DISABLED
    Send Close-Notify: YES
    Strict Sig-Digest Check: DISABLED
    Zero RTT Early Data: DISABLED
    DHE Key Exchange With PSK: NO
    Tickets Per Authentication Context: 1
    Push Encryption Trigger: Always
    PUSH encryption trigger timeout:    1 ms
    SNI: DISABLED
    OCSP Stapling: DISABLED
    Strict Host Header check for SNI enabled SSL sessions:  NO
    Match HTTP Host header with SNI:    CERT
    Push flag:  0x0 (Auto)
    SSL quantum size:   8 kB
    Encryption trigger timeout  100 mS
    Encryption trigger packet count:    45
    Subject/Issuer Name Insertion Format:   Unicode

    SSL Interception: DISABLED
    SSL Interception OCSP Check: ENABLED
    SSL Interception End to End Renegotiation: ENABLED
    SSL Interception Maximum Reuse Sessions per Server: 10
    Session Ticket: DISABLED
    HSTS: DISABLED
    HSTS IncludeSubDomains: NO
    HSTS Max-Age: 0
    HSTS Preload: NO
    Allow Extended Master Secret: NO
    Send ALPN Protocol: HTTP2

 Done
 <!--NeedCopy-->

GUI を使用してフロントエンド SSL プロファイルにプロトコルを設定する

  1. [ システム] > [プロファイル] に移動し、[ SSL プロファイル] を選択します。

  2. ns_default_ssl_profile_frontend を選択し、[ 編集] をクリックします。

  3. [ ALPN プロトコル ] リストで [ HTTP2] を選択します。

    GUI での ALPN プロトコル選択

古い設定をロードする

デフォルトプロファイルの有効化は元に戻せません。ただし、展開にデフォルトプロファイルが必要ないと判断した場合は、デフォルトプロファイルを有効にする前に保存した古い設定を読み込むことができます。この変更は、アプライアンスの再起動後に有効になります。

CLI を使用して古い設定をロードする

コマンドプロンプトで入力します。

shell

root@ns# clear config

root@ns# cd /nsconfig

root@ns# cp ns.conf.NS.11.0.jun.16 ns.conf

root@ns# reboot
<!--NeedCopy-->