Citrix SD-WAN WANOP

リンクの定義

リンク定義により、アプライアンスはWANリンクの輻輳と損失を防ぎ、トラフィックシェーピングを実行できます。リンク定義は、定義されたリンクに関連付けられているトラフィック、リンクで受信されるトラフィックを許可する最大帯域幅、およびリンクを介して送信されるトラフィックの最大帯域幅を指定します。この定義では、トラフィックをインバウンドまたはアウトバウンド、およびWAN側またはLAN側のトラフィックとしても識別します。アプライアンスを流れるすべてのトラフィックがリンク定義のリストと比較され、最初に一致する定義がトラフィックが属するリンクを識別します。

クイックインストール手順を実行することにより、アプライアンスのデフォルトのリンク定義をカスタマイズします。次に、アプライアンスのWANへのリンクとLANへのリンクを定義しました。単純なインライン展開の場合、リンク定義をさらに構成する必要はありません。他のタイプのデプロイメントでは、リンク定義の追加構成が必要です。

すべてのリンクには、送信速度と受信速度を表す2つの帯域幅制限があります。リンク速度がわかっている場合にのみ、アプライアンスは正確に適切な速度でトラフィックをリンクに注入できるため、送信を試みすぎることによる輻輳やパケット損失、または送信が少なすぎることによるパフォーマンスの低下を排除できます。高速LANと低速WANの間に配置され、 仮想ゲートウェイ として機能する場合、アプライアンスは、WANが受け入れるよりも速くトラフィックを受信する機能を備えており、トラフィックのバックログを作成します。このバックログの存在により、アプライアンスは次に送信するパケットを選択でき、この選択によりトラフィックシェーピングが可能になります。複数のストリームから選択できるパケットがない限り、一方のストリームをもう一方のストリームよりも優先することはできません。したがって、トラフィックシェーピングは、仮想ゲートウェイの存在に依存し、帯域幅制限を正しく設定します。

リンク定義は通常、高速化されたブリッジポートのペアへの接続に適用されます。プライマリとAux1の2つのマザーボードポートもリンクとして定義できますが、WANトラフィックではなく、管理および高可用性モードとグループモードのバックチャネルとして使用されるため、リンクとして定義することはほとんどありません。

重要

重要:リンク定義の目的では、 リンク は物理リンクであり、独自の帯域幅容量があります。通常、建物から出るケーブルです。次の点に注意してください。

  • VLANはリンクではありません。
  • 仮想リンクはリンクではありません。
  • トンネルはリンクではありません。

デフォルトのリンク定義

構成 > 最適化ルール > リンク に移動し現在定義されているリンクを表示。次のリンクはデフォルトで定義されています。

  1. apA.1、加速ブリッジの2つのポートの1つ。

  2. apA.2、加速ブリッジのもう1つのポート。

  3. システムにデュアルアクセラレーションブリッジがある場合、apB.1とapB.2も存在します。

  4. 他のすべてのトラフィック。これは実際のリンクではありませんが、実際のリンク定義と一致しないトラフィックのキャッチオールです。

このページにリンクが表示される順序は重要です。パケットが属するリンクを決定するとき、アプライアンスはリンクを順番にテストし、最初に一致するリンクが選択されます。これは、重複する定義が許可され、リンクの最後の定義がすべてのトラフィックに一致し、デフォルトのリンクとして機能することを意味します。注文を変更するには、[注文の 更新]をクリックします。

ローカライズされた画像

リンクの定義

この記事の概要