Citrix SD-WAN WANOP 11.3

アクセラレーション

加速はトンネルを使用しますか?

いいえ、アクセラレーションは透過的であり、元の接続と同じIPアドレスとポート番号を使用します。これにより、現在の監視方法を引き続き正常に機能させることができます。

アクセラレーションはパケットストリームをどのように変更しますか?

非圧縮接続の場合、アクセラレーションはパケットのTCPヘッダーにオプションを追加しますが、パケットペイロードはそのまま残します。これらのオプションにより、接続の両端にあるCitrix SD-WAN WANOPデバイスが相互に通信できるようになります。さらに、TCPシーケンス番号は、ルーティングの問題やアプライアンスの障害が同じ接続で加速されたパケットと加速されていないパケットを混合することを防ぐために調整されます。

圧縮接続では、もちろんペイロードが圧縮され、コンプレッサーの出力がフルサイズのパケットに蓄積されます。結果は、たとえば、 3:1 圧縮すると、同じ数のパケットではなく、3分の1の数のパケットが送信され、それぞれが3分の1のサイズに縮小されます。圧縮では、Citrix SD-WAN WANOPTCPヘッダーオプションとシーケンス番号の調整も使用されます。

加速の基本的な要件は何ですか?

アクセラレーションには、接続の両端にCitrix SD-WAN WANOPデバイスが必要であり、接続はTCPプロトコルを使用する必要があり、接続のすべてのパケットは両方のCitrix SD-WAN WANOPデバイスを通過する必要があります。

アクセラレーション