Citrix SD-WAN WANOP 11.3

ケーブル接続の要件

高可用性ペアの 2 つのアプライアンスは、パラレル配置またはワンアーム配置のいずれかで、同じサブネット上にインストールされます。両方とも次の図に示します。ワンアーム構成では、apA.1ポートではなく、apA.2ポート(およびオプションでapB.2ポート)を使用します。一部のモデルでは、インラインモードまたはワンアームモードのどちらで展開する場合でも、個別の管理LANが必要です。これは、中央の図にのみ示されています。

図1:高可用性ペアのケーブル接続

ローカライズされた画像

追加のスイッチで上記のトポロジーを壊さないでください。ランダムスイッチの配置はサポートされていません。各スイッチは、単一のモノリシックスイッチ、単一の論理スイッチ、または同じシャーシの一部である必要があります。

アプライアンスに接続されているルータまたはスイッチポートでスパニングツリープロトコル(STP)が有効になっている場合、フェールオーバーは機能しますが、フェールオーバー時間は約 30 秒に増加する可能性があります。STPがない場合、フェイルオーバー時間は約5秒です。したがって、可能な限りブリーフィールオーバー間隔を実現するには、アプライアンスに接続するポートで STP を無効にします。

ローカライズされた画像

ケーブル接続の要件