Citrix SD-WAN WANOP 11.3

ロスレスで透過的なフロー制御

アクセラレーションは、2つのアプライアンス(1つは送信サイトともう1つは受信サイト)、またはCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスとCitrix SD-WAN WANOPプラグインを通過するTCP接続で動作します。上の図は2つのアプライアンスのネットワークを示していますが、どのアプライアンスでも、他のアプライアンスを備えたサイト間の接続を同時に加速できます。これにより、リンクごとに2つではなく、サイトごとに1つのアプライアンスを使用できます。

他のゲートウェイと同様に、Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスはパケットをリンクに計測します。ただし、通常のゲートウェイとは異なり、次のような各リンクセグメントに透過的でロスレスのフロー制御を課します。

  • 送信側と送信側アプライアンス間のLANセグメント

  • 送信アプライアンスと受信アプライアンス間のWANセグメント

  • 受信アプライアンスと受信機の間のLANセグメント

フロー制御は、これら3つのセグメントごとに個別に管理できます。セグメントは部分的に分離されているため、各セグメントの速度を個別に制御できます。これは、接続の速度をその公平な帯域幅シェアまですばやく増減する必要がある場合に重要であり、拡張WANアルゴリズムと圧縮をサポートする手段としても重要です。

TCPプロトコルは、すべてのTCP接続が帯域幅の使用量を継続的に増加させようとするように設計されています。ただし、リンク帯域幅には制限があります。その結果、リンクがオーバーランします。Citrix SD-WAN WANOPフロー制御は、TCP接続を適切な速度でフローし続けます。リンクはいっぱいになりますが、オーバーランすることはないため、キューイングの遅延とパケット損失が最小限に抑えられ、スループットが最大化されます。

通常のTCPでは、実行時間の長い接続(すべての帯域幅を占有する時間があった)は、実行時間の短い接続を絞り出す傾向があります。インタラクティブな応答性を損なうこの問題は、フロー制御では発生しません。

フロー制御は、Citrix SD-WAN WANOPファミリのすべてのアプライアンスの標準機能です。

図1:アクセラレーションはパフォーマンスを透過的に向上させます

ローカライズされた画像

ロスレスで透過的なフロー制御