Citrix SD-WAN WANOP

Citrix SD-WAN WAN最適化エディション(WANOP)は、WAN最適化機能を提供します。アプリケーションの高速化、データ削減、およびプロトコル制御をサポートして、WAN全体のアプリケーションを最適化します。オプションで、仮想Windows Serverを含めて、ブランチインフラストラクチャとモバイルPCプラグイン機能を簡素化できます。

「CloudBridge」という用語へのすべての言及は、新製品用語「Citrix SD-WAN WANOP」に適用されます。

Citrix SD-WANプラットフォームエディションについて詳しくは、「製品データシート」および「製品ポートフォリオ」を参照してください。

重要

Command Centerのサポート終了通知:

Citrix Command Center ツールのサポート終了プロセスは、2017年5月15日に開始されました。

WAN Optimization展開用の新しい管理ツール NetScaler MAS に移行することをお勧めします。

Command CenterのEOLカレンダーと関連する詳細については、以下の記事を参照してください。

Citrix SD-WAN WANOPエディション用のCitrix Command Centerツールは、リリース9バージョン2までのみサポートされます。

リリース9バージョン3以降、 NetScaler Management and Analytics System はCitrix SD-WAN WANOPエディションアプライアンスの管理ツールです。

WANOPエディションと Standard/Enterprise Edition は、異なるソフトウェアを実行する個別のハードウェアプラットフォームです。

データセンターでは、管理者は1つのStandard Editionと1つのWANOP Editionを展開して、Enterprise Editionの機能を実現できます。ブランチオフィスでは、管理者はStandard EditionまたはWANOP Editionのいずれかを展開することを選択できます。または、ブランチオフィスに単一のEnterprise Editionを導入することで、Standard EditionとWANOP Editionの両方のメリットを実現できます。

Citrix SD-WAN WANOP