Citrix Hypervisor 8.2

Citrix Hypervisorは仮想アプリケーションとデスクトップのワークロード用に最適化された高性能のハイパーバイザーで、Xen Projectハイパーバイザーをベースとしています。

最新リリース

Citrix Hypervisor 8.2は、Citrix Hypervisorの最新リリースであり、このドキュメントにはその機能と構成が記載されています。

  • Citrix Hypervisor 8.2の新機能については、「新機能」を参照してください。

Citrix Hypervisorの最新リリースに関するその他の記事は、左側の目次に記載されています。モバイルを使用している場合は、ページ上部のメニューアイコン(3本の横棒)からこの目次にアクセスできます。

以前のリリース

以前のサポートされるリリースのドキュメントについては、以下を参照してください:

サポートされなくなったCitrix HypervisorおよびXenServerリリースでは、ドキュメントは古いドキュメントのページにアーカイブされています。

最新リリースおよび長期サービスリリースに対するCitrix Hypervisor製品のライフサイクル戦略については、「Citrix Hypervisorのライフサイクルマイルストーン」で説明されています。

Citrix Hypervisorについて

Citrix Hypervisorは、Citrixが提供する包括的なサーバー仮想化プラットフォームです。Citrix Hypervisorのパッケージには、ネイティブに近いパフォーマンスを提供するオープンソース準仮想化ハイパーバイザーの、Xen上で動作する、仮想x86コンピューターの環境の作成と管理に必要なすべてのリソースが含まれています。Citrix Hypervisorは、WindowsおよびLinuxの仮想サーバーの両方向けに最適化されています。

Citrix Hypervisorは何らかのオペレーティングシステム上で動作するのではなく、サーバーのハードウェア上で直接動作します。このため、システムリソースが効率的に使用され、高いスケーラビリティが提供されます。Citrix Hypervisorは、物理マシンの各要素(ハードドライブ、リソース、ポートなど)を抽象化して、そのマシン上で動作する仮想マシンにそれらの要素を割り当てることで機能します。

仮想マシン(VM:Virtual Machine)は、すべての要素がソフトウェアで構成されたコンピュータを指し、物理コンピュータと同様にオペレーティングシステムやアプリケーションを実行できます。各仮想マシンは仮想的な(ソフトウェアベースの)CPU、RAM、ハードディスク、およびネットワークインターフェイスカードを持ち、物理コンピュータと同じように動作します。

Citrix Hypervisorでは、仮想マシンの作成、ディスクスナップショットの作成、および仮想マシンワークロードの管理を行えます。Citrix Hypervisorの主な機能をまとめた一覧については、https://www.citrix.com/products/citrix-hypervisor/を参照してください。

XenCenter

XenCenterは、Windows GUIクライアントです。複数のCitrix Hypervisorサーバーとリソースプール、およびそれらに関連付けられた仮想インフラストラクチャを管理する場合に優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。詳しくは、XenCenterドキュメントを参照してください。