はじめに

このページでは、Citrix Workspaceマイクロアプリの使用を開始する方法について説明します。管理者として、すぐにサービスの配布準備を開始するには、最初のテンプレート統合をセットアップして、追加設定不要のマイクロアプリを割り当てます。

配布準備を開始する前に、資格情報とデータの処理方法、およびサービスの管理コンソールを展開するためのセキュリティガイダンスに関する以下の資料を必ず参照してください:

Citrix Cloudへのサインアップ

Citrix Cloudアカウントが必要です。詳しくは、「Citrix Cloudへのサインアップ」を参照してください。デフォルトでは、Citrix IDプロバイダーを使用して、Citrix CloudアカウントのすべてのユーザーのID情報を管理します。必要に応じてプロバイダーを変更できます。IDプロバイダーとアカウントの定義の詳細については、「IDおよびアクセス管理」および「Azure Active DirectoryおよびCitrix Cloudのクイックスタート」を参照してください。

マイクロアプリサービスのオンボード

マイクロアプリサービスの使用権が必要です。Citrix Cloud画面から利用できる次のプロセスに従います:

  1. サービスを所有していない場合は、 [使用可能なサービス] セクションの [デモのリクエスト] タイルを選択します。フォームを入力して、24時間以内に無料のデモにアクセスします。
  2. マイクロアプリの利用特典をお持ちの場合は、 [マイサービス] セクションの [開始する] タイルを選択します。カスタマーサービスの連絡先情報にアクセスしたり、製品ドキュメントを表示したり、その他のオンボードリソースを検索したりすることができます。
  3. カスタマーサービスのオンボードが完了したら、 [マイサービス] セクションの [アクティブ化] タイルを選択します。タイルが [管理] に変わり [ライセンスを認証しています] タグが表示されます。マイクロアプリサービスが、すぐにプロビジョニングされます。
  4. マイクロアプリサービスのプロビジョニングとアクティブ化が完了したら、[管理] を選択し、マイクロアプリサービスを開いて開始します。

Workspaceでのマイクロアプリサービスの有効化

Workspaceでマイクロアプリサービスを有効にし、利用者がマイクロアプリを受信できるようにします。詳しくは、「ワークスペース構成」を参照してください。

  1. Citrix Cloudにサインインした後、メニューで [ワークスペースの構成] を選択します。
  2. [サービス統合] を選択します。
  3. [マイクロアプリ] の横のメニュー(省略記号)ボタンを選択し、[有効化] を選択します。

管理者の追加

正しい管理者アクセスを有効にし、利用者をマイクロアプリに追加します。この委任権限プロセスを使用して、管理者が利用者を追加できるようにします。アクセスと利用者の管理について詳しくは、「利用者を割り当てる」を参照してください 。

  1. Citrix Cloudにサインイン後、メニューで [IDおよびアクセス管理] を選択し、次に [管理者] を選択します。 アカウント内の現在の管理者がすべて一覧表示されます。
  2. 管理する管理者を見つけ、メニュー(省略記号)ボタンを選択し、[アクセスの編集]を選択します 。
  3. [カスタムアクセス] を選択します。
  4. 次のチェックボックスがオンにされていることを確認してから、[保存]を選択します:
    • [一般管理] の下で 、[ドメイン][ライブラリ] を選択します 。
    • [microappsNew] の下で、[管理者、フルアクセス]を選択します。 正しい管理者アクセスの付与

利用者を追加する必要があるすべての管理者に対して、この手順を繰り返します。新しい管理者の追加など、管理者の管理について詳しくは、「Citrix Cloudアカウントに管理者を追加する」を参照してください。

注:

ドメインとライブラリ管理者アクセスを付与すると、管理者はリソースを割り当てられるようになります。詳しくは、「ライブラリを使用してサービスオファリングにユーザーとグループを割り当てる」を参照してください。

Workspace UIのカスタマイズ

Workspace UIをカスタマイズすることで、マイクロアプリ、通知、アクティビティフィードのWorkspace UIを有効にします。

  1. Citrix Cloudにサインインした後、メニューで [ワークスペースの構成] を選択します。
  2. [カスタマイズ][機能] の順に選択します。
  3. スイッチを [有効] に切り替えて[保存] を選択します。 Workspace UIの有効化

ユーザーによるWorkspaceアプリのセットアップ

ワークスペースを介してアプリにアクセスするには、利用者がCitrix Workspaceアプリをダウンロードして使用するか、ワークスペースURLを使用する必要があります。マイクロアプリのソリューションをテストするには、ワークスペースに複数のSaaSアプリが公開されている必要があります。

Workspaceアプリはシトリックスのダウンロードからダウンロードできます。[製品の選択]リストで、[Citrix Workspaceアプリ]を選択します。

ホワイトリストのURL

送信ファイアウォールが構成されている場合は、次のドメインへのアクセスが許可されていることを確認してください:

  • https://*.cloud.com

  • https://*.citrixdata.com

詳しくは、「インターネット接続の要件」を参照してください。

統合の前提条件の確認

統合をセットアップする前に、以下を確認します:

  • 統合をセットアップする前に、セキュリティ、法律、および開発の問題を解決するためのベストプラクティスを確認する。詳しくは、「アプリケーション統合のベストプラクティス」を参照してください。

  • ターゲットアプリケーションの仕様書を確認する。各アプリケーション統合の記事には、それぞれの技術仕様へのリンクがあります。

統合のセットアップ

統合をセットアップする準備が整いました。Citrix Workspaceマイクロアプリでは、追加設定不要の統合に、多数の選択肢があります。テンプレート統合について詳しくは、「テンプレート統合とそのマイクロアプリ」を参照してください。手順に従って、アプリケーション統合をセットアップします。

または、わずかなコードを記述して独自のHTTP統合をゼロから開発することができます。カスタム統合の計画と構築について詳しくは、「カスタムアプリケーション統合の構築」を参照してください。

次のステップ

それでは、マイクロアプリをセットアップしましょう。マイクロアプリのカスタマイズについて詳しくは、「マイクロアプリのカスタマイズ」を参照してください。

アクセスと利用者を管理します。詳しくは、「利用者を割り当てる」を参照してください。