Citrix SD-WAN

Citrix SD-WAN 10.2

Citrix SD-WAN Platform Edition

Citrix SD-WANアプライアンスには3つの異なるエディションがあり、アップグレードや構成、監視を容易に行えるため、必要な機能を各場所に展開できます。

  • Citrix SD-WAN Premium(PE) — このエディションには、スタンダードエディションとWAN Optimizationの両方の機能が含まれています。Premium Editionは、WAN仮想化(VWAN)とWAN最適化(WANOP)機能を統合し、ブランチとモバイルのユーザーエクスペリエンスを最適化し、ネットワークの品質に関係なく、完全な耐障害性のあるアプリケーションを実現します。

  • Citrix SD-WAN スタンダードエディション(仮想WAN/SE) — このエディションには、スタンダードエディションの仮想WAN機能のみが含まれています。Standard Editionは、複数のネットワーク・リンクから信頼性の高いネットワークを構築し、各アプリケーションが最高のアプリケーション・パフォーマンスを実現するために最適なパスを確保するために、ソフトウェア・デファインド・WAN機能をサポートしています。

  • Citrix SD-WAN Optimizationエディション(WANOP) — このエディションには、WAN Optimization機能のみが含まれています。アプリケーションの高速化、データ削減、プロトコル制御をサポートし、WAN 全体でアプリケーションを最適化します。WANOPには、トランスポート層セキュリティ(TLS)で保護されたHDXトラフィックを復号化する機能が含まれています。これにより、VDAとCitrix Workspaceアプリ間のエンドツーエンド暗号化の場合でもICAプロトコルを可視化できます。オプションで、ブランチインフラストラクチャを簡素化する仮想 Windows Server と、Windows デバイス用のソフトウェアクライアント (WANOP プラグイン) を含めることができます。

WANOP Editionと Standard/Premium Editionは、異なるソフトウェアを実行する独立したハードウェアプラットフォームです。

データセンターでは、管理者は 1 つのStandard Editionと 1 つの WANOP Editionを展開して、Premium Edition の機能を実現できます。ブランチオフィスでは、管理者はStandard EditionまたはWANOP Editionのいずれかを展開することを選択できます。また、ブランチオフィスに単一の Premium Edition を展開することで、Standard Editionと WANOP Editionの両方のメリットを実現できます。

Citrix SD-WAN プラットフォームエディションを使用するためのライセンスオプションの詳細については、ライセンスを参照してください。

Command Center 寿命終了通知:

CitrixCommand Center ツールのライフサイクル終了プロセスは、2017年5月15日までに開始されました。

WAN Optimization展開用の新しい管理ツールCitrix Application Delivery Managementに移行することをお勧めします。

Command Center の EOL カレンダーおよび関連する詳細については、次の記事を参照してください。

Citrix Command Center ツールは、SD-WAN 9.2アプライアンスソフトウェアリリースまでサポートされます。

SD-WAN 9.3ソフトウェア・リリース以降、Citirxアプリケーション・デリバリー管理はSD-WANアプライアンスの管理ツールです。

Citrix SD-WAN 10.2.7以降のリリースで出荷されているアプライアンスの工場出荷時では、LOMはデフォルトで無効になっています。LOM にアクセスする場合は、LOM パスワードを設定し、CLI 経由で LOM アクセスを有効にすることをお勧めします。

Citrix SD-WAN 10.2

この記事の概要