Citrix SD-WAN WANOP 11.3

SCPSサポート

Citrix SD-WAN WANOPは、SCPS(Space Communications Protocol Standard)TCPバリアントをサポートします。SCPSは衛星通信に広く使用されています。

一般的なSCPS情報については、 http://www.scps.org を参照してください。

SCPSは、衛星通信および同様のアプリケーションで使用されるTCPバリアントです。[構成:チューニング]ページで[ SCPS ]オプションが選択されている場合、アプライアンスはSCPS接続を高速化できます。

SCPSとデフォルトのアプライアンスの動作の主な実際的な違いは、標準の選択的確認応答(SACK)の代わりにSCPSスタイルの「選択的否定確認応答」(SNACK)が使用されることです。データ再送信を強化するこれらの2つの方法は相互に排他的であるため、接続の一方の端にあるアプライアンスでSCPSが有効になっていて、もう一方が有効になっていない場合、再送信のパフォーマンスが低下します。この状態は、「SCPSモードの不一致」アラートも引き起こします。

SCPS対応アプライアンスと非SCPS対応アプライアンスを混在させる必要がある場合は、不一致が発生しないように展開してください。IPベースのサービスクラスルールを使用するか、各パスに一致するアプライアンスが含まれるように展開を調整できます。

SCPSサポート