ネットワークエクスペリエンスの監視

概要

Citrix Network Experience Monitoring(NEM) サービス( 旧Netscope)を使用すると、サービスプロバイダー、企業、ISP、およびサードパーティのサービスプロバイダは、詳細なレーダー測定ログと、要約された実用的なデータの形式で標準レポートにアクセスできます。NEM では、サービス品質の測定に使用できる標準ログとレポートがいくつか用意されています。

このソリューションには、「生の」レーダー測定配信とCitrix ITMデータAPIへのアクセスが含まれます。NEM は、粒状データ(生の測定値またはデータ集計のいずれか)とデータしきい値アラートの両方を提供します。これらのサービスは、プラットフォームピアと基盤となるISPの検出、プラットフォームの可用性の分離、およびパフォーマンスの問題を支援します。

レーダーの「未加工」測定:レーダー測定は、毎日バッチ処理されるイベントごとの詳細な情報を提供します。レーダー測定には、タグによって収集されたパブリックコミュニティおよびプライベートの測定データが含まれます。HTTPおよびHTTPS測定の可用性、応答時間、スループットなどのデータが含まれます。次のデータフィールドが用意されています。

  • プロバイダID、リゾルバIP、難読化された (/28) クライアントIP
  • 難読化されたリファラーヘッダー、ユーザーエージェント、エンドユーザーASN
  • リゾルバーフィールドとクライアントフィールドの地理データ

「未加工」測定で使用できるレーダーメトリクスは次のとおりです。

  • 可用性、応答時間、およびスループット (測定時)
  • DNS ルックアップ時間 (オプション)、TCP 接続時間 (オプション)、およびセキュア接続時間 (オプション)
  • レイテンシー(オプション)
  • ダウンロード時間 (オプション)

レーダー測定は、顧客が収集したデータを独自に分析できるようにするために利用できます。データセットには、さまざまな通信プロトコルのプロバイダのパフォーマンスと可用性(エラー)に関する情報が含まれます。

ログファイルデータは、AWS S3 または Google クラウドストレージバケットから 7 日間利用できます。顧客は、標準のバケットアクセス方法を使用して、コミュニティデータとプライベートデータのログファイルを取得できます。

リアルタイムレーダーの「生」測定(オプション): 生のレーダー測定は AWS S3 バケットにリアルタイムで提供されます。これらのログは、通常、収集から 5 分以内に入手できます。これらは、前述のレーダー生測定と同じくらいの粒度を提供します。

データAPI:Citrix ITM RadarデータAPIは、Radarのパブリックコミュニティとプライベート測定データの集約を提供します。データは継続的に更新され、約 60 秒ごとにバッチ処理され、API による取得が行われます。データ API は、Radar データを独自のレポートおよびダッシュボードに統合できるように提供されています。

ログの共有と配信

  • レーダーログはリアルタイムで毎日配信できます。
  • レポートは毎日実行されます。
  • 結果は AWS S3 (S3) または Google クラウドストレージ (GCS) に保存されます。
  • ログとレポートはどちらも 7 日間の保存期間があり、作成後 1 週間後に自動的に削除されます。
  • レポートは通常、レポートの種類に応じて TSV (タブ区切り値) または JSON 形式になります。

お客様には、S3 および GCS バケットにアクセスするためのログイン情報が提供されます。s3cmd や S3 の AWS CLI や GCS の gsutil などのコマンドラインツールを使用してログインできます。S3cmd 構成ファイルは、ポータル UI を介して受け取ったアクセスキーを認識し、ユーザーが S3 バケットに接続するのに役立ちます。

S3 に接続してログにアクセスするには、AWS CLI をお客様のコンピューターにインストールする必要があります。GCS の場合、お客様は Gsutil ツールで使用できる Portal UI を介してアクセスキーファイルをダウンロードとして受け取ります。詳しくは、FAQを参照してください。

レポートが利用可能になると、顧客は電子メール通知を受け取ります。

プラットフォーム設定

Netscope NEM に必要なデータをサポートおよび生成するようにプラットフォームを構成する必要があります。開始する前に、ご使用のプラットフォームで次の設定が有効になっていることを確認してください。

  • 匿名の最良レポートの場合は、 レーダープローブ設定を有効にします
    • 匿名ベスト RTT の場合は、 応答時間および可用性を有効にします。
    • [匿名の最適スループット] の場合は、[ スループット] と [可用性] を有効にします。
  • キャッシュノード ID レポートの場合は、 レーダープローブ設定を有効にし、[ レーダーの詳細設定]で [ ノード ID] を有効にします。
  • [リソースのタイミングの詳細] で、[ レーダーの詳細設定] で [ タイムスタンプを含める] を有効にします。

ナビゲーション

メインメニューから [ Netscope NEM] を選択します。[ ネットワークエクスペリエンス監視の設定 ] ページが開きます。

ナビゲーション

プラットフォームとネットワーク

必要なプラットフォームまたはネットワーク (またはその両方)を選択して、構成プロセスを開始します。

注:

少なくとも 1 つのプラットフォームまたはネットワークが選択されている場合にのみ 、ログとレポートを構成および生成できます。

顧客が受け取る要約データには、選択したプラットフォーム (すべての関連ネットワーク) のレーダー測定値、または選択したネットワーク (関連するすべてのプラットフォーム測定値) が含まれます。

プラットフォームの選択

コンテンツサービスプロバイダーまたは企業の場合は、CDN、クラウド、データセンター、またはその他のエンドポイントなどのプラットフォームを選択します。測定が必要なプラットフォームを選択します。

プラットフォーム

ネットワークの選択

ISP の場合は、測定が必要なプラットフォームまたはエンドポイントに関連付けられたリストから [ Networks ] を選択します。

注:

必要なプラットフォームが一覧に見つからない場合は、ポータルの [ プラットフォーム ] セクションで構成できます。利用できないネットワークについては、 サポートチームにお問い合わせください

ネットワーク

プラットフォームレポート

プラットフォームレポートには、次の 4 つのタイプがあります。

  1. ラウンドトリップ時間(RTT)の匿名ベスト
  2. スループットの最適な匿名
  3. キャッシュノード ID
  4. 国別時間/ASN

ログの説明については、 サービスプロバイダーと企業向けのレーダーログの説明とレポートを参照してください

プラットフォームレポートを有効にする

トグルボタンをクリックして、受信するレポートを有効または無効にします。既存のレポートを無効にすると、新しいログは生成されませんが、古いレポートは現在の場所に残ります。

プラットフォームレポート

プラットフォーム向け匿名ベストレポート

  • これらのレポートは、プロバイダーが自社のパフォーマンスをピアグループ内の他のプラットフォーム、つまり同じ国、リージョン、またはASN内のプラットフォームと比較するのに役立ちます。
  • ピアグループの上位 15 プロバイダーのパフォーマンスデータは、同じカテゴリに基づいて集計されます。ベストは、特定のプロバイダーのベストバリューの横に表示されます。
  • SSL プラットフォーム用の匿名ベストレポートが用意されており、そのパフォーマンスを他の SSL プラットフォームと比較できます。
  • クライアント IP は /28 に切り捨てられます。
  • 「最高」プロバイダーの成果は、クラウド/CDNが、競合他社にとって競争力に弱い大量またはビジネスクリティカルなASNにパフォーマンスへの取り組みを集中させるのに役立ちます。
  • レポートには、DNSリゾルバーIP、クライアントIP /28、およびオブジェクトを処理したキャッシュノードごとに分類されたパフォーマンスの詳細が表示されます。同じ基準で「最高」のプラットフォームと同じものが比較されます。

RTT とスループットで使用できます。

プラットフォームのキャッシュノード ID レポート

  • このレポートは、要求に応答した特定のサーバまたはデータセンターを特定し、サーバの問題の診断に役立ちます。
  • これは、特定の要求に応答したデータセンターまたはマシンの ID を提供します。
  • これは、特定のノード(POPまたはマシン、またはノード ID)を介したパフォーマンスが良いか悪かったのかを理解するのに役立ちます。
  • パフォーマンスは、応答時間、スループット、可用性(プローブタイプ)、DNSリゾルバーIP、クライアントIP /28、およびオブジェクトを処理したキャッシュノードで構成されます。
  • ログの説明については、「サービスプロバイダーと企業向けのレーダーログの説明とレポート」を参照してください。

国別時間/ASN

ネットワークレポート

ネットワークレポートには、次の 3 つのタイプがあります。

  1. ラウンドトリップ時間(RTT)の匿名ベスト
  2. スループットの最適な匿名
  3. サブネット

ログの説明については、「ISP のレーダーログの説明とレポート」を参照してください。

ネットワークレポートを有効にする

トグルボタンをクリックして、受信するレポートを有効または無効にします。無効にすると、新しいログの生成は停止しますが、古いレポートは作成されます。 サブネットレポートを生成するには、ネットワークの特定のサブネットを入力します。サブネットが入力されていない場合、デフォルトサブネットとして ASN CIDR ブロックを使用してレポートが生成されます。

ネットワークレポート

ISPのための匿名のベストレポート

  • ISP の Anonymous Best レポートでは、ピアグループが「最良」の比較に使用されます。ピアグループは、ISP の場所に基づいています。これは通常、特定の国で最も測定された10個のISPで、最低でも1,000セッションを超えています。
  • 「最高の」ISPの結果は、ISPが大量またはビジネスクリティカルなプラットフォームや、同業他社にとって競争的に弱い領域にパフォーマンスへの取り組みを集中させるのに役立ちます。
  • このレポートでは、地理的およびプラットフォーム別に分類されたパフォーマンスの詳細が提供され、同じ基準で「最良」の ISP と比較されます。
  • RTT とスループットで使用できます。
  • ログの説明については、「ISP のレーダーログの説明とレポート」を参照してください。

ISP のサブネットレポート

  • このレポートは、ISPが測定するプラットフォームを通じて、ネットワークの特定のサブネットがユーザーに対してどのように機能しているかに関する情報を提供します。
  • これは、特定の要求に応答したサービスプロバイダに関する情報を提供します。
  • ネットワークサブネットごとのパフォーマンスを理解するのに役立ちます。
  • パフォーマンスは、応答時間、スループット、可用性 (プローブの種類)、DNS リゾルバー IP、クライアント IP /28、およびユーザーのサブネットで構成されます。
  • ログの説明については、「ISP のレーダーログの説明とレポート」を参照してください。

レーダーログ

  • レーダーログは、プラットフォームとネットワークで使用できます。
  • これらは、未加工ログで使用可能なフィールドのサブセットが含まれ、一部匿名化されたデータ(クライアント IP /28、リファラー MD5 ハッシュ化)があります。
  • 測定を生成したページに関係なく、パブリックプラットフォームで測定されたすべての測定が提供されます。

注:

NEM は完全なクライアント IP を公開しません。代わりに、/28 を公開します。たとえば、255.255.255.255 の IP は、255.255.255.240/28 としてレポートに表示されます。

ログ頻度

レーダーログは、毎日(24時間ごと)、つまり一日の終わり、UTC時間で生成することができます。ログはリアルタイム(分単位)で生成することもできます。

ファイル形式

次のいずれかの形式でログとレポートを受信するには、 TSV または JSON を選択します。

測定タイプ

ログは、可用性、応答時間、スループットの測定タイプに設定できます。レポートでは、1: 可用性、0: HTTP 応答時間、14: HTTP スループット

リソースタイミングの詳細

[ はい ] または [いいえ] ボタンをクリックして、リソースタイミングの詳細を含めることもできます。リソースのタイミングの詳細には、

  • DNS ルックアップ時間
  • TCP 接続時間
  • 安全な接続時間
  • ダウンロード時間

ログの説明については、 「サービスプロバイダーと企業向けのレーダーログの説明とレポート」を参照してください。

ログの設定

ナビゲーションタイミングログ

ログ頻度

ナビゲーションタイミングログは、毎日 (24 時間ごと)、つまり 1 日の終わり (UTC 時間) に生成できます。ログはリアルタイム(分単位)で生成することもできます。

ファイル形式

[ TSV ] または [ JSON ] を選択して、ナビゲーションタイミングログを次のいずれかの形式で受信します。ログの説明については、「ナビゲーションタイミングログの説明」を参照してください。

ナビゲーションタイミングログ

Openmixログ

ログ頻度

Openmix ログはリアルタイム (つまり 1 分単位) で生成されます。これらのログは、Openmix のお客様に対してリアルタイムの測定結果を提供します。

ファイル形式

[ TSV ] または [ JSON ] を選択して、Openmix および HTTP Openmix ログをこれらの形式のいずれかで受信します。しかし、JSONは推奨フォーマットです。

ログの説明については、「Openmix ログの説明」を参照してください。

Openmixログ

クラウドサービスの提供

このオプションでは、配信モードを選択できます。AWS S3 バケットまたは Google クラウドストレージ(GCS)バケットのどちらでログとレポートを受信するかを選択できます。 提供されたログイン情報を使用して S3 バケットと GCS バケットにアクセスし、S3 の場合は s3cmd または AWS CLI を使用し、GCS には gsutil コマンドラインを使用できます。

AWS S3

AWS S3 バケットにログとレポートが配信されるようにするには、[ AWS S3] を選択します。

場所

Location は、ログとレポートが保存される AWS S3 内のバケットを表します。

IAM キー

AWS S3 で [ キーを生成 ] ボタンを選択すると、AWS IAM キー (アクセスキーとシークレットキー) が生成され、[IAM キー] に表示されます。キーは後で見るためにどこにも保存されないので、必ず記録してください。

注:

アクセスキーとシークレットキーのペアは、秘密キーの唯一のコピーです。顧客はそれらを安全に保管する必要があります。新しいキーを再生成すると、既存のキーが無効になります。 S3cmd 設定ファイルは、(ポータル UI 経由で受け取った)アクセスキーを認識し、お客様が S3 バケットへの接続を支援します。S3 に接続するには、AWS CLI をお客様のマシンにインストールする必要があります。

s3cmd でアクセスキーとシークレットキーを使用して S3 バケットからレポートをダウンロードする方法については、 FAQを参照してください。

AWS S3

グーグルクラウドストレージ

GCS に配信するログとレポートについては、[ Google クラウドストレージ] を選択します。

場所

場所は、ログとレポートが保存される Google クラウドストレージ内のバケットを表します。

IAM キー

[ キーファイルを生成 ] ボタンを選択すると、Google サービスアカウントのキーファイルがコンピュータにダウンロードされます。

注:

このキーファイルは、秘密キーの唯一のコピーとして機能します。サービスアカウントのメールアドレスをメモし、サービスアカウントの秘密鍵ファイルを安全に保存します。新しいキーファイルを再生成すると、既存のファイルは無効になります。

このキーファイルを gsutil ツールとともに使用して、GCS バケットからログとレポートをダウンロードできます。キーファイルを使用してログファイルをダウンロードする方法について詳しくは、FAQを参照してください。

GCS

サービスプロバイダーおよび企業向けのレーダーログの説明とレポート

プロバイダのレーダーログ

  • これらのログは、ベンチマークパートナーのレーダー測定を提供します。
  • これらは、測定を生成したページに関係なく、パブリックプラットフォームで取得したすべての測定を提供します。
  • レーダーログには、未加工ログで使用可能なフィールドのサブセットが含まれ、一部匿名化されたデータ(クライアント IP /28、リファラー MD5 ハッシュ化)があります。
  • 以下は、TSV ファイル形式のサンプルプラットフォームレーダーログ共有です

注:

  • NEM は完全なクライアント IP を公開しません。代わりに、/28 を公開します。たとえば、255.255.255.255 の IP は、255.255.255.240/28 としてレポートに表示されます。
  • クライアントのGEO情報は、より詳細なクライアントのIPv4に基づいて抽出されます。

ログの説明

以下は、レーダーログの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
Timestamp これは、YYYY-MM-DDTHH:MI:SSZ 形式の要求の UTC 時間です。ログテーブルの実際の値 (秒まで) は、時間/日テーブルでそれぞれ最も近い時間 (2018-03-30T23:00:00Z) または日 (2018-03-30T00:00:00Z) に丸められます。タイムスタンプはすべてのデータセットで常に UTC です。
一意のノード ID キャッシュノード ID とも呼ばれます。これは任意の値です。通常、CDNエッジサーバーが返すIPは、CDNが特定の要求を処理したサーバーを内部で識別するのに役立ちます。」(空の文字列): UNI 検出をサポートしていないレーダークライアントから取得されます。0: ユーザエージェントは UNI 検出に必要な機能をサポートしていません。1: クライアントは UNI 検出中に、HTTP 404 やその他の応答の失敗などのエラーを検出しました。2: UNI 検出が試行されましたが、エラーが発生しました。
プロバイダ ID 測定されるプラットフォームの内部 ID。
プローブタイプ 測定されるプローブタイプ(例:HTTP 接続時間、0: HTTP 応答時間、14: HTTP スループットなど)。サービスが利用可能であることを示すには、許可された時間内に正常に返された情報を使用します。
応答コード 測定の結果。E.G.0: 成功、1: タイムアウト、> 1: エラー。可用性の計算では、測定値の割合は、測定値の総数(応答に関係なく合計)に対する0(成功)の応答で取得されます。他のプローブタイプ (RTT とスループット) の場合、フィルターは RTT の統計を計算するときに、成功コードが 0 の RTT データポイントのみを考慮する必要があります。スループットについても同じ。
測定値 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。これは、可用性(1)/応答時間(0)の測定値をミリ秒で表し、スループット(14)をkbpsで表します。
リゾルバー市場 要求を処理した DNS リゾルバの市場。一般に、DNS リゾルバーがある大陸、0: 不明 (XX)、1: 北米 (NA) 5: アフリカ (AF)、3: ヨーロッパ (EU)、4: アジア (AS)、2: オセアニア (OC)、6: 南米 (SA)。
リゾルバーの国 request.IDを処理した DNS リゾルバーの国は、https://community-radar.citrix.com/ref/countries.json.gzで名前にマッピングできます。
リゾルバリージョン Request.IDS を処理した DNS リゾルバーのリージョンは、次の名前にマップできます。https://community-radar.citrix.com/ref/regions.json.gz 注: 世界のすべての国に定義されたリージョンがあるわけではありません。
リゾルバの州 request.ID を処理した DNS リゾルバの州は、https://community-radar.citrix.com/ref/states.json.gzで名前にマッピングできます。 注:世界のすべての国に定義された州があるわけではありません。
リゾルバーシティ リクエストを処理した DNS リゾルバーの都市。Resolver city は、リゾルバーの IP アドレスを検索することによって追加されます。 https://community-radar.citrix.com/ref/cities.json.gz
リゾルバASN 要求を処理した DNS リゾルバの自律システム番号(ASN)。通常、DNS リゾルバー ID を持つ ASN は、 https://community-radar.citrix.com/ref/asns.json.gz
リゾルバIP インフラストラクチャが DNS 要求を受信した DNS リゾルバの IP アドレス。
クライアント市場 この測定を生成したエンドユーザーの市場。通常、クライアント IP が配置されている大陸。0: 不明 (XX)、1: 北米 (NA) 5: アフリカ (AF)、3: ヨーロッパ (EU)、4: アジア (AS)、2: オセアニア (OC)、6: 南米 (SA)。
クライアントの国 このmeasurement.IDを生成したエンドユーザーの国は、https://community-radar.citrix.com/ref/countries.json.gzで名前にマッピングできます。
クライアントリージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。通常、クライアントIPが配置されている地理的リージョン。IDは次で名前にマップできます。https://community-radar.citrix.com/ref/regions.json.gz 注:世界のすべての国に定義されたリージョンがあるわけではありません。
クライアントの州 この測定を生成したエンドユーザーの州。通常、クライアント IP が配置されている州。ID はhttps://community-radar.citrix.com/ref/states.json.gzで名前にマッピングできます。注:世界のすべての国に定義された州があるわけではありません。
クライアントの都市 この測定を生成したエンドユーザーの都市。一般に、クライアントIPが配置されている都市です。IDはhttps://community-radar.citrix.com/ref/cities.json.gzで名前にマッピングできます。
クライアントASN この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)。通常、client IP.IDを含む ASN は、https://community-radar.citrix.com/ref/asns.json.gzで名前にマッピングできます。
クライアントIP この測定を生成したエンドユーザの IP。
リファラーホスト MD5 リファラー情報(プロトコル、ホスト、およびパス)は、レーダーへのHTTPリクエストのリファラーヘッダーから来ています。リファラーホストは MD5 ハッシュ化されています。
ユーザー エージェント タグをホストしているのは、ブラウザページのユーザーエージェント文字列です。たとえば、Chrome を使用して Radar タグのあるページを参照すると、バックグラウンドでのレーダー測定は Chrome ブラウザからのユーザーエージェントを記録します。測定値には、Chrome ブラウザ、Chrome のバージョン、Chrome が実行されている OS に関する情報などが含まれます。
DNS 検索時間(オプション) リソースタイミング API では、ドメインルックアップ終了とドメインルックアップ開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは、domainLookupEnd - domainLookupStartとして計算されます。
TCP 接続時間(オプション) リソースタイミング API では、接続終了と接続開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは connectEnd-connectStart として計算されます。
セキュア接続時間(オプション) リソースタイミング API では、接続終了とセキュア接続開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これはconnectEnd - secureConnectionStart.として計算されます。
レイテンシー (オプション) リソースタイミング API では、応答開始と要求開始の差が計算されます。両方の値が null ではなく、応答の開始時間がリクエストの開始時間より大きい場合に計算します。responseStart - requestStartとして計算されます
ダウンロード時間 (オプション) リソースタイミング API では、応答終了と応答開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは responseEnd-responseStart として計算されます。
クライアントプロファイル このフィールドは、データがモバイルアプリからのものかブラウザからのものかを識別するのに役立ちます。また、iOS、Android アプリ、ブラウザーを区別することができます。番号は、各クライアントプロファイルを識別するために使用されます。このフィールドの値は、null、0、1、2、3、4 です。どこで、null: 一般的に、client_profile 値の送信をサポートしていない古いレーダークライアントを意味します。0: ブラウザ; 1: iOS-Swift で書かれたiOSアプリ用のレーダーランナー; 2: Android; 3: Webサイトのモバイル版のブラウザ; 4: iOS-Objective-Cで書かれたiOSアプリ用のレーダーランナー。
クライアントプロファイルのバージョン クライアントプロファイルのバージョンは、モバイルアプリで使用されたレーダーランナーコード(iOS用)またはAndroidRadar SDK(Android用)のバージョンがわかります。このフィールドは内部使用のみを目的としています。
デバイスカテゴリ すべてのデバイスは、スマートフォン、タブレット、PC、スマートテレビ、その他のいずれかに分類されます。パーサーがいずれかのフィールドの値を決定できない場合、「その他」がデフォルト値として使用されます。
デバイス Apple iPhone など、ユーザーが使用しているデバイスの種類。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
Webブラウザー ユーザが使用しているブラウザのタイプ。たとえば、Mobile Safari UI/WKWebView 0.0.0。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
OS 使用されているオペレーティングシステム。たとえば、iOS 11.0.3。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
レポートクライアント IP このIPは、測定を行うユーザーのマスクされた/48パブリックIPです。IPv4 または IPv6 (サポートされている場合) のいずれかになります。

匿名のベストレポート

  • 匿名ベストレポートは、プロバイダーが自分のパフォーマンスを同じ国、リージョン、またはASN内の他のプラットフォームのピアグループと比較するのに役立ちます。
  • ピアグループの上位 15 プロバイダーのパフォーマンスデータは、同じカテゴリに基づいて集計されます。ベストは、特定のプロバイダーのベストバリューの横に表示されます。
  • SSL プラットフォーム用の匿名ベストレポートが用意されており、そのパフォーマンスを他の SSL プラットフォームと比較できます。
  • クライアント IP は /28 に切り捨てられます。
  • 「最高」プロバイダーの成果は、クラウド/CDNが、競合他社にとって競争力に弱い大量またはビジネスクリティカルなASNにパフォーマンスへの取り組みを集中させるのに役立ちます。
  • レポートには、DNSリゾルバーIP、クライアントIP /28、およびオブジェクトを処理したキャッシュノードで構成されるパフォーマンスの詳細が表示されます。同じ基準で「最高」のプラットフォームと比較されます。
  • RTT またはスループットで使用できます。
  • 以下は、 TSVファイル形式のRTT用プラットフォーム匿名ベストレポートのサンプルです

ログの説明

以下は、匿名ベストレポートの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
リゾルバーの国 要求を処理した DNS リゾルバの国。
リゾルバリージョン 要求を処理した DNS リゾルバのリージョン。
リゾルバの州 要求を処理した DNS リゾルバーの州。
リゾルバASN ID 要求を処理した DNS リゾルバの自律システム番号。通常、DNS リゾルバーを持つ ASN。
リゾルバASN名 ASNの名前。
リゾルバIP 要求を処理した DNS リゾルバの IP。
クライアントの国 この測定を生成したエンドユーザーの国。
クライアントリージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。
クライアントの州 この測定を生成したエンドユーザーの州。
クライアント ASN ID この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)番号。通常、クライアントIPを持つASNです。
クライアント ASN 名 測定を生成したエンドユーザーのASNの名前。
クライアントIP 測定を生成したエンドユーザの IP。
成功 成功した測定の合計数。ヒント:成功/合計 == 可用性。
タイムアウト タイムアウトした測定値の数。
エラー エラーだった測定値の数。
合計 測定値の合計数。
平均 その行のすべての測定値の平均。
最良平均値 ピアグループのトップ15プロバイダのうち、最高の平均です。
最良平均測定 最適な平均数を生成した測定値の総数。
中央値 50番目のパーセンタイル値は、測定値が順番にリストされている場合の、特定のプロバイダーの測定値の中間値です。
最良中央値 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最も良い 50 パーセンタイル値 (測定値の 50% を下回る)。
最良中央値測定値 ベストメディアンを生成した測定の合計数
5日 プロバイダーの 5 番目の百分位数。
最良5番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良5番目パーセンタイル値。
最良5番目の測定 最良5番目を生産した測定値の合計数
10番目 プロバイダの 10 番目の百分位数。
最良10番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良10番目パーセンタイル値。
最良10番目の測定 最良10番目を生産した測定値の合計数
90番目 プロバイダの 90番目のパーセンタイル値。
最良90番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良90番目パーセンタイル値。
最良90番目の測定 最良90番目を生産した測定値の合計数
95番目 プロバイダの95番目パーセンタイル値。
最良95番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良95番目パーセンタイル値です。
最良95番目の測定 最良95番目を生産した測定値の合計数
Stdev プロバイダの標準偏差
ベストStdev ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最適な標準偏差。
最高の標準測度測定 最良の標準開発を生成した測定の合計数。
可用性 プロバイダの可用性の割合。可用性は、プローブの成功率です。成功/ (成功 + 失敗 + タイムアウト)
最高の可用性 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最高の可用性値。
最高の可用性の測定 最高の可用性を生み出した測定値の数
重要度 実用的なデータを見つけるために生成された合成値。
一意のノード ID これらの ID は、その行の測定値の一意のノード ID のカンマ区切りリストです。
測定タイプ 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。HTTP_COLD (可用性)、HTTP_RTT (ラウンドトリップ時間)、または HTTP_KBPS (スループット) です。
プロバイダ ID そのプロバイダーの内部Citrix ID番号。

キャッシュノード ID レポート (以前のマルチサービスプロバイダレポート)

このレポートは、要求に応答した特定のサーバまたはデータセンターを特定し、サーバの問題の診断に役立ちます。

  • これは、特定の要求に応答したデータセンターまたはマシンの ID を提供します。
  • これは、特定のノード(POPまたはマシン、またはノード ID)を介したパフォーマンスが良いか悪かったのかを理解するのに役立ちます。
  • パフォーマンスは、応答時間、スループット、可用性(プローブタイプ)、DNSリゾルバーIP、クライアントIP /28、およびオブジェクトを処理したキャッシュノードで構成されます。
  • 以下は、TSV ファイル形式のプラットフォームキャッシュノード ID レポートのサンプルです

ログの説明

以下は、キャッシュノード ID レポートの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
プロバイダ名 測定されているのはプロバイダーの名前です。
測定値 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。接続 (1) /RTT (0) の測定値 (ミリ秒) と、スループット (14) の測定値 (kbps) です。
一意のノード ID これはキャッシュノード ID として知られています。任意の値。通常は、CDN エッジサーバーが特定の要求を処理したサーバーを CDN が内部的に識別するために返す IP です。」(空の文字列): UNI 検出をサポートしていないレーダークライアントから取得されます。0: ユーザエージェントは UNI 検出に必要な機能をサポートしていません。1: クライアントは UNI 検出中に、HTTP 404 やその他の失敗した応答などのエラーを検出しました。2: UNI 検出が試行されましたが、エラーが発生しました。
リゾルバーの国 要求を処理した DNS リゾルバの国。
リゾルバリージョン 要求を処理した DNS リゾルバのリージョン。
リゾルバの州 要求を処理した DNS リゾルバーの州。
リゾルバASN 要求を処理した DNS リゾルバの自律システム番号。通常、DNS リゾルバーを持つ ASN。
リゾルバASN名 ASNの名前。
リゾルバIP 要求を処理した DNS リゾルバの IP。
クライアントの国 この測定を生成したエンドユーザーの国。
クライアントリージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。
クライアントの州 この測定を生成したエンドユーザーの州。
クライアントASN この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)番号。通常、クライアントIPを持つASNです。
クライアント ASN 名 測定を生成したエンドユーザーのASNの名前。
クライアントIP 測定を生成したエンドユーザの IP。
成功 成功した測定の合計数。ヒント:成功/合計 == 可用性。
タイムアウト タイムアウトした測定値の数。
エラー エラーだった測定値の数。
合計 測定値の合計数。
平均 各行の測定値の平均。
中央値 50番目のパーセンタイル値は、測定値が順番にリストされている場合の、特定のプロバイダーの測定値の中間値です。
5日 プロバイダーの 5 番目の百分位数。
10番目 プロバイダの 10 番目の百分位数。
90番目 プロバイダの 90番目のパーセンタイル値。
95番目 プロバイダの95番目パーセンタイル値。
Stdev プロバイダの標準偏差。
可用性 プロバイダの可用性の割合。
重要度 実用的なデータを見つけるために生成された合成値。

国別時間/ASNレポート

ログの説明

以下は、国別時間別/ASNレポートの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
タイムスタンプ 60 分 測定が行われたUTC時間は、時間に切り捨てられます。たとえば、2018-03-11T23:00:00。
プロバイダ名 測定されているのはプロバイダーの名前です。
測定タイプ 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。HTTP_COLD (可用性)、HTTP_RTT (ラウンドトリップ時間)、または HTTP_KBPS (スループット) です。
クライアントの国 この測定を生成したエンドユーザーの国。
クライアントASN この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)番号。通常、クライアントIPを持つASNです。
クライアント ASN 名 測定を生成したエンドユーザーのASNの名前。
成功 成功した測定の合計数。ヒント:成功/合計 == 可用性。
タイムアウト タイムアウトした測定値の数。
エラー エラーだった測定値の数。
合計 測定値の合計数。
平均 各行の測定値の平均。
中央値 50番目のパーセンタイル値は、測定値が順番にリストされている場合の、特定のプロバイダーの測定値の中間値です。
5日 プロバイダーの 5 番目の百分位数。
10番目 プロバイダの 10 番目の百分位数。
90番目 プロバイダの 90番目のパーセンタイル値。
95番目 プロバイダの95番目パーセンタイル値。
Stdev プロバイダの標準偏差。
可用性 プロバイダの可用性の割合。
重要度 実用的なデータを見つけるのに役立つ合成価値。
プロバイダ ID そのプロバイダーの内部Citrix ID番号。

ISP のレーダーログの説明とレポート

ISP のレーダーログ

レーダーログにより、ISPはグローバルプラットフォームに対するパフォーマンスを詳細に測定できます。ISPはこのデータを使用して、改善が必要な領域を見つけたり、期待されるパフォーマンスを検証したりすることができます。

  • レーダー測定へのアクセスを提供します。
  • 測定を生成したページに関係なく、パブリックプラットフォーム上の ISP から取得した測定値を提供します。
  • レーダーログには、未加工ログで使用可能なフィールドのサブセットが含まれ、匿名化されたデータ(クライアント IP /28、リファラー MD5 ハッシュ化)があります。
  • ログファイルは TSV 形式です。
  • 以下は、TSV ファイル形式のネットワークレーダーログ共有の例です

ログの説明

以下は、ISPのレーダーログの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
Timestamp これは、YYYY-MM-DDTHH:MI:SSZ形式のリクエストの UTC 時刻です。ログテーブルの実際の値 (秒まで) は、時間/日テーブルでそれぞれ最も近い時間 (2018-03-30T23:00:00Z) または日 (2018-03-30T00:00:00Z) に丸められます。タイムスタンプはすべてのデータセットで常に UTC です。
プロバイダ ID 測定されるプラットフォームの内部 ID。
プローブタイプ 測定されるプローブタイプ(例:HTTP 接続時間、0: HTTP 応答時間、14: HTTP スループットなど)。許可された時間内に正常に返された情報は、サービスが利用可能であることを示すために使用されます。
応答コード 測定の結果。E.G.0: 成功、1: タイムアウト、> 1: エラー。可用性の計算では、測定値の割合は、測定値の総数(合計)に対して0(成功)の応答で取得されます。他のプローブタイプ (RTT とスループット) の場合、フィルターは RTT の統計を計算するときに、成功コードが 0 の RTT データポイントのみを考慮する必要があります。スループットについても同じ。
測定値 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。可用性 (1) /応答時間 (0) の測定値 (ミリ秒)、スループット (14) は kbps 単位です。
リゾルバー市場 要求を処理した DNS リゾルバの市場。一般に、DNS リゾルバーがある大陸、0: 不明 (XX)、1: 北米 (NA) 5: アフリカ (AF)、3: ヨーロッパ (EU)、4: アジア (AS)、2: オセアニア (OC)、6: 南米 (SA)。
リゾルバーの国 リクエスト ID を処理した DNS リゾルバーの国は、次の名前にマッピングできます。 https://community-radar.citrix.com/ref/countries.json.gz
リゾルバリージョン リクエスト ID を処理した DNS リゾルバーのリージョンは、https://community-radar.citrix.com/ref/regions.json.gzの名前にマップできます。世界のすべての国に定義されたリージョンがあるわけではありません。
リゾルバの州 要求IDを処理したDNSリゾルバーの州は、https://community-radar.citrix.com/ref/states.json.gzで名前にマップできます。世界のすべての国に定義された州があるわけではありません。
リゾルバASN 要求を処理した DNS リゾルバの自律システム番号(ASN)。通常、DNS リゾルバー ID を持つ ASN は、の名前にマッピングできます https://community-radar.citrix.com/ref/asns.json.gz
リゾルバIP インフラストラクチャが DNS 要求を受信した DNS リゾルバの IP アドレス。
クライアント市場 この測定を生成したエンドユーザーの市場。通常、クライアント IP が配置されている大陸。0: 不明 (XX)、1: 北米 (NA) 5: アフリカ (AF)、3: ヨーロッパ (EU)、4: アジア (AS)、2: オセアニア (OC)、6: 南米 (SA)。
クライアントの国 このmeasurement.IDを生成したエンドユーザーの国は、https://community-radar.citrix.com/ref/countries.json.gzで名前にマッピングできます。
クライアントリージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。通常、クライアントIPが配置されている地理的リージョン。ID は、の名前にマップできます https://community-radar.citrix.com/ref/regions.json.gz。世界のすべての国に定義されたリージョンがあるわけではありません。
クライアントの州 この測定を生成したエンドユーザーの州。一般的には、クライアントIPが配置されている州です。ID は、の名前にマップできます https://community-radar.citrix.com/ref/states.json.gz。世界のすべての国に定義された州があるわけではありません。
クライアントASN この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)。通常、クライアントIPを持つASNです。IDは次の場所で名前にマップできます https://community-radar.citrix.com/ref/asns.json.gz
クライアントIP この測定を生成したエンドユーザの IP。
リファラーホスト MD5 リファラー情報(プロトコル、ホスト、およびパス)は、レーダーへのHTTPリクエストのリファラーヘッダーから来ています。リファラーホストは MD5 ハッシュ化されています。
ユーザー エージェント タグをホストしているのは、ブラウザページのユーザーエージェント文字列です。たとえば、Chrome を使用して Radar タグのあるページを参照すると、バックグラウンドでのレーダー測定は Chrome ブラウザからのユーザーエージェントを記録します。測定値には、Chrome ブラウザ、Chrome のバージョン、Chrome が実行されている OS に関する情報などが含まれます。
DNS 検索時間(オプション) リソースタイミング API では、ドメインルックアップ終了とドメインルックアップ開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは、domainLookupEnd - domainLookupStartとして計算されます。
TCP 接続時間(オプション) リソースタイミング API では、接続終了と接続開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは connectEnd-connectStart として計算されます。
セキュア接続時間(オプション) リソースタイミング API では、接続終了とセキュア接続開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは connectEnd - secureConnectionStartとして計算されます。
レイテンシー (オプション) リソースタイミング API では、応答開始と要求開始の差が計算されます。両方の値が null ではなく、応答開始時間が要求開始時間より大きい場合に計算します。これはresponseStart - requestStartとして計算されます
ダウンロード時間 (オプション) リソースタイミング API では、応答終了と応答開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは responseEnd-responseStart として計算されます。
クライアントプロファイル このフィールドは、データがモバイルアプリからのものかブラウザからのものかを識別するのに役立ちます。また、iOS、Android アプリ、ブラウザーを区別することができます。番号は、各クライアントプロファイルを識別するために使用されます。このフィールドの値は、null、0、1、2、3、4 です。どこで、null: 一般的に、client_profile 値の送信をサポートしていない古いレーダークライアントを意味します。0: ブラウザ; 1: iOS-Swift で書かれたiOSアプリ用のレーダーランナー; 2: Android; 3: Webサイトのモバイル版のブラウザ; 4: iOS-Objective-Cで書かれたiOSアプリ用のレーダーランナー。
クライアントプロファイルのバージョン クライアントプロファイルのバージョンは、モバイルアプリで使用されたレーダーランナーコード(iOS用)またはAndroidRadar SDK(Android用)のバージョンがわかります。このフィールドは内部使用のみを目的としています。
デバイスカテゴリ すべてのデバイスは、スマートフォン、タブレット、PC、スマートテレビ、その他のいずれかに分類されます。パーサーがいずれかのフィールドの値を決定できない場合、「その他」がデフォルト値として使用されます。
デバイス Apple iPhone など、ユーザーが使用しているデバイスの種類。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
Webブラウザー ユーザが使用しているブラウザのタイプ。たとえば、Mobile Safari UI/WKWebView 0.0.0。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
OS 使用されているオペレーティングシステム(例:iOS 11.0.3)。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。

ISP のサブネットレポート

  • このレポートは、測定されたプラットフォームを通じて、ネットワークの特定のサブネットがユーザーに対してどのように機能するかに関する情報を ISP に提供します。
  • これは、特定の要求に応答したサービスプロバイダに関する情報を提供します。
  • ネットワークサブネットごとのパフォーマンスを理解するのに役立ちます。
  • パフォーマンスは、応答時間、スループット、可用性(プローブタイプ)、DNSリゾルバーIP、クライアントIP /28、およびオブジェクトを処理したキャッシュノードで構成されます。
  • 以下は、TSV ファイル形式のサンプルネットワークサブネットレポートです

ログの説明

以下は、ISP のサブネットレポートの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
ASN名 測定の元になった自律システムの名前。
測定値 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。接続 (1) /RTT (0) の測定値 (ミリ秒) と、スループット (14) の測定値 (kbps) です。
サブネット リクエストの発信元のユーザーのサブネット。
リゾルバASN 要求を処理した DNS リゾルバの自律システム番号。通常、DNS リゾルバーを持つ ASN。
リゾルバIP 要求を処理した DNS リゾルバの IP。
クライアントASN この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)番号。通常、クライアントIPを持つASNです。
クライアントIP 測定を生成したエンドユーザの IP。
プラットフォームID クエリが実行されたサービスプロバイダプラットフォームの ID。
プラットフォーム名 クエリが実行されたサービスプロバイダプラットフォームの名前
成功 成功した測定の合計数。ヒント:成功/合計 == 可用性。
タイムアウト タイムアウトした測定値の数。
エラー エラーだった測定値の数。
合計 測定値の合計数。
平均 各行の測定値の平均。
中央値 50番目のパーセンタイル値は、測定値が順番にリストされている場合の、特定のプロバイダーの測定値の中間値です。
5日 プロバイダーの 5 番目の百分位数。
10番目 プロバイダの 10 番目の百分位数。
90番目 プロバイダの 90番目のパーセンタイル値。
95番目 プロバイダの95番目パーセンタイル値。
Stdev プロバイダの標準偏差。
可用性 プロバイダの可用性の割合。
重要度 実用的なデータを見つけるために生成された合成値。
測定タイプ 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。HTTP_COLD (可用性)、HTTP_RTT (ラウンドトリップ時間)、または HTTP_KBPS (スループット) です。

ISPのための匿名のベストレポート

  • Anonymous Best レポートでは、ピアグループが「最良」の比較に使用されます。ピアグループは、ISP の場所に基づいています。これは通常、特定の国で最も測定された10個のISPで、最低でも1,000セッションを超えています。
  • 「最高の」ISPの結果は、ISPが大量またはビジネスクリティカルなプラットフォームや、競合他社にとって競争的に弱い領域にパフォーマンスへの取り組みを集中させるのに役立ちます。
  • このレポートでは、地理的およびプラットフォーム別に分類されたパフォーマンスの詳細が提供され、同じ基準で「最良」の ISP と比較されます。
  • RTT とスループットで使用できます。
  • 以下は、TSV ファイル形式の RTT のネットワーク匿名ベストレポートのサンプルです

ログの説明

以下は、匿名ベストレポートの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
測定タイプ 記録された測定値。その意味はプローブの種類によって異なります。HTTP_COLD (可用性)、HTTP_RTT (ラウンドトリップ時間)、または HTTP_KBPS (スループット) です。
クライアントの国 この測定を生成したエンドユーザーの国。
クライアントリージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。
クライアントの州 この測定を生成したエンドユーザーの州。
クライアント ASN ID この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)番号。通常、クライアントIPを持つASNです。
クライアント ASN 名 測定を生成したエンドユーザーのASNの名前。
リゾルバーの国 要求を処理した DNS リゾルバの国。
リゾルバリージョン 要求を処理した DNS リゾルバのリージョン。
リゾルバの州 要求を処理した DNS リゾルバーの州。
プラットフォームID クエリが試行されたサービスプロバイダプラットフォームの ID。
プラットフォーム名 クエリが試行されたサービスプロバイダプラットフォームの名前。
成功 成功した測定の合計数。ヒント:成功/合計 == 可用性。
タイムアウト タイムアウトした測定値の数。
エラー エラーだった測定値の数。
合計 測定値の合計数。
平均 その行のすべての測定値の平均。
最良平均値 ピアグループのトップ15プロバイダのうち、最高の平均です。
最良平均測定 最適な平均数を生成した測定値の総数。
中央値 50番目のパーセンタイル値は、測定値が順番にリストされている場合の、特定のプロバイダーの測定値の中間値です。
最良中央値 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最も良い 50 パーセンタイル値 (測定値の 50% を下回る)。
最良中央値測定値 ベストメディアンを生成した測定の合計数
5日 プロバイダーの 5 番目の百分位数。
最良5番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良5番目パーセンタイル値。
最良5番目の測定 最良5番目を生産した測定値の合計数
10番目 プロバイダの 10 番目の百分位数。
最良10番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良10番目パーセンタイル値。
最良10番目の測定 最良10番目を生産した測定値の合計数
90番目 プロバイダの 90番目のパーセンタイル値。
最良90番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良90番目パーセンタイル値。
最良90番目の測定 最良90番目を生産した測定値の合計数
95番目 プロバイダの95番目パーセンタイル値。
最良95番目 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最良95番目パーセンタイル値です。
最良95番目の測定 最良95番目を生産した測定値の合計数
Stdev プロバイダの標準偏差。
ベストStdev ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最適な標準偏差。
最高の標準測度測定 最良の標準開発を生成した測定の合計数。
可用性 プロバイダの可用性の割合。可用性は、プローブの成功率です。成功/ (成功 + 失敗 + タイムアウト)
最高の可用性 ピアグループの上位 15 プロバイダーのうち、最高の可用性値。
最高の可用性の測定 最高の可用性を生み出した測定値の数。
重要度 実用的なデータを見つけるために生成された合成値。

ナビゲーションタイミングログの説明

ナビゲーションタイミングデータ

ナビゲーションタイミングデータは、Web ページのページ読み込みプロセスのさまざまな部分に関する洞察を提供します。

このデータは、エンドユーザーの場所、ネットワークの問題、プロバイダーによる変更などにより異なります。お客様は、ナビゲーションタイミングデータを使用して、監視対象の Web ページを読み込む際のエンドユーザーのエクスペリエンスを最適化できます。

レーダーセッションごとに測定を行うことができます (有効な場合)。各セッションは、セッションからのすべての測定値を追跡するのに役立つ ID 番号に添付されています。これらの測定値は、NEMを介してナビゲーションタイミングログとして顧客と共有されます。

以下は、 TSVファイル形式のナビゲーションタイミングデータのサンプルです

以下は、ナビゲーションタイミングログの列ヘッダーと説明です。フィールドは、出力ファイルに次の順序で表示されます。

ログ 説明
Timestamp これは、YYYY-MM-DDTHH:MI:SSZ形式のリクエストの UTC 時刻です。ログテーブルの実際の値 (秒まで) は、時間/日テーブルでそれぞれ最も近い時間 (2018-03-30T23:00:00Z) または日 (2018-03-30T00:00:00Z) に丸められます。すべてのデータセットで常に UTC です。
応答コード 測定の結果。E.G.0: 成功、1: タイムアウト、> 1: エラー。可用性の計算では、測定値の割合は、測定値の総数(合計)に対して0(成功)の応答で取得されます。他のプローブタイプ (RTT とスループット) の場合、フィルターは RTT の統計を計算するときに、成功コードが 0 の RTT データポイントのみを考慮します。スループットについても同じ。
リゾルバー市場 要求を処理した DNS リゾルバの市場。一般に、DNS リゾルバーがある大陸、0: 不明 (XX)、1: 北米 (NA) 5: アフリカ (AF)、3: ヨーロッパ (EU)、4: アジア (AS)、2: オセアニア (OC)、6: 南米 (SA)。
リゾルバーの国 request.IDを処理した DNS リゾルバーの国は、https://community-radar.citrix.com/ref/countries.json.gzで名前にマッピングできます。
リゾルバリージョン Request.idsを処理したDNSリゾルバーのリージョンは、https://community-radar.citrix.com/ref/regions.json.gzで名前にマップできます。世界のすべての国に定義されたリージョンがあるわけではありません。
リゾルバの州 Request.idsを処理したDNSリゾルバーの州は、https://community-radar.citrix.com/ref/states.json.gzで名前にマップできます。世界のすべての国に定義された州があるわけではありません。
リゾルバASN 要求を処理した DNS リゾルバの自律システム番号(ASN)。通常、DNS リゾルバーを持つ ASN。IDは次で名前にマップできます。https://community-radar.citrix.com/ref/asns.json.gz
リゾルバIP インフラストラクチャが DNS 要求を受信した DNS リゾルバの IP アドレス。
クライアント市場 この測定を生成したエンドユーザーの市場。通常、クライアント IP が配置されている大陸。0: 不明 (XX)、1: 北米 (NA) 5: アフリカ (AF)、3: ヨーロッパ (EU)、4: アジア (AS)、2: オセアニア (OC)、6: 南米 (SA)。
クライアントの国 このmeasurement.IDを生成したエンドユーザーの国は、次で名前にマッピングできます。https://community-radar.citrix.com/ref/countries.json.gz
クライアントリージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。通常、クライアントIPが配置されている地理的リージョン。ID は、https://community-radar.citrix.com/ref/regions.json.gzで名前にマップできます。世界のすべての国に定義されたリージョンがあるわけではありません。
クライアントの州 この測定を生成したエンドユーザーの州。一般的には、クライアントIPが配置されている州です。ID は、https://community-radar.citrix.com/ref/states.json.gzで名前にマップできます。世界のすべての国に定義された州があるわけではありません。
クライアントASN この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)。通常、クライアントIPを持つASNです。IDは次で名前にマップできます。https://community-radar.citrix.com/ref/asns.json.gz
クライアントIP 測定を生成したエンドユーザの IP。
リファラーホスト リファラー情報(プロトコル、ホスト、およびパス)は、レーダーへのHTTPリクエストのリファラーヘッダーから来ています。
リファラープロトコル リファラー情報(プロトコル、ホスト、およびパス)は、レーダーへのHTTPリクエストのリファラーヘッダーから来ています。
リファラーのパス リファラー情報(プロトコル、ホスト、およびパス)は、レーダーへのHTTPリクエストのリファラーヘッダーから来ています。
デバイスカテゴリ すべてのデバイスは、スマートフォン、タブレット、PC、スマートテレビ、その他のいずれかに分類されます。パーサーがいずれかのフィールドの値を決定できない場合、「その他」がデフォルト値として使用されます。
デバイス Apple iPhone など、ユーザーが使用しているデバイスの種類。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
Webブラウザー ユーザが使用しているブラウザのタイプ。たとえば、Mobile Safari UI/WKWebView 0.0.0。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
OS 使用されているオペレーティングシステム(例:iOS 11.0.3)。ユーザーエージェント文字列は、レーダータグをホストしているページで実行されているブラウザからそれを検出します。
DNS ルックアップ時間 リソースタイミング API では、ドメインルックアップ終了とドメインルックアップ開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは、domainLookupEnd - domainLookupStartとして計算されます。
TCP 接続時間 リソースタイミング API では、接続終了と接続開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは connectEnd-connectStart として計算されます。
安全な接続時間 リソースタイミング API では、接続終了とセキュア接続開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは ConnectEnd-セキュアコネクションスタートとして計算されます。
イベントをロード ロードイベントの開始から終了までの所要時間または時間です。両方の値がヌルではなく、終了時間が開始時間より大きい場合、loadEventEnd-loadEventStart として計算されます。
リダイレクト ナビゲーション開始からフェッチ開始までの所要時間または時間です。両方の値が NULL でなく、終了時刻が開始時刻より大きい場合は、fetchStart-navigationStart として計算されます。
ページの読み込み合計 これは、ナビゲーションの開始からページロードイベントの終了までにかかる時間または時間です。両方の値が NULL でなく、終了時間が開始時間より大きい場合は、-ロードイベント終了-ナビゲーション開始」として計算されます。
DOM DOMロードからDOM完了までの所要時間または時間。両方の値が NULL でなく、終了時間が開始時間より大きい場合は、domComplete-DOMLoading として計算されます。
遅延 リソースタイミング API では、応答開始と要求開始の差が計算されます。両方の値が null ではなく、応答開始時間が要求開始時間より大きい場合に計算します。これはresponseStart - requestStartとして計算されます
ダウンロード時間 リソースタイミング API では、応答終了と応答開始の差が計算されます。両方の値が NULL ではなく、終了時間が開始時間より大きい場合に計算します。これは responseEnd-responseStart として計算されます。
DOMインタラクティブ ナビゲーション開始から DOM インタラクティブに移動するのにかかる時間または時間です。両方の値が NULL でなく、終了時刻が開始時刻より大きい場合は、DOMInteractive-navigationStart として計算されます。
レンダリングを開始 [ナビゲーション開始] から [レンダリング開始] までの所要時間または時間です。両方の値が NULL でなく、終了時間が開始時間より大きい場合、startRender-navigationStart として計算されます。

OpenmixとHTTP Openmixログ

Openmix と HTTP Openmix のログにより、顧客はリアルタイムの測定値を使用して Openmix アプリの動作を監視できます。このデータを使用して、改善点を見つけたり、アプリの期待されるパフォーマンスを検証したりできます。

  • これらのログは、Openmix のお客様に対してリアルタイムの測定結果を提供します。
  • これらのログに推奨されるファイル形式は JSON ですが、TSV 形式でも利用できます。
  • 以下は、 OpenmixHTTP Openmix のログ共有データの TSV ファイル形式のサンプルです。

Openmix ログの説明

ログ 説明
Timestamp これは、YYYY-MM-DDTHH:MI:SSZ形式のリクエストの UTC 時刻です。ログテーブルの実際の値 (秒まで) は、時間/日テーブルでそれぞれ最も近い時間 (2018-03-30T23:00:00Z) または日 (2018-03-30T00:00:00Z) に丸められます。タイムスタンプはすべてのデータセットで常に UTC です。
アプリ所有者ゾーン ID 要求を処理するアプリケーション所有者のゾーン ID。この値は常に 1 に等しくなります。
アプリ所有者のカスタマー ID リクエストを処理するアプリケーション所有者の顧客 ID。HTTP リクエストの場合は、この ID をリクエストパスに記述し、それを使用して実行するアプリケーションを検索します。
アプリ ID リクエストを処理する顧客のアカウント内のアプリケーション ID。この ID は、HTTP リクエストパスにもコード化されています。アプリケーション ID は 1 から始まり、お客様にのみ一意です。appOwnerCustomerId でクエリを実行して、特定のアプリ ID のクエリを完全に修飾する必要があります。
アプリのバージョン アカウントにサービスを提供したアプリケーションのバージョン。ポータルまたは API を介してアプリケーションが更新されるたびに、バージョンが増分されます。要求時に実行されていたバージョンが記録されます。この情報は、アプリケーションの更新時にバージョン対応ロジックを分離するために使用できます。ネットワーク全体のホストは、通常、同じような時間枠で更新を受信しますが、まったく同じ瞬間にはほとんど更新されません。時間の経過とともに重複する決定は、更新プロセス中に異なるバージョンのアプリを使用する可能性があります。
アプリ名 アカウントにサービスを提供したアプリケーションの名前。
市場 この測定を生成したエンドユーザーの市場。
この測定を生成したエンドユーザーの国。
リージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。
この測定を生成したエンドユーザーの州。
ASN ID この測定を生成したエンドユーザの自律システム番号(ASN)。通常、クライアント IP を持つ自律システム番号。
ASN名 測定を生成したエンドユーザーのASNの名前。
効果的なIP 実効IPは、要求を処理するために使用されるIPです。これは、要求元のIPを上書きするクエリ文字列で指定されたIPです(DNSフローのリゾルバー/ECS/EDNS IDに対して)。これは、システムが情報を処理するときにターゲットと見なすアドレスです。このIPは、要求しているリゾルバーのIP、またはEDNS ECSがサポートされている場合はクライアントのECS IPアドレスのいずれかです。したがって、すべてのプローブパフォーマンスデータ、地理情報など、アプリケーションロジックに渡されるのは、このIPに基づいています。
リゾルバー市場 要求を処理した DNS リゾルバの市場。
リゾルバーの国 要求を処理した DNS リゾルバの国。
リゾルバリージョン 要求を処理した DNS リゾルバのリージョン。
リゾルバの州 要求を処理した DNS リゾルバーの州。
リゾルバASN ID 要求を処理した DNS リゾルバの自律システム番号(ASN)。通常、DNS リゾルバを持つ自律システム番号。
リゾルバASN名 リクエストを処理したリゾルバの ASN の名前。
リゾルバIP 要求を処理した DNS リゾルバの IP。
決定プロバイダ名 アプリケーションが選択するプラットフォームのエイリアス。
理由コード 理由決定の背後にある理由を説明するアプリケーション内に設定された理由。
理由ログ このログは、Openmix アプリからのユーザー定義の出力です。これは、顧客がOpenmixアプリの決定に関する情報を記録できるようにするオプションの文字列フィールドです。
フォールバックモード このモードは、アプリがリクエストを処理したときにフォールバックモードであったかどうかを示します。フォールバックは、実行リクエストの準備中に何かが失敗したときに発生します。
使用済みEDNS アプリケーションが EDNS クライアントサブネット拡張を使用する場合は True。
TTL 引き渡されたTTL(Time to Live)。
応答 要求から返された CNAME。
結果 このフィールドの値は常に 1 です。
コンテキスト これは、リクエストが処理されたときに Openmix が利用できたレーダーデータの概要です。Openmix は、すべてのリクエストの実効値に関連してレーダーデータを解決するため、同時にリクエストを行う 2 つのクライアントが異なるコンテキスト文字列を持つことができます。

Openmix HTTP API ログの説明

ログ 説明
Timestamp これは、YYYY-MM-DDTHH:MI:SSZ形式のリクエストの UTC 時刻です。ログテーブルの実際の値 (秒まで) は、時間/日テーブルでそれぞれ最も近い時間 (2018-03-30T23:00:00Z) または日 (2018-03-30T00:00:00Z) に丸められます。タイムスタンプはすべてのデータセットで常に UTC です。
アプリ所有者ゾーン ID 要求を処理するアプリケーション所有者のゾーン ID。この値は常に 1 に等しくなります。
アプリ所有者のカスタマー ID リクエストを処理するアプリケーション所有者の顧客 ID。HTTP リクエストの場合は、この ID をリクエストパスに記述し、実行するアプリケーションを検索するために使用されます。
アプリ ID リクエストを処理する顧客のアカウント内のアプリケーション ID。この ID は、HTTP リクエストパスにもコード化されています。アプリケーション ID は 1 から始まり、お客様にのみ一意です。appOwnerCustomerId でクエリを実行して、特定のアプリ ID のクエリを完全に修飾する必要があります。
アプリのバージョン アカウントにサービスを提供したアプリケーションのバージョン。ポータルまたは API を介してアプリケーションが更新されるたびに、バージョンが増分されます。要求時に実行されていたバージョンが記録されます。この情報は、アプリケーションの更新時にバージョン対応ロジックを分離するために使用できます。ネットワーク全体のホストは、通常、同じような時間枠で更新を受信しますが、まったく同じ瞬間にはほとんど更新されません。時間の経過とともに重複する決定は、更新プロセス中に異なるバージョンのアプリを使用する可能性があります。
アプリ名 アカウントにサービスを提供したアプリケーションの名前。
市場 この測定を生成したエンドユーザーの市場。
この測定を生成したエンドユーザーの国。
リージョン この測定を生成したエンドユーザーのリージョン。
この測定を生成したエンドユーザーの州。
ASN ID この測定値を生成したエンドユーザーの自律システム番号(ASN)の ID、つまり ASN 名に関連付けられたネットワーク ID 番号
ASN名 測定を生成したエンドユーザーのASNの名前。
効果的なIP 実効IPは、要求を処理するために使用されるIPです。これは、要求元のIPを上書きするクエリ文字列で指定されたIPです(DNSフローのリゾルバー/ECS/EDNS IDに対して)。これは、システムが情報を処理するときにターゲットと見なすアドレスです。このIPは、要求しているリゾルバーのIP、またはEDNS ECSがサポートされている場合はクライアントのECS IPアドレスのいずれかです。アプリケーションロジックに渡されるすべてのプローブ性能データ、地理情報などは、このIPに基づいています。
決定プロバイダ名 アプリケーションが選択するプラットフォームのエイリアス。
理由コード 理由決定の背後にある理由を説明するアプリケーション内に設定された理由。
理由ログ このログは、Openmix アプリからのユーザー定義の出力です。これは、顧客がOpenmixアプリの決定に関する情報を記録できるようにするオプションの文字列フィールドです。
フォールバックモード このモードは、アプリがリクエストを処理したときにフォールバックモードであったかどうかを示します。フォールバックは、実行リクエストの準備中に何かが失敗したときに発生します。
応答コード 測定の結果。E.G.0: 成功、1: タイムアウト、> 1: エラー。可用性の計算では、測定値の割合は、0(成功)の応答で測定値の総数(応答に関係なく合計)に対して取得されます。他のプローブタイプ (RTT とスループット) の場合、フィルターは RTT の統計を計算するときに、成功コードが 0 の RTT データポイントのみを考慮する必要があります。スループットについても同じ。
HTTP メソッド HTTP メソッド (Get/POST/Options/etc) は、カスタマーサービスから HTTP Openmix サーバーに対して行われたリクエストに関連しています。これらのメソッドが一緒になって、インバウンドURLとアウトバウンドHTTPレスポンスの一部を構成します。
URI これがリクエストパスです。顧客が望む行動を得られない場合は、リクエストが不適切に構成されていることが原因である可能性があります。ログには、サーバーが受信しているもの (プロトコル、ホスト、パス) が表示されます。リファラー情報(プロトコル、ホスト、およびパス)は、レーダーへのHTTPリクエストのリファラーヘッダーから来ています。HTTP OPX の場合、リファラー (プロトコル、ホスト、パス) 全体が [リファラー] というラベルの付いた文字列に含まれます。
ユーザー エージェント タグをホストしているのは、ブラウザページのユーザーエージェント文字列です。たとえば、Chrome を使用して Radar タグのあるページを参照すると、バックグラウンドでのレーダー測定は Chrome ブラウザからのユーザーエージェントを記録します。測定値には、Chrome ブラウザ、Chrome のバージョン、Chrome が実行されている OS に関する情報などが含まれます。
コンテキスト これは、リクエストが処理されたときに Openmix が利用できたレーダーデータの概要です。Openmix は、すべてのリクエストの実効値に関連してレーダーデータを解決するため、同時にリクエストを行う 2 つのクライアントが異なるコンテキスト文字列を持つことができます。

サードパーティ組織のカスタムレポート

お客様はCitrixと連携して、Citrixが収集するレーダーデータに基づいてカスタムレポートを取得できます。Citrixは、スケジュールに従って実行するレポートを生成できます。レポートは、通常 TSV 形式のデータファイルとして利用できます。

よくある質問

Radar

ファイルはどのくらいの頻度でS3とGCSにプッシュされますか?

ファイルデポジットの頻度は、レーダーの場合は1分に1回、レポートの場合は毎日です。

レポートはどこに保存されますか?

S3 レガシー (場所 1):

s3://public-radar/[customer name]/

S3 (場所 2):

s3://cedexis-netscope/[customer id]/

GCS (場所 3):

gs://cedexis-netscope-[customer id]/

S3 アクセス認証情報をまだ持っていない場合、どうやって取得するのですか

ポータルは「アクセス」キーと「シークレット」キーを提供します。S3 にアクセスするには、「s3cmd」、「awscli」などのツールでキーを使用します。Google Storage の場合、ポータルは「gsutil」ツールで使用するアクセス認証情報を含むファイルをダウンロードします。

s3cmdでアクセスキーと秘密キーを使用して、S3バケットからログとレポートをダウンロードするにはどうすればよいですか?

まず、https://s3tools.org/downloadからs3cmdをダウンロードしてインストールし 、使用法、オプション、コマンドについてはhttps://s3tools.org/usageを参照してください。次に、次のコマンドを実行します。

s3cmd --access_key=[access key] --secret_key=[secret key] ls s3://cedexis-netscope/<customer id>/radar/
<!--NeedCopy-->

ファイルをダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

s3cmd --access_key=[access_key] --secret_key=[secret_key] get s3://cedexis-netscope/<customer id>/radar/[the_filename_to_download] [the_name_of_the_local_file]
<!--NeedCopy-->

s3cmd 設定を使用して S3 バケット内のファイルをリストする方法

最初のステップは、s3cmdをインストールすることです。http://s3tools.org/downloadからそれをインストールすることができます

s3cmd を構成するには、次のコマンドを実行します。

s3cmd ls s3://cedexis-netscope/[customer id]/
<!--NeedCopy-->

すでに別のアクセスキーと秘密キーのセットでs3cmdを使用している場合は、次の手順に従います。

s3cmdを既に使用している場合は 、~/.s3cfgでデフォルト設定のコピーを作成します。たとえば、コピーを作成し、 ~/.s3cfg_netscopeという名前を付けます。~/.s3cfg_netscope のアクセスキーとシークレットキーのエントリを、提供されているものに置き換えます。 次のコマンドで S3 バケットにアクセスするには、デフォルトの設定(会社の設定)の代わりに新しい設定を使用します。

s3cmd -c ~/.s3cfg_netscope ls s3://cedexis-netscope/[customer id]/
<!--NeedCopy-->

主な違いは、Citrixが提供するアクセスキーとシークレットキーを-cおよび構成ファイルがあるに置く必要があることです。

キーのセットを切り替える場合は、ファイルに埋め込みます。 -c オプションのあるファイルを参照して、使用しているキーペアを指定します。

注: -c パラメータは、アクセスキーと秘密鍵を含む設定ファイルの場所を示します。

gsutil または gcloud でキーファイルを使用してログファイルをダウンロードする方法

Google サービスアカウントの JSON キーファイルをダウンロードすると、それを使用して Google アカウントの認証情報を認証したり、ログファイルを表示またはダウンロードしたりできます。たとえば、Googleのgcloudgsutilコマンドラインユーティリティを使用してそれを行う方法の1つは次のとおりです。

ステップ 1: キーファイルをアクティブにする

認証コマンドgcloud auth activate-またはgsutil config -eは、gcloud または gsutil コマンドを実行するためのキーファイルを認証するために必要です。

gcloud の場合:

ダウンロードしたキーファイルを使用して、次のコマンドを実行します。

gcloud auth activate-service-account --key-file [downloaded config file]
<!--NeedCopy-->

または

gcloud auth activate-service-account --key-file=[path and file name of key file]
<!--NeedCopy-->

gsutil の場合:

ダウンロードした設定ファイルを使用して、次のコマンドを実行します。

gsutil config -e
<!--NeedCopy-->

ステップ 2: GCS(Google クラウドストレージ)バケットにファイルをリストする

前の手順で説明したようにサービスアカウントキーファイルをアクティブ化したら、次のコマンドを使用して GCS バケット内のファイルを一覧表示します。

gsutil ls gs://cedexis-netscope-<customer id>
<!--NeedCopy-->

手順 3 (必要な場合): 元の資格情報を復元する (またはアカウント間で切り替える)

以下の手順に従って、Citrixアカウントと認証済みのその他のGoogle Cloud認証情報を切り替えることができます。

まず、次のコマンドを実行して、すべてのアカウントを一覧表示します。

gcloud auth list
<!--NeedCopy-->

次に、次のコマンドを使用して別のアカウントに切り替えます。

gcloud config set account [email of the account to switch to as shown in gcloud auth list]
<!--NeedCopy-->

同じコマンドを使用して、電子メールを切り替え先のアカウントの電子メールに置き換えることにより、アカウント間を切り替えることができます。

ファイル名はどのように見えますか?

レガシーデイリー:

レーダーデイリーログのShareFile名は次の構造になっています。

<prefix><date: YYYY-MM-DD>.<customer_id>.part<uniq_id>.kr.txt.gz

例えば Cedexis_Daily-2017-11-07.21222.part-cc901e1dd55eal4e.kr.txt.gz (非標準的な例)

レガシーリアルタイム:

Radar リアルタイムログの ShareFile 名は次の構造になっています。

<prefix><customer_id>-YYYY-MM-DDTHH:MM<uniq_id>.txt.gz

例:Cedexis_3-32291-2017-11-08T20:56-cc907e8fd71eaf4e.txt.gz

Netscope NEM フォーマット:

日次およびリアルタイムログ共有ファイルの Netscope NEM 形式には、次の構造があります。

<freq><log_type><prefix><id_type><id><iso_dt><uniq_id>.<line_format>.gz

各項目の意味は次のとおりです。

  • freq: "daily" | "rt" | "hr"
  • log_type: "radar" | "opx" | "hopx"
  • prefix: log_share.prefix
  • id_type: "customer" | "provider" | "asn"
  • id: log_share.match_id
  • iso_dt: iso 8601 Date_time "YYYYMMDDTHHMMSSZ"
  • uniq_id: hash(UUID)
  • line_format: "tsv" | "json"

例:rt-radar-TestRadar1-provider-20363-20171209183034Z-cc907e8fd71eaf4e.tsv.gz

出力ファイルの形式は何ですか?

Radar の場合、出力ファイル形式は TSV (タブ区切り値) で gzip 形式になります。

OpenmixとOpenmixの HTTP API

ファイルはどのくらいの頻度でS3にプッシュされますか?

ファイルデポジットの頻度は、Openmix と HTTP Openmix の場合は 1 分に 1 回です。

Openmix と Openmix HTTP API のリアルタイムログ共有を設定するオプションが表示されない場合はどうなりますか

アカウントマネージャーは、Openmix と Openmix HTTP API のリアルタイムログ共有を設定および有効化するために必要なロールを有効にできます。

Openmix と Openmix HTTP API のリアルタイムログ共有とファイルへのアクセスをどのように有効にしますか?

アカウントでロールを有効にすると、[ ログを管理 ] アイコンが表示されます。クリックすると、[ ログ ] ダイアログが開き、Openmix ログ設定にアクセスできます。これらの設定は、基本的に Openmix と HTTP Openmix のリアルタイムログ共有を有効にしてファイルにアクセスするために必要なすべてです。

Openmixログ構成

バックエンドプロセスとは何ですか?

Openmix ログ共有をオンにすると、Openmix HTTP API ログ共有も有効になります。Openmix および Openmix HTTP API ログ共有サービスは、10 分以内に顧客のログ出力を開始する必要があります。

OpenmixとHTTPのOpenmixのレポートはどこに保存されていますか?

S3 レガシー (場所 1):

s3://logshare/[zone ID]/[customer ID]/logs/openmix/json/[YYYY]/[MM]/[DD]/[HH]/.

S3 (場所 2):

s3://cedexis-netscope/[customer id]/

GCS (場所 3):

gs://cedexis-netscope-[customer id]/

ファイル名はどのように見えますか?

Openmix と HTTP Openmix のファイル名構造は、通常、次のようになります。

レガシーリアルタイム:

[zone ID, 1][customerID]-openmix-json[YYYY][MM][DD][HH][mm][ss]Z-m1-w9-c0.gz

Netscope NEM フォーマット:

日次およびリアルタイムログ共有ファイルの Netscope NEM 形式には、次の構造があります。

<freq><log_type><prefix><id_type><id><iso_dt><uniq_id>.<line_format>.gz

各項目の意味は次のとおりです。

  • freq: "daily" | "rt" | "hr"
  • log_type: "radar" | "opx" | "hopx"
  • prefix: log_share.prefix
  • id_type: "customer" | "provider" | "asn"
  • idv: log_share.match_id
  • iso_dt: iso 8601 Date_time "YYYYMMDDTHHMMSSZ"
  • uniq_id: hash(UUID)
  • line_format: "tsv" | "json"

例:hr-opx-TestOpenmix1-provider-20363-20171209183034Z-cc907e8fd71eaf4e.tsv.gz

出力ファイル形式は何ですか?

Openmix と Openmix HTTP API のファイル形式は JSON (gzip 形式) です。