Citrix SD-WAN WANOP 11.3

トラフィックシェーピングポリシー

すべてのサービスクラス定義は、関連付けられたサービスクラスのトラフィックのパラメータを設定するトラフィックシェーピングポリシーに関連付けられています。特別なニーズのあるサイトのトラフィックシェーピングポリシーを作成および構成できますが、デフォルトのポリシー設定はほとんどのインストールで正常に機能し、次の利点があります。

  • Citrix Virtual Apps and Desktopsなどの対話型トラフィックの応答性が向上。

  • 遅延およびジッターに敏感なVoIPトラフィックの保護。

  • ピーク時に「壁にぶつかる」ことはありません。極端な負荷でも使用可能なパフォーマンスが得られます。

  • バルク転送でインタラクティブタスクから残った帯域幅でリンクを埋めることができるため、帯域幅の使用率が向上します。

  • 均等化キューイングのメリットをすべてのトラフィックに拡張

Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスには、さまざまな優先順位にまたがる工場出荷時のデフォルトのトラフィックシェーピングポリシーが付属しています。これらのポリシーは、[ トラフィックシェーピングポリシー]ページに一覧表示されています。デフォルトポリシーとは別に、他の工場出荷時のデフォルトポリシーは編集または削除できません。その理由は、それらがすべてのアプライアンスで同じ意味を持つようにするためです。変更を加えるには、新しいパラメータを使用して新しいトラフィックシェーピングポリシーを作成し、適切なサービスクラス定義を変更して、新しいトラフィックシェーピングポリシーを参照します。

トラフィックシェーピングポリシーを作成するには:

  1. SD-WAN WANOP管理UIで、[ 構成]>最適化ルール>トラフィックシェーピングポリシー をクリックし、[ 追加]をクリックします。

    ローカライズされた画像

  2. [ トラフィックシェーピングポリシー の作成]ページで、次のパラメータの値を入力します。

    • 名前—新しいポリシーの名前。一意である必要があります。

    • 加重優先度 —既存の優先度値を選択することも、1〜256のカスタム値を選択することもできます。優先度256の接続は、優先度1の接続の256倍の帯域幅シェアを取得します。

    • 音声用に最適化—選択した場合、このポリシーの優先度は事実上無限になります。これは、意味のあるトラフィックシェーピングを妨げ、リンクを満たすのに十分な「音声用に最適化された」トラフィックがある場合に他のトラフィックのデータ不足を引き起こすため、ほとんどのトラフィックにとって非常に望ましくありません。VoIPにのみ使用し、常にポリシーの帯域幅制限(たとえば、リンク速度の50%)と組み合わせて使用します。

      ICA優先順位が設定されている間は、音声最適化を設定できません。

      ローカライズされた画像

    • Diffserv/TOS -出力パケットのDSCPビットを選択した値に設定します。ダウンストリームルーターの制御に使用されます。

    • 帯域幅制限: このポリシーを使用するトラフィックが、リンク速度のパーセンテージまたは絶対値として指定された帯域幅を超えないようにします。同じ定義を異なる速度のリンクに適用できるように、パーセンテージを指定することをお勧めします。この機能により、帯域幅が未使用のままになる可能性があります。たとえば、リンク速度の50%に設定されたポリシーでは、リンクがアイドル状態であっても、影響を受けるトラフィックがリンクの50%を超えて使用することは許可されません。この方法でトラフィックをスロットリングすると最大パフォーマンスと矛盾するため、[音声用に最適化]設定のVoIPトラフィックを除いて、この機能が使用されることはめったにありません。

      帯域幅制限の 構成は、Citrix SD-WAN WANOPエディションにのみ適用されます。Citrix SD-WAN PEエディションの場合、 帯域幅制限 パラメーターはデフォルトで無効になっています。

    • ICA優先度の設定— このポリシーをCitrix Virtual Apps/Virtual Desktopsのトラフィックに使用すると、リアルタイム、インタラクティブ、一括転送、バックグラウンドトラフィックに対するトラフィックの内部優先度は、ここで設定した優先度によって上書きされます。

      ローカライズされた画像

    • ICA diffServ/TOS の設定:ICA(Virtual Apps/Virtual Desktops)トラフィックの場合、4 つの ICA プライオリティ値のそれぞれに異なる DSCP 値でタグを付けることができます。この機能は、Virtual AppsまたはVirtual Desktopsクライアントが異なる優先度レベルで異なる接続を使用する新しいマルチストリーム ICA 機能で特に便利です。

      ローカライズされた画像

  3. [追加] をクリックします。新しく作成されたトラフィックシェーピングポリシーが[トラフィックシェーピングポリシー]リストに表示されます。

    トラフィックシェーピングポリシーをサービスクラスに関連付けることができるようになりました。詳細については、 サービスクラスを参照してください。

トラフィックシェーピングポリシー