Citrix SD-WAN WANOP 11.3

トラフィックシェーピングでリンク定義を管理する

リンクを管理するには、トラフィックシェーパーに次の情報が必要です。

  • 送信方向と受信方向の両方でのリンクの速度。

  • リンクがWANリンクであるかLANネットワークであるか。

  • リンクトラフィックを他のトラフィックから区別する方法。

  • トラフィックがリンク上を流れる方向。

リンク速度リンク速度は 常に物理リンクの速度を指します。WANリンクの場合、Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスとの構築で終了するのはWANセグメントの速度です。リンクのもう一方の端の速度は考慮されません。たとえば、次の図は4つのアプライアンスのネットワークを示しています。各アプライアンスの着信帯域幅と発信帯域幅は、リモートエンドポイントの速度に関係なく、独自のローカルWANセグメントの速度の95%に設定されています。

図1:ローカル帯域幅制限はローカルリンク速度を追跡します

ローカライズされた画像

帯域幅の制限をリンク速度の100%ではなく95%に設定する理由は、リンクオーバーヘッドを考慮し(公開された速度の100%でデータを伝送できるリンクはほとんどない)、アプライアンスがリンクよりもわずかに遅いことを確認するためです。 、わずかなボトルネックになります。トラフィックシェーパーが接続のボトルネックでない限り、トラフィックシェーピングは効果的ではありません。

さまざまなタイプのトラフィックを区別する-各リンク定義で、定義がWANリンクまたはLANネットワークのどちらに適用されるかを宣言する必要があります。

トラフィックシェーパーは、パケットがWAN上を移動しているかどうか、移動している場合はどの方向に移動しているかを知る必要があります。この情報を提供するには:

  • 単純なインライン展開の場合、アクセラレーションブリッジの一方のポートがWANリンクに属し、もう一方のポートがLANに属することを宣言します。

  • 他の展開モードでは、アプライアンスはIPアドレス、MACアドレス、VLAN、またはWCCPサービスグループを調べます。(WCCPサービスグループのテストはまだサポートされていないことに注意してください。)

  • サイトに複数のWANがある場合、ローカルリンク定義には、アプライアンスが異なるWANからのトラフィックを区別できるようにするルールを含める必要があります。

トラフィックシェーピングでリンク定義を管理する